10月6日更新分 ストレートワームでアカハタ入れ食い!

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は地磯へロックフィッシュゲームへ。

そろそろハタゲームはシーズン終了が近づいてきているので、今のうちにあの引きを味わっておかないと・・・。

新天地に越してきてから、最初は大型のハタを釣るのに苦戦していましたが、コツを掴んでからは無双モードに突入でしたね!

今となっては、釣行すれば毎回のように1kg前後・40オーバーのハタは釣れるようになりました。

毎日険しい磯開拓を行い、パターンや釣れるピンポイントの選び方などをひたすら調査し続けて来た成果が出てますね★

果たして今回はどんな釣行になったのか?

潮どまりまではシャッドテールワームで魚を引っ張る釣り

今回は朝マズメが終了するくらいの時間帯から釣り開始ですね。

潮周りとしては、1時間後くらいに満潮の潮どまりが到来する感じです。

釣り場に到着すると、程よい風があって雰囲気は良い感じ。

こういう時は、シャッドテールワームを使ってテンポよく釣れる魚を探していくのが得策。

先発はデスアダーシャッド4インチをチョイス。

テールアクションはそこまで強くないシャッドテールワームですね。

微妙に根掛かりするスポットがあるので、オフセットフック+28gシンカーを使ったビフテキリグで。

ボトムまで沈めたらスローにハンドル7回~15回転くらい巻き上げ、フォールを繰り返します。

このポイントは沖の地形もだいたい把握済みなので、狙うのは沖にちょっとした根があるスポット。

基本的には砂泥底の場所が広がっているんですが、こういう場所こそ沖目の変化は見逃せません。

釣り開始1投目、さっそく巻き上げ中に「ズン」というアタリがあって幸先良すぎるヒット。

アカハタ デスアダーシャッド 釣果

やややせ気味のアカハタでした。
34~35cmくらいと、大きくも無ければ小さくも無いサイズ。

このポイントは日によって釣れるサイズがバラバラなので、今日はどうかな?

とりあえず狙い通りのスポットを通して1投目でボウズ逃れに成功したので、狙いとしては間違って居ないようです。

その後も数投すればハタが釣れる状態が続いたんですが、サイズは30後半までと、ちょっと納得できない感じ(-_-;)

ワームをハイアピールなバルトに変えたりしても状況は変わらず、潮どまりになってしまいました。

ストレートワームでスレたハタが食いだす・・・

潮どまりになると底潮がスカスカになってしまい、さっきまでの連発モードは何だったのかというくらいアタリが無くなりました(-_-;)

魚自体は絶対に居るはずですが、活性が落ちてルアーを追わなくなったんでしょうな。

シャッドテールワームだとこういう状況では釣りにくいので、ここでワームチェンジ。

選んだのは、エコギアのワームとしてはマイナーなミノー。

グラスミノーとは別のストレートワームで、今回は一番大きいLサイズ・5-1/2インチを使います。

このワームの小さいモデルは、以前私が港湾タチウオをやり込んだ時、何千匹ものタチウオを釣り上げた実績があるんですよね。

この大きいモデルは最近ハタゲームに投入して反応を見てきたんですが、これがまた良い仕事をしてくれているわけで。

かなり細身でテールが微妙に揺れるアクションで誘いを掛けることができ、低活性な魚に警戒心を与えないんですよね。

リグはビフテキリグのまま、沖にフルキャストしてシンプルなただ巻きと最小限のリフトフォールで誘います。

シャッドテールワームで全くアタリが無くなっていて状況下でしたが、ワームを変えると数投目で早速バイト。

合わせを入れると中々良い感じの重量感です。

この磯はそれほどキャッチの難易度は高くないので、余力を持ってやり取りできます。

アカハタ ミノーL

良型アカハタが釣れました!
良い口ですね~。

やはりシンプルな動かないストレート系のワームは強いですな。

操作感がほとんどないので、初心者の方には使いにくいワームの代表格でしょうけど、使い方を覚えるとめっちゃ強いです。

ここからは再び連発モードに突入し、30cm前後の小型~40中盤までのハタがポンポン釣れました。

アカハタ 釣果
オオモンハタ 釣果

沖の根が少ない場所を攻めると、アカハタに混じってオオモンハタも釣れます。

オオモンハタはサイズが伸びず、30cmそこそこまでしか釣れませんでした。

開けた場所ではジグヘッドリグを使ったり、ワームをローテーションしたり。

アカハタ 釣果

このモードに突入してしまうと、もう止まりません(笑)

ミドルアッパー 釣果

エコギアミノーL(5-1/2インチ)以外にダイワのミドルアッパー4.2インチなども使いながら、シーズン終盤のハタのアタリ・引きを堪能★

結局3時間ほどの釣行でしたが、大小合わせて25本くらいは釣れたかなと。

1kg以上の個体は4~5本くらいと、大型専門に狙っている時と比べるとサイズは小さめがやや多くなりました。
数的には文句なしですが。

結局今回の釣行はこんな感じで、潮どまりからのストレートワームパターンが炸裂しましたね。

ハタは釣れる時は何を使っても釣れますが、状況が悪くなってくると、特に大型の個体はルアーを結構選びます。

そんな時はアピール重視のワームではなく、シンプルなストレート・ピンテールワームを使うのもかなりおすすめですね。

慣れてくれば、大半の状況はむしろストレートワームだけでもカバーできるようになってきますよ!

使用タックル

  • ロッド:ジャンプライズ ツーリミットモンスターバトル105
  • リール:シマノ 22ステラ4000XG
  • ライン:メジャークラフト 弾丸ブレイドX X8 2号+サンライン Vハードプラズマ 10号
  • ルアー:プロズワン デスアダーシャッド、エコギア ミノー5-1/2インチ、ダイワ ミドルアッパー4.1インチなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です