バリバス アバニエギングマックスパワーPEX8を実釣インプレッション!【エギング用PEライン】

バリバス アバニエギングマックスパワーPEX8 インプレッション

さてさて、今回はエギング用ラインのインプレッションをしていこうかなと!

バリバスから発売されている、「アバニエギングマックスパワーPEX8」

エギング用PEラインの中では、ハイエンドになってくるアイテムの1つかな。

このラインは若干価格的には高級になるけど、非常に滑らかで使い易く・強度も十分。

サーフエギングを中心に、レイクのトラウトゲーム等にも使ってきました。

今回は使用感をちょっと詳しくレビューしていくので、エギング用PEラインを探している方の参考になったら嬉しい。

▼エギングラインの選び方・実釣から選んだおすすめアイテム紹介の記事

エギング ライン

エギングラインの選び方、私が使うおすすめPEライン・リーダーを紹介!

2019年8月21日




バリバス アバニエギングマックスパワーPEX8をサクッとインプレ!

まずはこのエギングマックスパワーPEX8の使用感について、私なりに簡単に評価していこう。

  • 号数表示に対する太さ:特にかさばることもなく、スプールにしっかり巻ける
  • 滑らかさ:8本編みのPEらしく、滑らか。非常にシルキーな質感
  • 張り・コシ:最近の8本編みのPEラインの中では若干柔らかめ
  • 視認性:ホワイト系のカラーでローライト時にも比較的見やすい
  • 強度:国産8本編みラインに恥じない強度で根掛かりしてもそう簡単にブレイクしない
  • 耐久性:毛羽立ちにも比較的強く、コーティングの持ちもまずまず良好

簡単にインプレッションするとこんな感じで、価格的にはちょっとお高いけれど「信頼して使える、高品質なPEライン」というのが率直な感想だ。

号数に対する実際の太さ

特に海外製のPEラインは、号数表示に対して太く作られているものが多い。

バリバスのマックスパワーシリーズはそういったことは無く、号数表示に対して適切な太さになっていると思う。

ラインを巻いた時にスプールからラインがあふれ出すこともなく、キッチリ巻き取ることが出来た。

この辺りの不満は無し!

滑らかさ・編みの細かさ

アバニエギングマックスパワーPEX8 滑らかさ

バリバスの8本編みのPEラインは非常に滑らかなアイテムが多いが、このアバニエギングマックスパワーPEX8も例外ではない。

編み込みのピッチは十分細かく、表面は滑らか!

キャスト時の音やシャクった時のザラツキなどは全く気にならず、快適にエギングが出来る。

特にバリバスのPEラインは「質感がしっとり・シルキー」なのが特徴。

実際に使ってみると、サラッとしているというよりもしっとり感が強く、ゴワつき難いのが良いね!

8本編みのPEラインでもしっとりとした質感のPEラインが好きな方に、特におすすめだ。

張り・コシの強さ

アバニエギングマックスパワーPEX8の張り・コシの強さに関しては

「必要な張り・コシの強さはあるが比較的しなやか」というのが率直なインプレッション。

よつあみのX8アップグレードなどと比較すると、しなやかでマイルドな使い心地になっている。

直進性では劣るものの、その分スプールへの馴染みが良くて癖が無いから扱いやすい感じだ。

アバニエギングマックスパワーPEX8 張り・コシ

しなやかだからと言ってガイドに絡みやすいかと言えばそういうわけでもなく、キャスト時やエギにアクションを与えた時のガイドへのライン絡みは1回もない。

視界が効きにくいナイトエギングでも、快適に釣りが出来ているね♪

向かい風の時などは、コシが強いPEラインだとラインが多く出過ぎでバックラッシュしやすかったりするので、硬いラインが苦手な方に良いと思う。

私がエギング用に愛用してきたラインの1つに、「ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢX8」というラインがある。

エギング用PEライン

このラインの方が張りが強く、直進性は優れている特性がある。

どちらも細くて強い、信頼できるラインだ。

この辺りは好みの差になってくるので、「ちょっと強めの張りが好きなら、エギングスーパーPE」を。

「しっとり系のしなやかなPEラインが好きなら、マックスパワーPEX8」を選んでみるのも良いかと。

ラインの視認性

エギングにおいてはラインの視認性を重視したい方もいるはず。

私の場合は暗闇のナイトエギングがメインなので、そこまで視認性を重要視してはいないが。

アバニエギングマックスパワーPEX8 視認性

アバニエギングマックスパワーPEX8は、白っぽいピンク色。

白系のカラーは朝夕のローライト時でも結構良く見え、見やすさは十分合格点。

途中にオレンジと紫色のマーキングが付いており、ラインの変化で着底やアタリを見たい時にはマーキング周辺を見れば判断しやすいはず。

ただし10m毎の色分けなどは無いので、アタリが有った距離などを正確に測るのには向いていない。



アバニエギングマックスパワーPEX8の強度をインプレ

気になる強度については、実際にFGノットとPRノットを組んで結束強度を測定してみた。

私が購入して使ったのは0.6号、最大強力14.5ポンド(約6.5kg位)になる。

計測は3回連続で行ったが、結果はこんな感じに。

エギングマックスパワーPEX8 強度
  • FGノット:約4.8kg~約5.2kg
  • PRノット:約5.1kg~約5.5kg

流石に最大強力の強さまでは引き出せなかったが、0.6号という号数で5kg以上の結束強度を計測。

エギングでここまで強くテンションを掛ける事はそうそうないと思うので、強度的には全く問題ないだろう。

アバニエギングマックスパワーPEX8 結束強度

岩がゴロゴロした場所でのレイクのトラウトゲームでは、ルアーが根掛かりする場面があったがフックを伸ばして回収することもできた。

「0.6号にしては予想以上に強いな・・・」と思ったのを覚えている。

耐久性

サーフエギング アバニエギングマックスパワーPEX8

アバニエギングマックスパワーPEX8の耐久性については、

ラインが傷みやすいサーフエギングで使用しても、毛羽立ちは発生しにくい。

弱いPEラインの場合、特に根ズレしていなくても段々毛羽立ちが発生してくるものだが、このラインの場合は結構長持ち!

根ズレすれば当然毛羽立ちは出るが、広範囲に広がっていく感じもしない。

耐久面に関してはめっちゃ優れているとまではいかないが、不満は無くて悪くはない印象だ。

しっとり感も予想以上に持続

購入時から比較的しなやかで、しっとり感のあるマックスパワーPEX8。

実釣を繰り返していっても、初期のしっとり感は結構長く続く。

また、柔らかくなりすぎてヒモのようになってしまうことは無く、必要な張り・コシも予想以上に継続してくれた。

ラインにカサツキが出てきた場合は、表面に細かい傷が入っていることも多い。

その時はケチらずにラインをカットして使おう。

アバニエギングマックスパワーPEX8インプレッションまとめ!

今回紹介したエギング用PEライン、アバニエギングマックスパワーPEX8のインプレッションは大体こんな感じかな。

8本編みのラインの中でも滑らかさ、しっとり感に優れていてシルキーなタッチが最大の特徴だと思う。

ガイド抜けも良く、糸鳴りも非常に小さいのでしなやかなエギング用PEラインを探している方におすすめ!

強度、耐久性に関しても個人的には十分高いレベルだと思うので、信頼して使えるラインだ。

それでは、今回はこの辺で。また明日会いましょう!

▼エギングラインに関する基礎知識を深めるためのページ

エギング ライン

エギングラインの選び方、私が使うおすすめPEライン・リーダーを紹介!

2019年8月21日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です