静岡アオリイカ釣行 エギを使い分けて1杯を引き出そう!

さてさて、先日も最近恒例のエギング釣行へ。

夕暮れの直前の少し明るい時間帯に到着したんですが、だいぶ濁りも取れてきていて良さげな雰囲気!

人気のポイントは先行者がちらほらと見えるので、ここは目立ちにくい沖合の駆け上がりのある場所などを中心に打っていくことに。

まだ少し表層の潮が濁り気味のようなので、アピール力の強いパタパタQラトル3.5号のモンスターマスターで釣りを開始。
果たして今回の釣行はどうなったのか?



嬉しい外道でゲームスタート!

まずは沖合いの深い場所へとしっかりエギを送り込み、ボトム周辺をスローにジャーク。大体1秒に1回くらいのアクションを目安に、もっとスローにアクションを与えるパターンも混ぜていく。

潮は流れてはいるものの、横方向に入っていてちょっと釣り難い。

風は向かい風だけど、港の中なので釣りには支障がないレベルだ。

出来るだけラインが横方向に流されないよう注意しつつ、フォール姿勢に入ったエギがぶれない様に気を付けるのが重要。

しっかり3回~4回ほどアクションを与えた後のフォール中、穂先にテンションをちょこんと掛けると重み!!

合わせを入れると重量感は殆どないが、若干のジェット噴射はある。アオリイカにしては重さが無いし、何かな?

1定速度でリールを巻き、足元まで寄せてくると嬉しいゲストが登場♪

アカイカをゲット!

静岡では狙って釣れることはあまり釣れないけど、時々回遊してくる種類のイカだ。アオリイカよりも風味はあっさりしているけど非常に美味。

数投目でササっと幸先よくボウズ逃れに成功し、とりあえず気分的には楽になった。日が暮れてくるとライトゲームを楽しむ方等も増えてきて、常夜灯周辺などは結構な賑わいになって来たぞ。

沖合の駆け上がりを探って本命登場!

その後も沖の水深が深い場所をメインに探っていくが、潮は相変わらず横方向へチョロチョロ流れていく・・・・・。

風が少し強くなってきて厄介になってきたな(-_-;)

キャストする角度を間違えてしまうと、糸フケがどんどん出てしまってエギがコントロールできなくなる感じだ。少しずつキャストするコースをズラし、ベストな投入角度を決めて探っていくしかない。

アカイカキャッチから30分ほどが経過したかな?

ボトムステイ中にラインをチョコンと張ってアタリを聴くと重みが( ̄ー ̄)

若干潮の流れのような感じもしたので少しラインを張って待つと、ススーっとロッドが持って行かれる感触♪

バシッとアワセを入れると、ちょっとマシな重量感とジェット噴射が伝わってくる。完全にアオリイカの引きなので、バラさないようにゆっくり巻いてラストは抜き上げ。

サイズはまずまず、250gちょっと欠けるくらいかな?

昨年の静岡の秋のアオリイカよりも今シーズンは1周り大きい感じがするね!!

少し濁りが入っていたり、エギの存在感を出したいときはラトル入りのエギはやっぱり効く感じがする。

カラーは好みもあるけど、赤や紫系のカラーはシルエットがしっかり出てナイトエギングでは鉄板。今回はちょっと濁りが有って真っ暗な場所を探っているから、こういう時はまず強めのカラーで入ることが多い。

水が澄んでいたり、常夜灯周辺を攻めるのであればクリア系のカラーやゴールド系のテープなんかも良いね♪



エギをチェンジし、狙って釣る!

その後しばらくエギをシャクリ続けたんだけどアオリイカの反応は無く、ちょっとダレてきた感じだ。

時間的にはまだ夕マズメからの続きのワンチャンスがありそうな予感がするんだけどなぁ。

常夜灯から少し離れた暗い場所で釣りを続けたんだけど、まだ潮は通っているからアオリイカが釣れてもおかしくはない。

ここで考え方を変え、エギに集まってきているイカが周囲にいるけど乗ってこないパターンを想定してみることに。

どちらかというと晩秋~冬にこのパターンが多く発生するんだけど、

アオリイカがエギに反応はしているんだけどエギのアピール力が強かったり、カラーが強すぎて嫌がる場合がある。

ここまではラトルの入った強めのカラーのエギで釣りを続けていたので、ラトルの入っていないダートマスター3.5号にチェンジ。

下地も強めの赤系から若干弱めのゴールドへと変えて反応を見る。

早速エギを沖へキャストし、ボトムステイも20~30カウント程確保して丁寧に探ってみる。アオリイカが既に集まってきているのであれば、こういう感じでのエギチェンジで乗ってくることも多い。

沖合いから丁寧に探り続けるが反応は無く、そのまま足元付近までエギが寄ってきた。

そろそろ投げ返そうかな~と思いつつ、ラストのフォール中にラインを張ると違和感( ̄ー ̄)

バシッとアワセを入れると、まずまずなジェット噴射が伝わってきた!今シーズンではここまでで一番良さそうな重量感がある。

ジェット噴射が終わったところで、後は丁寧に巻いてキャッチするだけ。無事足元まで寄せてみると、この時期にしてはまずまずの良型の姿。

400gクラスのアオリイカをキャッチ!

狙い通りのエギローテーションで1投目に釣れたので、これはいつも以上に嬉しいやつだ。

アオリイカはエギを抱いては来ないけど、付近に集まってきているパターンが存在するからちょっと覚えておくと役立つことがある。

こういう時は少しエギのアピール力を落とし、ナチュラルさを出してあげると乗ってくることが多いかな!

とりあえず2杯のアオリと1杯のアカイカをキャッチすることに成功したので、気分よくこれにて撤収!

使用タックル

ロッド:ダイワ エメラルダスストイストAGS 88LM-S

リール:ダイワ 18イグジスト LT3000S-CXH

ライン:ユニチカ  キャスラインスーパーエギングPEⅢx8 0.6号 + シーガーグランドマックスFX2号

エギ:デュエル EZ-Qダートマスター3.5号、パタパタQラトル3.5号

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です