6月24日更新分 爆風の朝マズメ良型カマスゲーム

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は朝マズメにカマスを狙ってライトゲーム釣行へ。

静岡に居た頃はカマスを良く釣っていましたが、新天地でも無事カマスが釣れることが判明し、それも地元よりも大きいサイズがボコボコ釣れます(笑)

ネット上に情報などが全くなくて釣れるかどうか不安だったんですが、近所のおばちゃん情報をもとに開拓してみたところ、どうやら春~初夏にかけて釣れるっぽいですね。

秋~冬に掛けて釣れるかどうかはまた調査する必要がありますが、干物が欲しくなった時は良い食材になっています。

ここ最近は家の魚ストックもかなり豊富にあったのでカマスゲームはやっていませんでしたが、果たしてどんな展開に?

爆風+弱い雨のコンディション

家を出る前から風がかなり強いことは知っていたものの、釣り場に着くとまさかの弱い雨が・・・。

風は5m前後~一時的に10mくらいのかなり強く吹き付けるコンディション。

幸いなことに、正面からの向かい風だったのが救いですね。

横風だったら、とてもじゃないですがライトゲームは不可能でした。

下げ潮が効く時間なので、潮は動いているはず。

先発は7gのラウンドマジック+グラスミノーSで探りを入れてみることに。

まだ日の出直前の暗い時間帯ですが、キビナゴなどのベイトの気配はなし・・・。

一旦ボトムまでワームを沈めこみ、スローなただ巻きとテンションフォールで探っていきます。

ラインが緩むと切られる可能性が高くなるので、できるだけ払いだす潮に乗せる角度を見つけてキャストを繰り返します。

15分ほど全くアタリも無くてただ強くて冷たい雨に濡れる苦行でしたが、巻き上げ後のフォール中にモゾモゾッとバイト。

風で判断が微妙だったので、少し巻き合わせ気味に様子を見てからバシッと合わせ。

無事ヒットし、良型カマスの強い突込みを堪能しつつ無事キャッチ。

40cm弱ほどのアベレージサイズをキャッチしましたが、カメラとバケツを車に忘れました。
一度取りに戻り、釣りを再開。

この1匹で連発モードに入るかと思ったんですが、この個体ははぐれカマスだったらしい。

徐々に空が明るくなり始め、ここにきてベイトフィッシュの姿がチラホラ。

目先を変えるためにバイブレーションを入れてみました。

イッセイのアメバイブの5gですね。

樹脂系のバイブレーションでは風に流されてしまうので、メタルバイブでサクッとサーチしてみます。

どうやら今回のパターンで少し微妙だったらしく、アタリはやや少なく・・・・。

カマス

それでも、何本かカマスをキャッチできました。
数は伸びないものの、40cm以上の大型がでましたね★

カマスの追加には成功したものの、何か少し状況に合っていない感じがしたので、再びワームにチェンジ。

選んだのはアクアウェーブのスパークですね。

少しダートアクションを入れつつ、巻きとのコンビネーションで探ってみます。
このワームは耐久性が非常に高く、カマスゲームでもなかなか使いやすいです★

ジグヘッドは4.5gを使い、ボトムワインドに近いスタイルで深場を中心に狙います。

しっかりボトムまで沈め、スロー気味のダートアクションでワームを3~4回ほど操作し、リールをスローに巻いてカーブフォール・・・・。

このパターンですぐにバイトがあり、バシッと合わせてカマスを追加。

カマス 釣果

ベイトの群れにカマスが入ってきたようで、サクサクッと数本追加に成功しました。

かなり明るくなってくると、一瞬カマスが目の前でボイルしたんですが、ボイルしていたカマスが40後半ありそうなビッグサイズでした。

「ボコン」と青物のボイルのような捕食音を出して餌を食ってましたからね。

急いでワームをキャストしたものの、無視されてしまってダメでしたが、あれはデカかったです。

爆風がさらに強くなり、メタルジグパターン

本来なら朝のカマス釣りのゴールデンタイムに入りましたが、最悪なことに更に風が強くなってきました・・・。

合羽を持ってきてなかったので、微妙に体が濡れて寒いし、あと2匹くらい釣って撤収したいところ。

5g~7g前後のジグヘッドでも釣りが困難なので、ここは10gクラスのジグにローテーション。

手持ちのジグは5~7gクラスがメインでしたが、シーライドの9gを持ってきていたので助かりました。

リアにトリプルフックがついているし、カマス狙いにもそのまま使えます。

風を受けつつジグをフルキャストし、リフトフォールのような感じでジグを中層~底付近でヒラヒラと上下に誘います。

しばらくアタリが無くて心が折れそうでしたが、ガツンと良いアタリが。

カマス 釣果

でっぷりした良型を追加。
もう1匹すぐにカマスが釣れ、必要な分のカマスの確保には成功しました。

その後雨が止んだので少し釣りを続けていると、表層~中層でジグを躍らせるとブルブル系の激しい引き。

サバ 釣果

ここからはサバがガンガン当たってきてしまう感じで、カマスよりも先に釣れてしまうので釣りになりませんな(-_-;)

サバの群れに占拠されてしまったので、今回はこれにて撤収することに。

カマスは産卵期なので脂は無いですが、天ぷらやフライにして脂を足したり、軽めの塩で一夜干しにすれば、脂・旨味が凝縮されるので結構美味しいです。

かなり悪条件でしたが、無事食材確保もできて良かったですね!

使用タックル

  • ロッド:ダイワ 21月下美人MXメバルモデル68L-S・N
  • リール:シマノ 20ヴァンフォード2000SHG
  • ライン:バリバス ソルトウォーターフィネスPEX8 0.3号+ サンライン ブラックストリームプラズマ1.75号
  • ルアー:エコギア グラスミノーS、イッセイ アメバイブ5g、アクアウェーブ スパーク40、ブルーブルー シーライドミニ9gなど

おすすめ関連記事

▼カマスのルアー釣り初心者講座

カマス カマスのルアー釣り タックル選び~釣り方の基礎基本まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です