西伊豆エギング・スーパーライトショアジギング釣行 秋の気配を感じつつ・・・

西伊豆 エギング

さてさて、今回は平日休みを使って西伊豆方面へ。

伊豆に釣行するのはかなり久しぶりなので超楽しみなんですが、今回は9月上旬ということで「秋のアオリイカエギング・スーパーライトショアジギング」をメインに適当に釣っていく事に。

以前ツーリングがてらパックロッドを持って伊豆半島を一周まわったりしたのはいい思い出・・・・・。

果たして今回の西伊豆探検はどんな結果に・・・??



9月の西伊豆は秋のアオリイカエギングの気配

とりあえずアオリイカエギングで実績のあるポイントへ、朝一は入ってみる。

まずはダートマスター3号で様子を見て行くが、ちょっと潮は緩めかなぁ。

ちょうど明るくなり始めるタイミングだったんだけど、周囲に釣り人は誰もいない貸し切り状態。やっぱり人が多い静岡と違い、夏休みを終えた伊豆はのんびりしていて最高である。

徐々に明るくなってくると、エギの後ろに追尾してくるアオリイカの群れを発見!

意外と警戒心があるらしく、簡単には乗ってこないのでボトムステイを長めに取ってからやさしくジャーク。

すると、群れの中の1杯がエギにアタックしてヒット。

釣れたのは100gちょい程の新子サイズ。食べるには小さいし、ダメージを与えたくないのでそのままサッとリリースです。

新子の群れは多数発見

手前に浮いている群れは小さいと判断し、ちょっと沖合いの船道付近のボトムを丁寧に探るが、やっぱり釣れてくるのはまだ小さいイカばかり。

ポイントによってはアオリイカが岸際に群れていて、かなりの数を確認できた。

アオリイカ 群れ

この黒く見えるのがアオリイカの新子。食べるには小さいし、釣るのもまだかわいそうなサイズが多いので深追いはせずそっとしておいた。

今回は色んな釣り場の状況を見て回るのが最優先なので、ランガン気味にテンポを上げて釣っていきます。

メッキの群れも多数!

しばらくエギングをメインにやってみたが、アオリイカのサイズが伸びないので数杯キャッチしたところでやめ。

ここからは15gのメタルジグを使い、スーパーライトショアジギングで小型の青物やハタなどをメインに狙ってみる。

シャローエリアが広がる港に移動し、ジグをチョンチョン動かしてくるとどこからともなくメッキの群れが猛チェイス!!

しかし、15gのジグでは大きすぎて全く掛からない(-_-;)

とりあえず手持ちの中では最も小さい、8gのジグヘッドにハネエビをセットしてマイクロワインドにスイッチ。

ワームにチェンジし、釣りを再開すると・・・・・

シラスの群れが港全体に接岸し、そこらじゅうでボイル発生!!!!

沖合いでは激しいスプラッシュが起きており、良いサイズの青物の姿も確認!

急にお祭り騒ぎが始まり、何としてもこのタイミングで魚をキャッチしておきたいところ( ̄ー ̄)

水面直下をハネエビでダートさせてくると、メッキがガンガン当たってくるんだけどやはりワームが1周り大きくて掛からん・・・。

ワンキャスト中にバイトは何度もあるが、時々皮一枚でフッキングしてもバラシの連続である。アジ・メバル用のワームかミノーが有れば入れ食いなんだろうけど、持って来なかったことが悔やまれる。

とりあえずまだチャンスは続いているので、諦めずにワインドをやっているとようやくヒット!!

しかし、メッキよりも重たいし走らない引き。

上がってきたのは1m級のダツ。伊豆の定番の外道ですな。

写真は撮らずにリリースし、本命を狙っていきます。

徐々にフィーバータイムは収まりかけてきたが、それでも単発でボイルが発生している。シャローエリアの根が絡む場所を目がけてフルキャストし、ちょっと沈めてから探っていくとガツンとバイト!!

良いアタリが出たのでバシッとアワセを入れると、ドラグがジージー出る。「メッキってこんなに引くっけ?」と思いつつ、ドラグを締めてグリグリ寄せる。

しかし、明らかに見えていたメッキよりも大き目な平べったい魚が見える。あれ、君は・・・?

ショゴ

30cmちょい程のカンパチ(ショゴ)でした。こりゃあどうりで引くわけだ。

持ち帰るつもりはないので、近くで釣りをやっていたフカセ釣りの方にショゴはプレゼントした。

メッキの魚影は超濃い!

その後フィーバータイムは終了してしまったものの、メッキの魚影は非常に濃いらしくワームにバイトは多数。

しかし、相変わらずワームのサイズが微妙に大きいので全く掛からない・・・・。アタリ自体は何度あった事か。

2019年は各地でメッキが釣れていますが、西伊豆もかなり期待できそうですね( ̄ー ̄)

ランガンしつつ、ハタ狙い

その後はポイントの様子をあちこち見ながらランガンを繰り返したが、小型のアオリイカとメッキはあちこちにいました。

アオリイカに関しては泳がせ釣りの方が500gクラスをキャッチしてましたが、まだキープサイズは単発で拾えるかどうかといった感じ。これから10月位になってきたら面白くなってくるのか?

一方、スーパーライトショアジギングでは静岡でも定番の小型のハタが沢山釣れた。

西伊豆 ハタ

地磯を狙えば良型の反応も出そうだが、今回は足場が良い港を狙ったので小型が多いね。

オオモンハタが一番多く、次にアオハタといった具合。出来ればマハタやアカハタを釣りたかったけど、次以降に持ち越しかな~。

とりあえず西伊豆釣行前半戦はこんな感じで、新子のアオリイカとカンパチが目立った釣果に。

そして気になる後半戦、私の長い釣りの歴史の中でも最大級の事件が発生!!!!!

次回に続く。

おすすめ関連記事!

▼まずはここから!スーパーライトショアジギング入門・基礎知識まとめ

スーパーライトショアジギング 入門

【実釣主義】スーパーライトショアジギング入門 タックル選び・基礎知識まとめ

2019年11月9日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です