南伊豆メッキ釣行 11月の数釣りライトゲームを満喫!

メッキ 伊豆 釣果

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、先日は平日休みを利用してまたまた南伊豆方面へ。

 

伊豆は景色も良いし、静岡と比べたら釣り人が少ないので最近のお気に入りです。

 

今回は青物狙いはせず、メッキを狙って半日ほどの短時間遠征。

予報的には明け方を中心に風が強そうですが、次第に止むそうなので悪くないコンディションです★

 

果たして今回の伊豆のメッキ釣行はどんな結果に?



朝は岸近くに寄ってくるメッキを狙い撃ち

とりあえず朝マズメギリギリくらいの時間帯に狙いのポイントへ到着。

今年何度か南伊豆へメッキを狙って釣行していますが、毎回群れが沈み気味なのが恒例。

 

なので今回はミノーは使わず、最初からワームやジグ・バイブレーションを使ってランガンしていきます。

中層~ボトムのワインドがやはり強力

とりあえず魚の姿を見ておきたいし、ランガンして広い範囲を歩きたいのでマイクロワインドからスタートです。

 

この手の釣りは下手にやると魚をスレさせるので、一か所でジックリやるには向いていないこともあるんですよね。

しかしランガンするならテンポを上げることができ、デメリットは目立ちにくい。

先発は私の中の鉄板、ダートビーム2インチです。

ジグヘッドはデルタマジックヘビーの3.5g。

 

状況によってジグヘッドの重さを変えたり、ワームをチェンジしていきます。

とりあえず狙うのは岸近くの駆け上がりで、そこに石や根が絡んでいる場所がベスト。

 

岸から斜め方向に沖に向かってキャストするのを基本に、駆け上がり周辺をキッチリ探れるように工夫すると良いですね。

 

最初の15分ほどは一度もチェイス・アタリが無くてヤバい感じがしたんですが、速めのテンポで釣り歩いていくと足元まで追尾してくるメッキの群れを発見(#^^#)

 

沖の方に帰っていったので、群れが居そうな場所のボトム周辺を探るとガツガツとバイト!

 

何度かミスバイトがありましたが、無事ヒットしてボウズ逃れ成功です。

メッキ 伊豆 釣果

いきなりいいサイズのロウニンメッキが釣れ、強烈な引きも楽しめてよかった。

 

その後同じ群れのメッキを3匹ほどキャッチしたんですが、群れが移動してしまったのかアタリが無くなりました。

やはり今回もアタリが出るのはボトム付近の低いレンジで、表層を探ってもバイトしてこない感じです。

広範囲を釣り歩いて群れを探す

とりあえずアタリが無くなったら同じ場所で粘るのではなく、一か所でキャストするのは数回程度ですね。

キャストごとに投げる角度を変えているので、同じ場所にルアーを通すことはしません。

 

メッキの場合は魚さえいれば何かしらの反応が見えることが多いので、粘って釣ると効率が悪いことも多いですから。

 

そんな感じで広範囲をどんどん釣り歩いていき、数分~10分に1度くらいのペースで群れに遭遇して数を伸ばせました。

サイズ的には10cm台後半~20cmそこそこですが、まだ水温が高いので引きも強くてめちゃ楽しい。

 

とりあえず朝の時間帯で15匹ほどメッキをキャッチし、少しポイントを移動してみることに。

根回りを攻めるとメッキ以外のゲストも!

やってきたのは少し根がきつめのポイント。

ここもメッキの実績があるので、ランガンを基本に釣り歩きます。

沖に落ちたメッキはジグ・バイブレーションで攻略

とりあえずワームを使ったワインドで釣りを開始したんですが、何匹か小型のメッキが釣れたもののアタリも少ないです。

 

パターン的に沖の深場にメッキが落ちている感じがしたので、ここでルアーをジグにローテーション。

チビメタTYPE-Ⅰの7gをチョイスしました。

このジグは後方重心ながら細身のボディでナチュラルに動きます。

 

沖にフルキャストしてボトムまで沈め、4回くらいまでの小刻みなジャーク&フォールで探る。

 

するとすぐに沖の遠い場所でバイトがあり、合わせを入れると良い引き。

メタルジグ メッキ

やっぱりメッキは楽しいですね★

メタルジグとバイブレーションを使い、メッキをポツポツ追加しました。

 

アタリは結構多く出るんですが、活性が下がっているのかミスバイトが多いのが難しかったですな。

岩周りを攻めるとロックフィッシュが登場

とりあえずメッキは25匹くらいは釣った感じで、満足したのでまた場所を変えてみることに。

 

次にやってきたのは石がゴロゴロ沈んだ場所。

とりあえずワームをキャストし、根掛からないように注意して探っていく。

 

するとすぐに足元で黒い影がバイトし、ギュンギュン突っ込む。

小さいけどこの突込みはハタかな??

キャッチしたのはマハタモドキ。

小さくても一瞬の突込みは強いですね~。

 

その後同じポイントを探るとまたバイトがあり、

クエ 釣果

手乗りサイズの超かわいいクエをキャッチ。

これは水槽に入れて飼ったら可愛いんだろうな~。

 

とりあえず今回の伊豆遠征はこんな感じで、昼過ぎには自宅に帰宅完了できました。

南伊豆も案外通ってみると近いもので、以前週2で琵琶湖に通っていたことを考えたら全然楽です(笑)

結局メッキは25本くらいはキャッチし、嬉しいゲストも釣れたので楽しかったですな。

 

使用タックル

  • ロッド:ダイワ 月下美人AIRAGSメバリングモデル 78ML-S
  • リール:シマノ 19ヴァンキッシュC2000SHG
  • ライン:よつあみ リアルデシテックスWX8 0.4号、シーガー グランドマックスFX1.75号
  • ルアー:ダイワ 月下美人ダートビーム2インチ、ジャッカル チビメタtype-Ⅰ、バスデイ レンジバイブ45ESなど

おすすめ関連記事!

▼メッキ釣りの基礎知識まとめのページ

メッキ釣り 入門

【ここからはじめる】メッキのルアー釣り入門! タックル選び~必要な基礎知識まとめ

2019年11月23日

▼メッキ釣りにおすすめなミノーはコレ!

高比重ミノー セイゴ

【実績から選ぶ】メッキのルアー釣り ミノーの使い分け・おすすめアイテムを紹介!

2019年10月19日

▼メッキ釣りの時期・シーズンの流れを解説

メッキ釣り 時期 シーズン

メッキ釣りに適した時期・シーズンの流れを実釣経験から解説!【水温を要チェック】

2019年10月17日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です