静岡サーフヒラメ・マゴチ釣行。連続バラシで青物に癒される

イナダ 釣果

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回もデイゲームでサーフへヒラメ・マゴチを狙って釣行してきました。

 

ここのところマゴチは良い感じで釣れているんですが、ヒラメはソゲサイズしか釣れてません・・・・。

 

かなり水温も下がってきたので、そろそろヒラメも接岸してきておかしくないはず。

なのでちょっと離れたポイントに狙いを変え、ヒラメの様子を見てみることにしました。

 

果たして今回はどんな釣行に?

 

▼【おすすめ関連記事】ヒラメが釣れない・初心者のための基礎講座

ヒラメ 開拓 条件

ヒラメが釣れない・初心者のための基礎講座【月間100枚以上釣った実績あり】

2020年4月29日



横風爆風の静岡サーフ

かなり風が強い予報でしたが、ギリギリ釣りになりそうな感じなので強行です。

風は強くてもウネリは出ない予報なので、底荒れさえなければフラット系は狙えるはずなんですが・・・・。

爆風+速い潮の流れに苦戦

とりあえず狙いのポイントに到着しましたが、周囲には釣り人ゼロ・・・。

風は予報通り非常に強く、若干追い風気味の横風が7~8mくらいですかね?

 

こうなってしまうと遠投して沖のポイントを探るのは無理なので、岸近くのブレイクを中心に攻めてみます。

 

とりあえず先発はパワーシャッド5インチ+フラットジャンキージグヘッドSSの21gの組み合わせで。

 

最近はポイントによってフグが多いスポットがあったりするので、そういう場所ではワームは使えません。

 

とりあえず正面に投げて潮の具合を見てみますが、風とは逆方向にかなり潮が走っていますね。

こうなってしまうとかなりシビアにキャストする角度を決めていかないと釣りにくいので、ちょっと難しい釣りになる予感が(-_-;)

速めのリーリング+ストップの釣りで良型ヒラメがヒット

風が強くて潮もかなり走っている状況なので、ラインスラッグは極力出したくない。

さらに潮の影響でスローに巻くとボトムをズリズリ擦りやすいので、ここは緩急を強めに出してルアーを確実にボトムから浮き上がらせます。

 

ロッドを操作するとスラッグが出やすいので、リーリングによるアクションでワームを操作します。

 

速巻きでリールを2回転~4回転ほど巻き、ピタッとリーリングを止めてストップアンドゴー(リフトフォール)で探る。

幸いにもフグのアタリはなく、ワームがカジられないので良かったです。

 

サーフは誰もいないので、ランガン気味に探っていきます。

 

岸から30mくらいの場所に緩いブレイクがある感じなので、狙うのはその周辺かな?

1時間近く強風の中釣りを続けたんですがアタリはなく、ひたすら歩いて広範囲を探ってみる。

 

かなり風が強いので少し心が折れかけていたんですが、丁寧に探り続けると駆け上がりの手前でコツンとバイト。

風が非常に強い中でのフォール中のバイトだったので疑心暗鬼だったんですが、ラインを張ると穂先に重みが。

 

すかさず合わせを入れるとそこそこな重量感があり、「ヌーッ」という重量感で手前に走ってきます。

一瞬エイの予感がしたんですが、そのままテンションを強めに掛けてリールをグリグリ巻いてくるとガツガツという首振り。

 

そこそこな型のヒラメっぽい引きなので、バラさないように強めにテンションを掛けてフックを確実に貫通させます。

しばらくやりとりして上がってきたのは70チョイ位のヒラメ。

この時期にしては十分良いサイズ。

 

フッキング位置を見ると、ワームがすっぽりと口の中に入っているのでこれならバラさないかな?

 

波の状態を見てズリ上げるタイミングを探っていると、水面付近でヒラメ特有の細かなヘッドシェイク。

何となく嫌な予感がしたんですがテンションを掛け続けて我慢していると

「フッ・・・」

完全に飲まれていたはずなんですが、バラしましたね。

 

そのままヒラメは波打ち際に沈み、ジーッとしている(笑)

もしかしてタモで掬えるかもしれないと思い、そっとタモを伸ばして波打ち際に立ち込んだんですが、気づかれて猛ダッシュで逃げられました。

 

せっかくの久々な良型ヒラメだったんですが、まぁバラしてしまったものは仕方ない。

 

気を取り直して次を狙います。

すぐにマゴチがヒット!

とりあえず駆け上がりの周辺に魚が居るのは間違いなさそうなので、ショートキャストで怪しい場所を集中砲火します。

 

キャストする角度にも注意しつつ探っていくと、数分後にまたバイト。

 

合わせを入れると今度はマゴチの首振りがあります。

潮に乗ってテンションが抜けそうになるので、リールを一気に巻いて応戦。

 

しかし、10秒くらいやり取りしたら「フッ・・・」とまたバラす。

どうやら今日はこんな日らしい。

 

ここで心が折れたので、狙いを変えてみます。



ワカシ~イナダは好調!

フラット狙いは終了し、ボウズ逃れに青物を狙ってみる。

ベイトの気配はないものの、最近はプラグで楽に釣れるので今回もそのパターンで。

 

最初はぶっ飛び君95Sを使い、岸近くに反応が無くなったらジグに変えて探ると案の定ワカシ・イナダは釣れますね。

イナダ 釣果

サーフ・テトラを釣り歩いてみましたが、潮がぶつかっているスポットを通すと割とイージーに釣れるパターン。

 

青物は数匹キャッチし、とりあえず満足したので今回は終了。

これでヒラメとマゴチも釣れていれば文句なしだったんですが、そううまくはいかないものですな。

 

使用タックル

  • ロッド:ジークラフト セブンセンスTR モンスターサーフ MSS-1052-TR
  • リール:シマノ 18ステラ 4000XG
  • ライン:よつあみ ボーンラッシュWX8 1号+サンライン ブラックストリーム6号
  • ルアー:エコギア パワーシャッド5インチ、オーシャンルーラー ガンガンサーフフラッター30g、ジャンプライス ぶっ飛び君95Sなど

おすすめ関連記事!

▼ぶっ飛び君95Sをインプレ!

ヒラメ シンキングペンシル 大きさ

ジャンプライズぶっ飛び君95Sをインプレ。ヒラメ・シーバス・青物全対応型シンペン!

2020年5月31日

▼【月間100枚以上の実績】ヒラメが釣れない・初心者のための基礎講座

ヒラメ 開拓 条件

ヒラメが釣れない・初心者のための基礎講座【月間100枚以上釣った実績あり】

2020年4月29日

▼静岡サーフのヒラメ釣りガイド

ヒラメ 開拓 条件

静岡サーフのヒラメ・マゴチ釣り 攻略のための基礎講座!

2019年6月10日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です