渓流ルアー用リールのギア比選び。ハイギアとローギアはどちらが良いのか?【基礎から解説】

渓流ルアー リール ギア比 ハイギア

こんにちは、まるなかです。

さてさて、今回は渓流ルアーに使うリール選びについて。

 

「渓流ルアーに使うリールのギア比選びについて基礎から詳しく知りたい」

という質問があったので、この機会に私なりの考え方を基礎から詳しく解説。

渓流ルアー釣りはラインのコントロールが非常に重要になり、それを大きく左右するのがリールのギア比。

 

リールのギア比によってルアーアクションの質なども変わってくるので、しっかりと考え方を知って間違いのない・使いやすいリールセレクトに役立ててもらいたい。



渓流ルアーに使うリールのギア比はハイギア・ローギアのどちらが良い?

まずはリールのギア比選びについて、基礎となる知識から順番に解説していこう。

 

リールのギア比というのはだ、ハンドルを一回転させたときの糸を巻き取る長さのことだ。

ギア比が高いリールをハイギアと呼び、ギア比が低いリールをローギア・パワーギアと呼ぶ。

ハイギア・ローギアの分類と見分け方

リールのギア比はリールの番手表記の中の記載で見分けることになる。

渓流ルアー ギア比 選び方

例えば、「C2000S」という大きさのリールがあった場合、ギア比に下記のように番手表記が変化するのが一般的だ(Cはボディがワンサイズ小さめ、Sは溝が浅いシャロースプールの意味)。

  • C2000S:一般的なノーマルギア(ローギアに分類されることもある)
  • C2000HG:ハイギアリール。ギア比が高いリールにはHやHG・XGなどの表記がある
  • C2000PG:ローギア・パワーギアリール。PやPGの表記がある

 

このような感じでリールの番手表記でギア比を見分けるが、ギア比の記載がないものはノーマルギアになる。

渓流ルアーではハイギアリールがおすすめ

渓流ルアー 釣果

一般的な渓流でヤマメやアマゴ・イワナなどを狙って釣りをするのであれば、最も無難でおすすめなのはハイギアリールになる。

基本的にはハイギアリールとノーマルギアのリールが候補に挙がり、ローギア・パワーギアのリールを選ぶ必要はないかと。

 

渓流魚を狙う釣りの特性上、巻取りが速いハイギアリールはメリットが多く、私自身ハイギアモデルしか使っていないのが現状だ。

特に川幅が狭い源流~上流域を下流から釣り上がっていくスタイルで釣りをするのであれば、ギア比が高いリールは使い勝手が良くて利点が目立つ。

渓流ルアーにハイギアを使うメリット

私が渓流ルアーゲームにハイギアリールをおすすめする理由について、順番に解説していこう。

糸ふけ回収・ルアーの立ち上がりのはやさ

河川の上流域を釣りあがっていく渓流ルアーゲームでは、主にアップストリームの釣りが主流になる。

渓流 ハイギア おすすめ

アップストリームというのは、川の下流側から上流側に向かってルアーを投げる釣り方のこと。

 

この時、釣果を上げるうえで最も重要な要素の1つが着水したルアーの泳ぎだしになる。

ラインの巻取りが速い「ハイギアリール」を使うことで、着水からより素早く・楽にルアーのアクションを開始させることができる。

これは実釣で使い比べてみると大きなメリットになり、ギア比が低いリールを使うとリールのハンドルをより素早く巻き取る必要があり、結構めんどくさい。

上流域ほどピンスポットを打つ釣りになる

これはルアーの立ち上がりのはやさと被る部分もあるが、上流域のルアーゲームほど「ピンスポットでいかにルアー操作できるか?」という勝負になってくる。

源流 上流 ギア比

河川の上流域は連続した落ち込みを狙ったり、覆いかぶさった木の下の狭い場所ギリギリを打つような釣りになることが多い。

 

こういう場所ではハイギアリールを使って少しでもルアーの確実な泳ぎ出しを確保しないと、魚のバイトチャンスが一気に減るポイントが目立つ。

 

規模が小さい渓流~源流域になると、ルアーを動かせる距離が1mもないようなスポットもあり、狭い場所で確実にルアーを動かしやすいギア比が高いリールが効果を発揮する。

わずかな変化が分かりやすい

狭いスポットでできるだけ早くルアーのアクションを立ち上げるために役立つ、ギア比が高いハイギアリール。

 

