秋のヒラメ釣行 根回りを狙ってヒラメ・マゴチなど五目釣り

バルト ヒラメ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は少し遅めの朝マズメを狙って釣行してきました。

もう11月という事でヒラメが少し増えてくれば良いんですが、今年の静岡中部界隈は正直言ってかなり微妙な状況が続いています。

釣れないことは無いんですが、狙って釣るのは結構難しく、私の嫌いな「投げ続けているとそのうち釣れる」パターンが多いんですよね。
そうなってしまうと結局は運の釣りになってしまうので・・・・。

果たして今回はどんな釣行になったのか?

根回りのポイントをランガン

スローに誘ってカレイをキャッチ

とりあえず最初は沖にかなり険しい根があるポイントをチョイスしました。
下手にルアーをキャストするとすぐにルアーをロストする可能性が高いスポットなんですが、根の位置は把握済み。

根掛かりしにくい場所を丁寧に・広範囲を釣り歩いていきます。

先発はエコギアのバルト3.5インチをチョイスしました。

所々に岩が沈んでいるので、上向き仕様のzizaiアシストでスタート。

周囲に釣り人の姿は全くと言っていいほど無く、遠くに餌釣りの方が1名。
これなら広々釣りができて良いですね★

潮の通り具合をチェックしますが、底潮は微妙に動いています。
ベストな状態には遠いですが、スカスカではないのでまだマシかなぁ。

潮をうまく当ててルアーを浮き上がらせ、スローに誘っていきます。
ほぼただ巻きに近いリフトフォールをメインに、フワフワとスイミングさせていく感じで・・・・。

1キャストずつ歩いて移動しつつ釣っていくと、釣り開始10分ほどで違和感。

フォール中にモゾッと何かが触り、そのまま巻き上げると追い食い。
合わせを入れるとまずまずな引きですが、重量感はあまりない。

素早く寄せてくると、釣れたのは久々のアカガレイ。
サイズは40チョイ位でした。

アカガレイを釣ったのはかなり久しぶりでしたね。

スマホを車に置き忘れてしまったので、そのままリリースして釣りを再開します。

駆け上がりの斜面を探ってヒラメ

ここで一度車に戻ってスマホを取り、釣りを再開。

そのままどんどん釣り歩いていき、根と微妙に海底が掘れた地形の場所を発見しました。
ここは絶対に魚が着く場所なので、少しスローダウン。

潮の角度を計算して駆け上がりの斜面を中心に探っていきます。

すると、数投目でアタリがあり・・・

バルト ヒラメ

今度はヒラメをキャッチしました。
これでボウズ逃れ成功です。

結構良い感じのスポットだったのでもう1匹くらい釣れるかと思ったんですが、その後は完全無反応。
少し他の場所を見ておきたかったので、ここでポイント移動します。

シャローの根回り狙い

外道のアタリ活発

次にやってきたのは、水深がかなり浅めな根回りですね。
ここも下手にルアーを入れるとロストする場所。

さっきの場所よりも水深が浅くてボトムを擦りやすいのでルアーチェンジ。

空気抵抗が小さくて遠投が効きやすいグラスミノーLをシンプルなシングルフックのジグヘッドで使います。
今回は静ヘッドをチョイスしました。

クロダイやキビレも意外と釣れるポイントですが、果たして・・・・。

このポイントも潮は少し動いていて、何とか釣れそうな雰囲気はあります。
ボトムギリギリ~50cm位までのレンジをただ巻きメインで探っていきます。

すぐにコツコツっと微妙なアタリがあり、合わせるとヒットしたのは30cm位のイシモチ。
近年はニベばかりになっていたので、久々にイシモチを釣りましたね。

ノータッチでリリースして釣りを再開しましたが、またすぐに反応が。
フォール中にガツンと良い感じに食ってきましたが、ゴツゴツっという下品な引き。

嫌な予感がしていましたが、釣れたのは30cm後半ほどのサバフグ・・・・。
釣れたフグの後ろに2匹ほど追尾してきたので、これはヤバそうな感じ(-_-;)

フックをすっぽりと呑まれてしまって外すのが大変でした。

リリースし、フグが居ると嫌なので100mくらい一気に歩いて移動。

ラストにマゴチをキャッチ

少し歩いて小移動し、釣りを再開します。

ベイトの気配は全くないので、いつもよりも更にスローに・無駄な動きは与えません。
ジックリとただ巻き&テンションフォールの組み合わせで誘っていくと、着底寸前で「ゴッ」とバイト。

合わせを入れると無事ヒットしましたが、手前に魚が走ってきているパターン。

一気にリールを巻いてテンションを掛けていくと、足元で良い突込みを見せましたね。

マゴチ 釣果

今度はマゴチをキャッチしました。
上あごガッチリ、シングルフックはこうやって掛かれば絶対にバラさないのがメリットですね。

その後10分くらい投げ続けましたが釣れる気配はしないので、これにて撤収。

今日は色んな魚が釣れましたが、釣れ方としてはあまり良くないですね。
秋の魚影が濃い時は、ある程度経験を積めば1投~数投以内に狙って釣れることがかなり多くなります。

しかしそこまで魚を追い詰めることはできておらず、キャスト回数が増えていますね。

多少ヒラメの接岸は進んでいるようなので、もう少しまとまって寄ってきてくれればいいですね。

使用タックル

  • ロッド:シマノ 21ネッサXR S104M
  • リール:シマノ 21ツインパワーXD 4000XG
  • ライン:メジャークラフト 弾丸ブレイドX X8 1号+DUEL ハードコアパワーリーダーCN6号
  • ルアー:エコギア バルト3.5インチ+エコギア サーフヘッド20g(zizaiアシスト仕様)、グラスミノーL+静ヘッドなど

おすすめ関連記事

静岡サーフのヒラメ釣り解説

ヒラメ 開拓 条件 静岡サーフのヒラメ・マゴチ釣り 攻略のための基礎講座!

ヒラメ釣り初心者講座

ヒラメ 開拓 条件 ヒラメが釣れない・初心者のための基礎講座【月間100枚以上釣った実績あり】

月間100枚以上のヒラメ・マゴチを釣り上げた経験をもとに、基礎知識を紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です