7月の石津浜でスーパーライトショアジギング釣行 ワカナゴ+五目釣り!

石津浜 ワカナゴ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、先日は焼津の石津浜方面へショアジギングへ。

 

ゴールデンタイムは人が多そうなのであえて避け、ちょっと空いていそうな時間に短時間釣行です。

狙いは状況によって底物を狙ったり、青物を狙ったりとノープランな感じで。

個人的にはそろそろ始まってほしいカンパチが釣りたいところですが、果たしてどんな釣行に?

 

▼【関連記事】石津浜の釣り場を紹介!

石津浜周辺の釣り場・ポイントを写真で紹介!

2018年1月7日

横風強めな石津浜

とりあえず若干水深が浅めなポイントをチョイスし、表層~ボトムまでまんべんなく探っていきます。

少し横風が強くて釣りにくい感じなので、リアバラランスのジグを先発に選ぶ。

 

チョイスしたのは、ちょっとひさしぶりに登場のビッグバッカージグの20g。

このジグはリア重心で、キビキビとした誘いが得意なアイテム。

イレギュラーな平打ちは結構アピール力が高めなので、テンポよく探りを入れたい時に使いやすいかな。

中層を探ってワカナゴをキャッチ

潮はチョロチョロ通っているが、ベストな状態よりは遅めな雰囲気。

まずはボトム周辺を叩いてハタやマゴチを狙ってみますが、フグっぽい小さなアタリがあるだけで続かず・・・。

 

底物の気配はあまりない感じがしたので、メインを表層~中層にシフト。

ビッグバッカージグのイレギュラーな動きを引き出すため、普段よりも少しジャークを強く調整しつつ、時々フォールを入れて探っていく。

ランガン気味に少しづつ移動しながら打っていくと、しばらくしてゴツゴツっとバイト!

 

合わせを入れると軽快な引きで、横に走るので青物っぽい。

石津浜 ワカナゴ

キャッチしたのはワカナゴ。サイズは30cm足りないくらいの今年のアベレージサイズだ。

とりあえずボウズ逃れに成功したので一安心しつつ、リリースして次を狙う。

小サバ・カマスが回遊

しばらくすると小サバとカマスの群れが回遊してきた。

ジグをキャストするとすぐにブルブルっとアタリが出るが、どちらも20cm前後のかわいいサイズ。

 

15分くらい群れがいてアタリが続いたが、しばらくすると無反応になってしまった。



根回りにポイントを移動し、五目ジギング!

しばらく反応がなくなったので、ここでポイントを移動。

比較的カンパチの実績がある場所なので、ボトム周辺を緩急をつけたジャークで狙ってみる。

メインはスロー気味の誘いで、時々速めのピッチで変化を出していく。

投次郎に連続バイト!

風向きが変わって釣りやすくなったので、ここでジグをチェンジ。

選んだのはコンパクトサイズのスロー系ジグ、オーナーの投次郎20g。

このジグはスローな誘いをメインに、ハイピッチの小刻みな誘いや巻きでの追従性もまずまず高く、色んな使い方ができる。

ボトムを叩きすぎると根掛かりする場所なので、うまく距離をとりつつ探っていく。

相変わらず底潮はぼちぼち通っているので、何かしら釣れそうな感じはするが・・・。

 

20分くらいアタリが無い時間が続いたが、丁寧に釣りを続けるとフォール中に鋭いバイト。

合わせを入れると首振りしつつ結構引く。

 

狙いのカンパチ(ショゴ)かと思ったが、微妙に違う感じ。

何かなぁと思いつつ丁寧に寄せてくると、上がってきたのは銀色の魚。

石津浜 メアジ

キャッチしたのは30cmそこそこのアジ(メアジ)。

コンパクトサイズのジグを使うと色んな魚が釣れるので面白いね!

 

次を狙ってみたものの全くアタリはなく、そううまくはいかないようだ。

ボトムからの巻き上げで小型のマダイ

その後もメインはボトム周辺、根掛からないように駆け上がりの斜面に沿ってジグを巻き上げてくると、ゴツゴツっというバイトが。

 

ワンテンポ置いてから合わせを入れると、クイックに引き込む楽しいファイト。

今度こそショゴかと思ったが、スピード感に少し欠ける感じがするぞ。

石津浜 マダイ

上げってきたのは30cm弱くらいの可愛いマダイ。

アシストがガッツリ掛かっており、外すのが少し大変だった。

 

その後投次郎で小サバを1匹追加したところで、今回の釣行は終了することに。

夏の石津浜のショアジギングはこれからが本格化か

石津浜のショアジギングはこれからが面白くなってくる時期で、タチウオや良型のショゴの回遊が始まるとベストシーズンになる。

 

だいたい青物は10月位までがベストで、その後はアオリイカやタチウオ、探り方によってはヒラメやマゴチが狙える。

今シーズンは少し青物の型が小さい気がするが、低気圧が接近したりすると急にサイズが変わったりするから侮れない。

 

場所の混雑具合や波の立ち方にもよるが、スーパーライトショアジギングで狙うと小型の魚でも楽しく釣ることができるのでおすすめだ。

 

使用タックル

  • ロッド:ゼスタ ランウェイSLS S94スーパーロングシューター
  • リール:ダイワ 19セルテート LT3000S-CXH
  • ライン:ダイワ UVFエメラルダスデュラセンサー8ブレイド 0.8号 + シーガーグランドマックス3号
  • ルアー:オーナー、投次郎20g、ジャッカル ビッグバッカージグ20gなど

おすすめ関連記事!

▼石津浜の釣り場を紹介!

石津浜周辺の釣り場・ポイントを写真で紹介!

2018年1月7日

▼まずはここから!スーパーライトショアジギング入門・基礎知識まとめ

スーパーライトショアジギング ロッド

【実釣主義】スーパーライトショアジギング入門 タックル選び・基礎知識まとめ

2019年11月9日

▼スーパーライトショアジギングのメタルジグ選び

スーパーライトショアジギング メタルジグ おすすめ

【全て実釣セレクト】スーパーライトショアジギング用メタルジグの選び方・おすすめアイテムはコレ!

2019年10月2日

▼スーパーライトショアジギングで釣れる魚

スーパーライトショアジギング ギア比

スーパーライトショアジギングで釣れる魚・狙い分けのコツを解説!【徹底実釣主義】

2019年10月8日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です