【最強の集魚力】ラパラ ウルトラライトポッパーを徹底インプレ!

ウルトラライトポッパー インプレ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はラパラから発売されているウルトラライトポッパーの使用感や使い方を詳しくインプレ。

ウルトラライトポッパーはメッキ釣りやデイゲームのセイゴ狙い・ライトなチヌトップゲームなどで使っています。

何となく買ってみたルアーなんですが、使ってみたところラパラらしいシンプルで使いやすく、何と言っても小粒なポッパーとしては最強クラスのアピール力を誇ります。

見た目的には可愛いルアーですが、最新の国産ポッパーにも全く劣らないパワーを秘めていますね。

忖度なしにインプレしていくので、ルアー選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

私の経験・実績としては

  • 釣りのために仕事を辞めて移住
  • 現在は魚釣りで生計を立てています
  • 年間釣行数300以上(現在はほぼ365日釣行)
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • メーカーの商品開発時に私のタックルインプレッションを活用

こんな感じでほぼ毎日釣行を重ねて釣りを中心に生活していて、実釣実績も残しています。

釣果実績については釣行記やTwitterを見てもらえれば、ほぼ毎日様々な魚を釣っていることが分かると思います(一番更新頻度が高いのはTwitter)。

ウルトラライトポッパーのスペック・ラインナップ

  • 全長:40mm
  • 重量:3g
  • フック:#10

ウルトラライトポッパーは4cmクラスの小粒なポッパー。

20cm前後のバスやメッキなどを狙ったり、ライトなチヌトップゲームなどに使いやすいサイズ感。

しかし、一旦アクションを与えると1サイズ・2サイズ大きいポッパーにも引けを取らないアピール力を発揮しますよ!

ウルトラライトポッパーを「サクッと」インプレ!

ウルトラライトポッパー メッキ 釣果

ウルトラライトポッパーを詳しくインプレする前に、私なりの使用感をざっくりとまとめておきます。

  • 飛距離:小粒な割にはかなり良く飛ぶ!
  • 浮き姿勢:斜め浮き
  • アクション:4cmクラスとは思えない中~低音が大音量で出せる!
  • 使い方:ワンテンポのポッピング・ダイビングがメイン
  • 適したシチュエーションなど:ルアーのサイズは落としなくないが、高いアピール力で魚を引っ張り上げたい・効率よく探したい時に効果大

ウルトラライトポッパーは日本製の繊細さを重視したルアーとは異なった味付け。

テンポよく魚を探したい時に使うポッパーとしてかなり使いやすく、コンパクトなサイズとは裏腹にかなり強い集魚力を誇りますよ!

飛距離

ウルトラライトポッパーは4cm・3gという小さなルアーです。
一見すると投げにくそうに思えるかもしれません。

しかし、実際にキャストしてみると後方寄りの重心設計+ボディ後部の細長い形状によって、思った以上に遠投が効きます。

ウルトラライトポッパー 形状

実際に私がPEライン0.4号を巻いたライトゲームタックルでキャストすると、だいたい30m~30m台前半ほど。

遠投性能としてはワンサイズ重たい4g~5g前後のポッパーと大差ない位で、少し遠投が必要な場面であっても全く問題なく使えますよ!

ビーチや小磯などをテンポよく探りたい時にも使いやすいコンパクトポッパーですね。

まるなか

3gのポッパーだけど、多少向かい風が吹いていてもしっかり飛ばすことができて使いやすいよ!

浮き姿勢

ウルトラライトポッパー浮き姿勢はこんな感じ。

ウルトラライトポッパー 浮き姿勢

垂直浮きではなく、斜め浮きの姿勢ですね。

浮力にはそこそこ余裕があるにもかかわらずよく飛んで使いやすく、実釣に必要な基本性能が備わったラパラらしいルアー。

アクション・動きの質

ウルトラライトポッパーは何となく購入したというのが正直なところですが、アクションさせてみたところ「これは良いな!」とすぐに思えたルアーです。

中~低音寄りの大音量サウンド

ウルトラライトポッパーは4cmというサイズ感にも関わらず、音質は中~低音寄り。

  • かなり軽めにアクション:「ポコン」「トポン」というような甘いサウンド
  • 少し強めにアクション:「ドポン」「ボコッ」というようなかなり響く低音寄りのサウンド

アクションの強弱によって音質は使い分けが可能。

このサイズ感で強い重低音を響かせるポッパーは中々ないと思います。

この音による大きなアピール力により、少し風が吹いている状況下や波気立っている時でも魚をしっかり引き付けて水面を割らせることができるんですね。

捕食音に近い音を発することで、魚の活性を一時的に上げる効果も期待できます。

見た目的にはシンプルなデザインのポッパーですが、中々やってくれますよ!

