9月30日更新分 超爆風の夕マズメのライトゲーム五目

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は夕マズメの魚の活性が上がるタイミングでちょこっと短時間釣行へ。

短時間釣行に最適なのが、お手軽なライトゲーム五目ですね!

一日中爆風が吹き続けていて、風速は12~13mくらいありそうな状況なので、場合によっては釣りが無理かも・・・。

とりあえず内湾の遠投が必要ないポイントを狙って行ってきました。

魚の活性あがらず

とりあえずメッキやカサゴ・チビモンハタなどの実績がある場所を狙うことにしました。

ポイントに到着したのは良いものの、やはり風速10m以上の強い風が吹きつけていますね。

時々風速15m近いような非常に強い風も吹き付け、これは厄介ですね・・・。

海面はザバザバと波気立っていて、これは魚の活性を上げる要素になりそうですが。

かなり奥まったポイントですが、何羽かの海鳥が海面を見ながら旋回しているので、ベイトが居るのか?

数メートルキャストすれば何とか釣りになるポイントなので、まずはヘビーシンキングミノーで様子見。

先発は先日試しに買ってみた、パームスのビットアーツディグリー。

投げ心地やアクションの癖などをチェックしつつ、ショートキャストをどんどん繰り返しながらランガンします。

鳥は居るものの、ベイトフィッシュの気配はこれといって無く、少し前の時間までベイトが居たパターンかな?

10分くらい釣り歩いたところで1度メッキのチェイスがありましたが、惜しくも食い切らず・・・。

軽くルアーに触れるような食い方を1回しただけで、これは低活性でやる気がそこまで無いパターンですな(-_-;)

ミノーだと食わせきれない気がするので、ここでルアーチェンジ。

ワームにしようかと思いましたが、ボックスをゴソゴソして良さそうなものを発見★

ジャクソンのピグミーボックスシリーズの1つ、ヘビーシンペンですね。

こいつはライトゲーム用としては貴重なヘビーシンキングペンシル。

パームスのミニチュアギグというヘビーシンペンもありますが、こいつの方が動きがナチュラルなんですよ。

このルアーは、ジグに食わない青物狙いなどで過去に非常に良い思いをしています。

しっかりカウントダウンで沈め、スローなトゥイッチでイレギュラーにスライドさせつつ、水平フォールで食わせることを意識。

風が非常に強くてラインが引っ張られますが、できるだけ丁寧に探りを入れると、フォール中にラインが微妙に揺れたような。

風のせいでよくわかりませんでしたが、とりあえず合わせを入れると無事ヒット。

ギュンギュン引くこの感触は本命のメッキかな!

引きを楽しみつつ、抜きあげると・・・

チャリコ ヘビーシンペン 釣果

メッキではなくチャリコでした。

かなり悪条件で貴重な1本なので、魚種問わず釣れて良かったです。

ヒットしたのが少し沖目のちょっとしたかけあがりの斜面だったので、その周辺を特に重点的に探っていくとまたすぐにアタリ。

今度も似たような感触の引きで、中々元気に走ります。

pyヘビーシンペン メッキ 釣果

今度は本命のメッキでした。
中々の良いサイズで、楽しい引きが味わえましたな。

このヘビーシンキングペンシルパターンで入れ食いモードに入るかと思ったんですが、その後は活性が上がりきらず、フグが2匹釣れただけ。

中層で本命っぽいアタリも何度かあったんですが、1度掛け損ねると追い食いしてこない状況で、低活性なようでした。

ここで粘っても少し厳しそうなので、少し浅い場所にポイントを移動します。

日が暮れる頃にメッキの活性が若干UP!

次もかなり奥まった内湾のポイントですが、水深50cm位の超シャローエリアが続く場所。

これから夕暮れを迎えるので、活性が上がったメッキが来ることに賭けてみます。

最初はバスデイのシュガーミノー50Sで表層付近を流しましたが、風が強すぎるし、水面直下にはメッキの気配無し。

再びパームスのビットアーツディグリーにローテーションし、根掛からないように注意しながら少し下のレンジをストートゥイッチ&フォールで誘います。

差出底の中に所々カキガラが入っているような場所なので、油断すると根掛かるんですよね。

根掛からないギリギリのところまでしっかりフォールを入れて探っていくと、しばらくして「ゴンッ」と鋭いバイト。

合わせを入れると本命っぽい元気な引きです。

メッキ ビットアーツ ディグリー 釣果

若干サイズダウンしましたが、メッキを追加することに成功。

このメッキの後ろに何匹か追尾してきたのが見えたので、すぐに投げ返すと連発しました。

しかし、良い時のように釣れ続くことは無く、3匹釣ったところで完全無になりました・・・。

その後少し歩きながら釣っていくと、一瞬風が止んでつかの間の凪に。

何となくこの状況変化で釣れそうな気がしたので、ミノーからトップに変えます。

選んだのはジャクソンのpyペンシル。

このルアーは小粒の割にはしっかりスライドアクションを発生させ、メバルやセイゴ・メッキなどの実績があります。

久しぶりの登場ですが、それなりに活性がある魚が居れば反応くらいは出るはず・・・。

すると、10投目くらいで水面が「バコッ」と炸裂!

メッキ pyペンシル

良いサイズのメッキが釣れました。
やはりトップゲームは最高に楽しいですね★

これで夕暮れのゴールデンタイムは楽しめるかと思ったんですが、単独行動だったのかその後はバイトが1度も無し・・・。

ワームを使ったり色々やってみたものの、外道の小さいアタリがあっただけでしたね。

結局今回はこんな感じで、非常に風が強い中の釣行でしたが、メッキやチャリコが釣れたので楽しかったです。

爆風で活性が一気に上がることを期待していたんですが、そんな簡単にはいかないのが魚釣りですな。

使用タックル

  • ロッド:ダイワ 21月下美人MXメバルモデル68L-S・N
  • リール:シマノ 22ヴァンフォード2000SHG
  • ライン:デュエル アーマードF+Pro 0.4号+ サンライン ブラックストリームプラズマ1.75号
  • ルアー:パームス ビットアーツディグリー、ジャクソンpyヘビーシンペン、pyペンシルなど

おすすめ関連記事!

メッキ釣り初心者講座

メッキ釣り 入門 【ここからはじめる】メッキのルアー釣り入門! タックル選び~必要な基礎知識まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です