静岡夏のテナガエビ釣行 程よい増水で高活性モード!

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は川遊びへ行ってきました。

夏の楽しい釣りの1つがテナガエビ釣りですね!

お手軽に遊べるんですが、アタリが出てからの駆け引きが非常に面白いんですよね★
油で揚げれば美味しく食べることもできるので、夏のおすすめな釣りの1つです。

ここの所雨が降る日もあり、水量が気になるところです。
果たして今回はどんな釣行になったのか?

7月はテナガエビのハイシーズン!

とりあえず川の様子を見つつ車を走らせ、良さそうな感じのポイントへ入りました。

増水で高活性!

雨の影響で若干水量が多く、濁りも少しあります。
しかし、見た感じはちょうどいい位の増水なのでちょっと期待できそうかな?

とりあえず川岸まで歩いていくと・・・・・

テナガエビ

真昼間だというのに、エビがあちこち見えます(笑)
これはかなり活性が上がっている様子ですね。

早速準備を済ませて釣りを開始します。

仕掛けは市販のシモリ浮き仕掛け、餌は赤イソメ。

石の影や暗くなっている場所に餌を落としてしばらく待つと、フワフワっとシモリがブレるようなアタリあり★

ここですぐに合わせてしまうと掛からないので、楽しい駆け引きが始まります。
テナガエビはかなり獰猛なエビなので、活性が高い時や大型の個体は割と簡単に針掛かりします。

しかし、活性が低かったり、餌を食うのが遅い小型の個体を釣るとなると、駆け引きがかなり重要になるんですよね。

シモリの動きを見つつ、タイミングを見て竿を立てると・・・

テナガエビ 釣果

幸先良く1匹目をキャッチしました。
型もまずまず、これくらいになると引きも楽しめます。

今日はかなり高活性らしく、その後もアタリはずっと続きます。

テナガエビ 釣果

エビの密度が高いところに餌を落とすと、餌をめぐる戦いが勃発してしまう始末(笑)
そうなるとシモリが全く落ち着かず、激しく動き回ってしまって釣りになりません。

そんなこんなでテナガエビを釣り続け、メスはリリースしつつ、すぐにこんな感じに。

テナガエビ

友人が食べたいというのでキープしますが、大きいのは要らないとのこと。
ですので、やや小ぶりなオスのみをキープし、それ以外は撮影後にリリースしました。

1時間ちょっとくらいテナガエビを釣り、十分釣れたところで狙いを変更します。

途中、浅い場所を歩くテナガエビを見つけたので、カメラを回しつつ先回りして餌を落としてみました・・・・

餌を食わせるまでは完璧な流れだったんですが、エビが大きかったので合わせを早めにしたら失態しましたね(笑)
テナガエビ釣りはこんな感じで、非常に面白いですよ~。

障害物の中を攻めると・・・・

少し狙いを変え、エビを狙っていた場所よりも若干流れが当たる面を攻めてみます。

運が良ければアイツが釣れるはず・・・・・。

時々プルプルとアタリが出ますが、犯人はチチブでした。

しばらくエビとチチブのアタリばかりでしたが、岩の隙間に餌を落とすとガツッっとひったくられるアタリ。
すかさず竿を立てて合わせを入れると、ガツガツという強い引き。

ラインが切れないように注意しつつ、隙間に入られないようにやり取り。

カワアナゴ

狙っていたのはこいつですね。カワアナゴという魚です。

黒っぽくてかわいい魚ですが、かなり引きが強くて油断しているとラインを切られます。

生息数はやや少ない魚ですが、場所によってはこんな風に、ある程度狙って釣ることができます。
ちなみに夜釣りで狙えば、ルアーでも釣ることができると思います。

癒しのハヤ釣り

裏ターゲットだったカワアナゴもキャッチしたところで、ちょっと流れが速い場所で仕掛けを流して釣ってみます。

竿が短いので釣りにくいですが、フワフワとイソメを流すとすぐに反応アリ。
しかし、なかなか針掛かりしないので意外と難しいです。

自然に流したり、時々わざとドラッグを掛けて餌を動かすとアタリが増えます。

しばらく釣りを続けると・・・・

オイカワ

オイカワが釣れました★

子供の頃はのべ竿+餌にご飯粒を使い、ハヤを釣って遊んでいたのを思い出しますね。
最近はこういう癒しの釣りをやっていませんでしたが、やっぱりめちゃ楽しいです。

簡単なように見えますが、しっかり狙ってみると流し方や誘いを意識しないとアタリが減ったり。

オイカワ

一回少し大きめのボラの幼魚が掛かり、何とかしてあげようと思ったんですが、ラインを切られてしまいました。

ハヤ釣りやフナ釣り・タナゴ釣りなどはやり込もうとすると沼にハマるので、ほどほどにしないと出られなくなる危険性がありますね(笑)

雑魚釣りはかなり奥深く、マニアックな世界が広がっています。
自分の性格的に、足を踏み入れすぎると底なし沼に落ちやすいので。

カワムツ

今回は昼からの短時間釣行でしたが、本命のテナガエビをはじめ、チチブやカワアナゴ・オイカワ・カワムツなどに遊んでもらえてよかったです。
今度はもう少し長めの竿を使い、ハヤやフナメインで狙ってみようと思います。

最近は簡単でシンプルなルアー釣りばかりになっていましたが、こういう釣りも非常に楽しいですね。
ハマりすぎないよう注意しつつ、夏は川遊びもやっていきます。

おすすめ関連記事!

▼【テナガエビ釣り初心者講座】必要な基礎知識をまるっと解説!

テナガエビ釣り 道具選び~釣り方を基礎から徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です