それ以外にもメリットはあり、ハイギアリールはリールのパワーが小さい為に巻き感度が良い。

 

どういうことかというと、ルアーが流れの強い場所に入ったり・逆に反転流に入ったりした時の感触がリールの巻き重り感の差で分かりやすい。

また、ルアーのフックに小さなコケやゴミが付いたりした時も巻き感が変わりやすかったりと、ハイギアリールを使うことのメリットがある。

デメリット:巻取りの重さ

一方でハイギアリールを使用するデメリットについてだが、目立つものとしてはリールを巻いた時のハンドルの重さだ。

 

特にグレードが低いリールになると、ギア比の違いによるリーリングの巻き重り感の差が目立ちやすい傾向がある。

リールのギア比は自転車のギアと同じで、良く進むギアほどペダルが重たくなる原理だ。

 

今までギア比が低いリールを使っていた方の場合、ギア比が高いリールに変えると初めのうちは巻取りの「モッサリ感」が少し気になるかもしれない。

渓流 ハイギア デメリット

しかし、渓流ゲームではそこまで引き抵抗が大きいルアーは使わず、数グラム程度のミノーやスプーン・スピナーなどが主流なので悪影響はないはずだ。

 

ギア比による巻き重り感は高級リールになるほど小さくなり、軽量化を重視した高級リールは「もはやハイギアリールの巻きの重さをほとんど感じないレベル」になってきている。



ノーマルギア・ローギアリールが適した場面

渓流ルアーゲームではメリットが多いハイギアリールだが、一方でギア比が低いリールを使うメリットはあるのか?

ダウン系の釣りがメインの方に

ダウンストリーム リール ギア比

渓流ルアー釣りの基本は上流に向かってルアーをキャストする「アップストリーム」の釣りだが、状況によっては上流からルアーを流し込む「ダウンストリーム」の釣りを展開することもある。

 

少し具体的に紹介すると、

  • 流れが強くてアップの釣りではルアー操作が出来ないとき
  • 魚の活性が低かったり、プレッシャーが高くてルアーをじっくり・スローに見せたい時

 

こういう場面ではルアーを流れに乗せるドリフトなどを使い、ダウンの釣りを展開することがある。

 

ダウンの釣りの場合、人によっては巻取りが速いハイギアリールを使うと「釣りが雑になってしまったり、巻きが速くてルアーが浮き上がりやすくなる」ということを嫌う場合がある。

特にスプーンを使ったスローな展開の釣りがメインな方は、ギア比が低いリールをあえて使う方も一定数存在する。

 

ただしこれから渓流ルアーに挑戦したい初心者の方はまだ釣りの癖などが出来ていない場合がほとんどなので、まずはオールラウンドに使いやすいハイギアリールを選んでおけば問題ない。

河川の中~本流域がメインの方

本流 リール ギア比

今回は渓流域のルアー釣りを紹介しているが、流れが強い中流~本流ゲームの場合。

これらの場合は流れが非常に強い為、スプーンやシンキングミノー・シンキングペンシルなどをダウンで流し込むような釣り方がメインになることも多い。

 

こういう時はギア比が低いリールを使い、プレッシャーが高い大型トラウトに対して「丁寧になルアー操作」を重視する方も増えてくる。

渓流用リールのギア比選びまとめ!

渓流のトラウトゲームに使うリールのギア比選びについてはこんな感じで、源流~上流域で20cm~25cm前後のヤマメやイワナなどを狙うのであれば

  • シマノ製リール:C2000SHG
  • ダイワ製リール:LT2000S-XHまたはH

 

これらの番手を選んでおけば、まず問題なく使用できる。

人によってはノーマルギアのリールも選択肢に入ってくるが、それはこれから実釣を重ねて「自分なりの釣りのスタイル」が出来上がってからで十分。

おすすめ関連記事!

▼【実釣比較セレクト】渓流ルアー用おすすめリールと選び方解説!

渓流 落ち込み

渓流ルアー釣りに使うおすすめリールはコレ。選び方と合わせて解説!【全て実釣比較】

2018年9月1日

▼渓流ルアー用ラインの選び方・おすすめアイテム

18ステラ メバリング

渓流ルアー釣り ライン素材と選び方の基礎基本!

2018年9月4日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です