焼津チニング釣行 浅いバイトに苦戦しつつもラストにクロダイ

クロダイ 焼津

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、先日もここ最近の定番、チニング釣行へ行ってきました。

焼津・清水ともにキビレを中心に釣れ続けており、簡単すぎず難しすぎずのちょうどいい難易度で遊べています。

今回は釣具店のスタッフさんがチニングをやってみたいとのことなので、2人で出撃です。
チニングは1回アタリがあるまではどうやって釣れるのかが分かりにくい釣りなんで、何とか釣りのイメージが出来てくれればいいですが・・・・。

果たして今回はどんな釣行になったのか?

チヌの活性は低め

とりあえず朝マズメにポイントに到着し、簡単に釣り方の手順をアドバイスして釣りを開始しました。

ルアーはアタリが欲しい時の定番、クレイジーフラッパー2.8インチに7gのタングステンシンカーです。

すっぽ抜け・バラシ連発・・・・

釣り開始時刻は潮位が高く、流れがあまり効いていない状況からスタートです。
出来るだけ流れに乗せられる角度を決めてキャストしていくと、幸先良く数投目にガツッというチヌのアタリが。

しかしその後食い込むことは無く、活性が低い時によく見られる触るだけのバイトですね(-_-;)

一応キビレかクロダイは居るっぽいですが、あのアタリではどうやっても掛けれレませんわ。

アタリが出た周囲を少し丁寧に打ったものの続きが無いので、ランガン気味に釣り歩いて魚の群れを探します。

あまりロッドを動かしてワームを操作してもアタリが出る感じではないので、ロッド操作でワームを見せたらただ巻きにつなげたり、小刻みにポーズを入れてスロー気味の展開を中心に・・・・。

徐々に明るさが増してきていい時間になったと思った矢先、ポーズ中にガツガツとバイト。
そのままゆっくりズル引きすると穂先がグイッと入ったので、合わせを入れる。

無事チヌがヒットし、良い引きが伝わってくる。
同行者に声を掛け、ヒットしたことを伝えた瞬間にバラシ・・・・。

初めの釣りに挑戦する時は、魚がしっかり釣れる事が分かるか分からないかでは釣りの集中力が変わります。
できれば釣り上げたかったところですが、一応魚が居ることは分かってもらえらかなぁ。

再びヒットするも・・・・

その後はフグやハゼのような小さいアタリはあるものの、ガツガツ系の本命のアタリは中々ない状態。

しかし、キビレは明るくなってからでも案外普通に釣れるので、あきらめずに探り続けます。
これまで比較的安定して実績がある場所を中心に探ります。

さっきのバイトもポーズ中に出たので、スローな釣りを続けます。

沖に良い感じにコロコロとした石が沈んでおり、徐々に流れが効いてきて釣れそうだなぁ~と思っていると、再びチヌっぽいバイト。

少し沖だったのでアタリがぼやけましたが、これは外すわけにはいかない。

何度かガツガツきてワームを離されたんですが、ここからは丁寧にポーズと誘いを組み合わせて追い食いを狙う。

長めにポーズを入れてから素早く2回ほどワームを動かした瞬間、狙い通りに追い食いが。
合わせを入れると良い重量感が乗り、ドラグも少し出る。

再び同行者に声を掛け、ちょっと真面目にやり取り。

しかし再び数秒後にフックアウト(笑)

今日はとことんついてない・・・・。

軽く場所を移動してクロダイ

その後同じような場所を丁寧に探ったもののアタリは無く、少し歩いてポイントを変えてみる。

相変わらず流れは良い感じに効いているので、ワームを流れに転がしながら丁寧に探ります。

そろそろ釣れないと2人そろってボウズになってしまう。
ここの所チニングはずっと連勝中の私、ここで撃沈するわけにはいかない。

同行者にもチヌを釣り上げるのを見せたいし、2人で諦めずに釣りを続行。

しばらく気になるスポットを探っていると、ポーズ中にガツガツッと2回ほどアタリが・・・・。

これは今日のラストチャンスになりそうなので、何とか掛けたいところ。
しかし相変わらずバイトは浅く、食いつくのをやめてしまった。

すぐにワームを回収して同じポイントに落とし込み、丁寧にズル引きとポーズを繰り返すとまたアタリ。
少しポーズを入れて速めにズル引きを行い、すぐにストップ。

ここで追い食いがあり、穂先が軽く入ったので合わせ。

重量感はそこそこ、3度目の正直で同行者に声を掛けてやり取り開始。
キビレにしては突込みは弱いですが、重量感のある引きですね。

久しぶりにかなり丁寧にやり取りしつつ、上がってきたのはクロダイ。
40少し欠けるくらい、大きくは無いですがまずまず。

クロダイ 焼津

画像だと分かりませんが、お尻が赤くなっていて乗っ込み絡みの個体のようでしたね。
既に何度か産卵したか、もしくは産卵を終えた個体のようでした。

とりあえず焼津で普通にチニングが成立し、クロダイ・キビレが釣れる事を見せることができたので良かった。
清水でもポイントを選べば案外普通に釣れるので、ヒラメやカマス・小型青物など、定番の釣りに飽きている方には最適だと思います。

その後、最後に同行者にも「ガツッ」というアタリがあったらしく、チヌの噛みつき系のバイトを体感することはできたようです。
釣り自体は全く難しくなく、誘いと食わせの駆け引きができるようになれば、割と安定して釣果を出せる釣りです(キビレがそれなりに居れば)。

使用タックル

  • ロッド:ダイワ 月下美人AIRAGSメバリングモデル 78ML-S
  • リール:シマノ 19ヴァンキッシュC2000SHG
  • ライン:サンライン シグロンPEX8 0.5号、シーガー グランドマックスFX2.5号
  • ルアー:ケイテック クレイジーフラッパー2.8インチ+フリリグシンカー7g

おすすめ関連記事

▼焼津の釣り場解説

石津浜 アオリイカ エギング焼津周辺の釣り場紹介、狙えるおすすめターゲットを詳しく解説!

2 COMMENTS

まるなか

チニングが気になる方もかなり多いようですね★
またタイミングを見て基礎講座をやっていきます(^^♪

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です