清水港チニング釣行 キビレの回遊あり!

清水港 キビレ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は清水港へチニング釣行へ行ってきました。

相変わらず最近はチニングを中心に、ライトゲームでカマスを釣ったりして遊んでいます。
カマスはちょっとサイズが落ちてきて釣っても微妙な感じなので、チヌ狙いの方が多いかな?

今回は短時間勝負で気難しい清水のチニング。
果たしてどんな結果になったのか?

フリーリグのボトムゲーム

時期的には私が得意とする中層のチニングでキビレや乗っ込みクロダイを狙うことも可能ですが、ボトムゲームの方が新鮮味があって楽しいので、最近のチニングはボトム狙いで遊んでします。

先発はケイテックのクレイジーフラッパー2.8インチ。

チニングには大きいと感じるかもしれませんが、最近のキビレゲームでは大きめのワームが主流らしい。
確かにアタリ自体は小さいワームよりも多く、手っ取り早く探れるのが強みですね。

シンカーは3.5g~10gほどを使っていますが、清水の場合は若干水深が深いので7gでだいたい何とかなります。

駆け上がりを探るとさっそくバイトあり

とりあえず砂底に石が混じるエリアをチョイスし、ランガン気味に探っていきます。
清水はクロダイの割合が多くてキビレが少ないので、あまりルアーを動かしすぎると釣れにくい傾向があるように感じます。

なので基本はズル引きを中心に、時々ボトムを叩いて動きに変化を出して探ります。

穂先でボトムの変化をチェックしつつ、良さそうな駆け上がりを発見。
その周辺は少しスローダウンし、長めにステイを入れたり、小さなロッドアクションでチョコチョコとワームを動かして探ります。

すると釣り開始早々にガツッとバイト。

しかし合わせられる食い方ではなかったので、ちょっと長めにステイを入れて魚を焦らす・・・・。
その後、2回ほどロッドを軽く揺すってあげると再びアタリがあり、ゆっくり巻いて追い食いさせるとロッドに重みが。

合わせを入れるとガツガツという鋭い引き。
キビレっぽい感じで、重さはあまりないですが元気に引きますね。

引きを楽しみつつゆっくりやり取りし、タモで掬ってキャッチ成功。

清水港 キビレ

しっかり追い食いさせて掛けたので、バッチリ良い場所にフッキングできましたね。
サイズもキビレにしてはまずまず、幸先は好調です★

キビレは単発

キビレは群れで行動していることも多く、1匹釣れると何匹か釣れたりするんですが、今回は群れていなかったのかアタリが続きません。

なので一か所で粘らずにどんどん場所を変えてランガンしていくと、やはり駆け上がり付近でアタリが出ました。
しかし、ワームをカツッと弾くようなアタリ方で、追い食いを狙っても再び反応してこない感じ。

活性が高い時は一気に引っ手繰られたり、しつこく何度も追いかけてくるんですが・・・・。

その後モゾモゾとしたチヌではないアタリがあり、カサゴをキャッチしたものの後が続かず。
ちょっとポイントを移動してみることにしました。

河川内のポイントへ移動

その後港内のポイントから河川内に移動してちょっと探りを入れてみることにします。
根掛かりが多いポイントなのが難点ですが、果たして魚はいるのか?

至近距離で強烈バイト!

表層付近にチアユやハクの気配はなく、釣り場は静かな状態です。
シーバス狙いの方もおらず、ここも怪しいポイントを見つけるまではどんどん歩いてランガンします。

以前ハゼを狙っていた時にハードボトムがある浅い場所を見つけていたので、その周辺を中心に狙ってみます。
感触的には泥底の中にカキガラが少し入っているようで、良い感じに浅くなっている。

場所によっては自転車等のよくわからないゴミが沈んでいるので、根掛かりに注意しつつ探ってみる。
沖の流心から探ってもアタリは無く、そろそろピックアップしようかと思った時にガツガツっとアタリ。

穂先がグイーンと持ってかれたんですが、ルアーまでの距離が数メートルほどの距離だったので合わせ切れを恐れて反応が遅れました。
一瞬魚が掛かって手ごたえを感じたものの、掛かりが浅かったのかフックアウト・・・・。

貴重な良いバイトだったので少し残念でしたが、既に1匹釣っていたし、魚が居ることが分かったのでこれにて撤収しました。

静岡中部は関西や浜名湖と比べたら圧倒的に釣れない場所ですが、チニングが成立しないわけではないですね。
クロダイが多いこと、プレッシャーが高いことを考慮し、狙い方を工夫すればそれなりに魚は釣れます。

この感じだと今の清水もキビレがそれなりに居そうなので、チニングで釣るチャンスは十分あるはずです(クロダイよりキビレの方がルアーで釣りやすい)。
焼津の方が若干釣れやすい感じはしますが、清水の方が型は良さそうです。

使用タックル

  • ロッド:ダイワ 月下美人AIRAGSメバリングモデル 78ML-S
  • リール:シマノ 19ヴァンキッシュC2000SHG
  • ライン:サンライン シグロンPEX8 0.5号、シーガー グランドマックスFX2.5号
  • ルアー:ケイテック クレイジーフラッパー2.8インチ+フリリグシンカー7g

おすすめ関連記事

▼清水港の釣り場解説

清水港釣り場紹介、狙えるおすすめターゲットを詳しく解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です