静岡サーフヒラメ釣行 ウネリ、濁りの状況下でシーバスの釣果

静岡サーフ シーバス

さてさて、今回は少し久々のサーフへ。

ここの所はナマズ釣りなどに出かけることが多く、サーフの釣りには行っていませんでした。

サーフの状況について質問が有ったりするので、午後のゆるりとした時間から静岡サーフの状況を見てみることに。

雨でベイトの寄り具合や微妙な地形変化などがリセットされている可能性が高いので、まずは状況把握からですね!

静岡サーフはウネリ+濁りの広がる展開

適当に道路を走りつつ、海の様子を見ながら釣り場を選びます。

思ったよりもうねりが入っていて、時折ザッパーンという強めの波も立っている・・・。

こうなると波気だちやすい浅い場所は厳しそうなので、水深が深い場所を目指していく事に。

フルキャストすると大体水深10mラインまで届く位の深さのポイントをチョイスし、釣り場へイン。

周囲にはショアジギングらしい方が1名、離れた所にいるだけで超ガラガラ。

この場所も多少のウネリはあるものの、何とか釣りになりそうだ。

浜からやると波でラインが傷になりそうなので、今回はテトラ戦をする事に。

足場の良い場所を探し、ルアーをセットしようと持ったら水洗いから干したまま家にルアーをいくつか忘れた・・・。

とりあえず手持ちを探ると、45ヘッド21gにフラッグたぬきのセットが有ったので今回はコイツで様子見を。

沖にフルキャストし、潮の流れ方を見ます。

潮は右から左に流れており、釣れそうな感じ♪

沖の離れた所には鳥が旋回している姿も見られるし、波打ち際でトビウオも飛んでいるのを発見!

生命感はそれなりにあるし、潮も通っているのでこれなら何かしら釣れるんじゃね?

濁りはそれなりにあるが、多少の透明度は残っているのでヒラメやマゴチも何とか狙えそう。

ボトムギリギリをただ巻きしたり、細かくリフトフォールしたり色んなパターンでアタリを探っていく。



着底ギリギリでアタリが出るが、低活性

時々来るうねりが厄介だが、根気強く丁寧にボトムを叩いてくると着底寸前でテンションが抜けるようなアタリ!

すかさず合わせを入れたが、一瞬魚の重さが乗っただけで痛恨のバラシ(-_-;)

感触的にはヒラメっぽかったんだけどなぁ。

その後もまたすぐに同じようなバイトが出たんだけど、今度はワームが少しずれて帰ってきただけ・・・・。

ヒラメの気配はあるが、どうやら活性は低いらしいな。

ベイト接岸のタイミングで・・・・!!

その後、しばらくノーバイトな時間が過ぎたんだけど、突然イワシが岸寄りを回遊( ̄ー ̄)

ワームをフォールさせるとブルブルという感触があり、ラインやワームにイワシが触れる感触がある。

ここで1本とっておきたいところなので、足元まで集中して探りを入れる。

すると、テトラ際のちょっとサラシが広がった場所でガツッとバイト。

しかし、運悪くフッキングせず・・・・。

ヒラメにしてはレンジが上だったので、チヌかな??

今度はテトラ沿いにワームをキャストし、ボトムから少し上のレンジをテロテロただ巻き。

ちょうどピックアップ寸前の所でガバッと水面を割って派手なバイト。

バシッとアワセを入れると今度はしっかりフッキングに成功する。

ちょっと足場が悪く、うねりも出ている状況なのでここは強引に寄せに入る。

近距離戦だったので魚が大暴れしたが、うねりをやり過ごしてから一気に抜き上げ。

静岡サーフ シーバス

よしよし、狙い通りにシーバスをキャッチです。

濁りとうねりが出ている時は意外とシーバスも釣れるんだよね♪

その後もすぐにチヌっぽいガツガツッというアタリがあったんだけど掛からず。

海の状況も何となくわかったので早々に撤収!

静岡サーフはベイトの気配もあるし、これならちょっと状況が落ち着けばヒラメやマゴチも釣れますね!

使用タックル

ロッド:ダイコー アルテサーノエヴォルティア107/09TZ

リール:シマノ18ステラ4000XG+ゴメクサス パワーハンドル

ライン:バリバス アバニジギング10×10マックスパワーPEX8 1.0号+シーガー グランドマックスFX6号

ルアー:ブルーブルー ジョルティ(ヘッド)22g、バディーワークス フラッグライト

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です