ウルトラライトポッパー メッキ 釣果

重低音のポッピングでアピールすると、メッキの群れが興奮して一気に活性上昇。
良型がダブルヒットしました。

音量のあるラトル入り

ポッピングサウンドによるアピール力も高いウルトラライトポッパーですが、ボディにはラトルを装備。

ラトルの音もかなり大きめで、アクションを与えた時に「カラカラッ」という音でアピール力してくれます。

魚を引き付ける能力に重点を置いて作られたポッパーですね!

飛沫・泡はやや大きめ

ポッピングサウンドとともに飛沫も発生させるわけですが、細かい飛沫を高く上げるのではなく大きめの泡を発生させるポッパーですね。

操作感はサイズの割にはやや大きめで、穂先にルアーの重さを感じながら動かしやすいです。

まるなか

サイズは小さいけど、その存在感は最強クラス!
強いアピール力で魚を誘いだし、コンパクトなシルエットで食わせることが可能だね

ウルトラライトポッパーの使い方

ワンテンポのポッピング

ウルトラライトポッパーの使い方ですが、基本にしているのがワンテンポのポッピング&ショートポーズの繰り返しですね。

先ほど紹介したように、アクションの強弱で音質・音量を調整できるので、小場所狙いやベタ凪の時は少し弱めに。
風が吹いていて水面がザバザバしているような時は、しっかり動かして重低音でアピールさせることが多いです。

レスポンスは良く、リーリングの緩急にプラスして穂先を軽く動かせば簡単に動かせます。

ダイビング

ウルトラライトポッパーのアクションはポッピングだけでなく、ダイビングアクションも非常に優秀なんですね。

一般的な小粒なポッパーよりも一枚下のレンジに素早く入り込み、やや大きめのウォブリングで誘えます。

ウルトラライトポッパー カップ

だいたい10~15cmくらい潜る感じで、突き出した下あごがダイビングアクションの良さに貢献していると思われます。

ダイビングは魚が水面を割って出てこない時や、素早いアクションに魚の反応が良い状況下で使うと効果的です。

小粒なポッパーとしては、ここまで安定したダイビングアクションを発生させるものはなかなか無いですよ~!

まるなか

シャロークランクのように水面直下に潜って誘いを掛けることもできるよ!

気になる点

ウルトラライトポッパーはかなり使いやすくてハイアピールなポッパーで気に入っていますが、横風・横への流れに対する弱さが欠点ですね。

ダイビングしやすいことが影響してか、ラインが横方向に引っ張られるとルアーが潜りやすく、ポッピングサウンドが上手く出せなくなることがあります。

ラインテンションを緩めた状態を作ることである程度対応はできますが、悪条件下での安定した使用感という点では少し低めですね。

横方向にルアーが流されやすい時は、水絡みが安定しているベビーポップXなどにローテーションすることが多いです。

適したシチュエーションなど

ウルトラライトポッパーはもともと淡水用に作られたルアーかな?

野池のバス釣りなどにも使いやすいサイズ感ですし、海のライトゲームにもピッタリですね。

ウルトラライトポッパー チヌ 釣果

私の場合はメッキゲームやデイゲームのセイゴ・大きいルアーを投げると逃げてしまうチヌ狙い等で活躍しています。

その他、磯やゴロタ場などの中~大規模なフィールドでのメバリングなどにも活躍すると思いますね。
漁港内などのピンスポットに居着くスレた魚をネチネチ狙うより、ある程度広範囲から魚を見つけ出したい時におすすめです。

積極的にルアーを気付かせて引っ張り出したい時に効果的。

まとめ!

ウルトラライトポッパー メッキ

今回はラパラのウルトラライトポッパーをインプレしました。

  • 4cm・3gという重量ながら想像以上に遠投できる
  • 小型ポッパーとしては最強クラスの集魚力!
  • ポッピング以外にもダイビングアクションもかなり優秀
  • 強いアピール力で魚を広範囲から引き付けたい状況下におすすめ

要点をまとめるとこんな感じですね。

ラパラらしい基本に忠実でシンプルに・分かりやすいポッパーです。

これまでかなり実績を上げているルアーなので、ハイアピールで小さいポッパーを探している方は使ってみてください。

おすすめ関連記事

【実釣比較】メッキ用おすすめポッパーと選び方解説!

メッキ ポッパー 釣果 【実釣比較】メッキ釣りにおすすめなポッパー・選び方を徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です