デスアダーをヒラメ狙いで使う際の使い方・セッティングを紹介

デスアダー

さてさて、今回はデプスから発売されているバス用のワーム

デスアダーをヒラメ釣りに使う際の使い方や、フックのセッティング方法を紹介しようかなと。

デスアダーは独特な存在感と動かない波動で、ナチュラルにヒラメに誘いを掛ける事が出来るワーム。

先日デスアダーについて質問を頂いたので、私なりの使い方など基本的な部分を解説。

ちょっと取っ付き難いボリュームとアクションだけど、信じて使う事が出来るとかなり強い武器になるワームなんだよね!

食い渋ったヒラメや良型狙いで効果があるんで、良かったら参考にしてみて欲しい。




デスアダーをヒラメ釣りに使う際のチェックポイント!

まずは私がデスアダーを使う際、意識している事や押さえておきたいポイントをまとめておきます。

デスアダーを使う際のポイント!
  • 何インチを使うのか:基本は6インチ。型狙いなら8インチもアリ
  • 使用するジグヘッド:ファイアヘッドがおすすめ
  • フックサイズ:最低でも#5以上。アシストフックを使おう
  • アクション・使い方:基本は無駄に動かさない事!

デスアダーを使う際はこんな点に注意してみると、ヒラメ狙いで効果を発揮すると思う。

それぞれの項目について、少し詳しく解説していきましょう。

ヒラメ釣りではデスアダー6インチを基本に!

デスアダーは色んなサイズがあり、何となく小さいサイズの方が安心感があるように思えるかもしれない。

でもね、デスアダー5インチ以下を使うのであれば、

デスアダーを使う必要はないんです。

他にも似たようなピンテール系のワームはあるし、代用が効くからデスアダーにこだわる必要はない。

デスアダー独特の存在感を活かすのがやはり一番必要なわけで、そうなると6インチが一番バランスが良い。

ヒラメ釣りでは若干大き目のサイズにはなるが、実際に使ってみると40cm位の小型のヒラメから普通に釣れてきます。

より存在感を出しつつナチュラルに誘いたいならデスアダー8インチ、いわゆるデス8も全然アリですね!

ただし、飛距離の問題やフックセッティングが多少面倒になるので、私の場合は最近使わないかな。

ヒラメで使うのであれば、まずはデスアダー6インチを使ってみると良い。

飛距離と着底感を重視したジグヘッドを使う

デスアダーはボディーが大きく、小さめのワームと比較すると風が吹いた時などに飛距離が出にくい。

追い風の時なんかは空気抵抗が少ないから結構飛ぶんだけど・・・。

なので、使用するジグヘッドは飛距離重視のものを選ぶのが私的にはおすすめ!

私の場合、デスアダーを使う時はカルティバのファイアヘッドを合わせて使うのが定番のパターン。

市販のジグヘッドの中ではトップクラスの飛距離が出るので、デスアダーの弱点を上手く補うことが出来る。

ワームの浮力が高くなると、着底の感覚もぼやけやすい。だからタングステン素材の沈下速度が速いジグヘッドはデスアダーに良く合う。

デスアダーに合わせるフックサイズ

デスアダー6インチ以上を使用する場合、フックサイズは最低でも#5以上。

私の場合はめんどくさがりなので、他のワームと流用が効くフロントフック#4、リアフック#5(いずれもSTX-45ZN)を使う事が多いんだけど、別にリアフックも#4で良いかな。

デスアダー フック

ちなみにフロント#4、リア#5のセッティングだとこんな具合。

フックサイズは大きすぎず小さすぎずといった所ですが、大きい針が好きな方はもう1サイズ上げても問題は無し。

なお、デスアダー8インチを使う時はフックを3本針仕様にした方がフッキング率が高まるね。

なお、ジグヘッドに付属のシングルフックは折ってしまってもOK。

ワームを真っすぐ刺すのが苦手な方は、フックを折った方がワームセットが楽になる。

デスアダーでヒラメを狙う際の使い方・アクション

デスアダーを使う際の注意点は1つだけ。

必要以上に動かさない事!

基本はボトムをとり、ボトムから50cm位までのレンジをスローに巻き巻き・・・・。

ロッドでアクションを多少付けても良いけど、その際はほんの少しルアーの頭の向きがちょっと変化する位でOKです。

基本的には全くロッドは動かさず、リールをテロテロとスローに巻く。

デスアダーがボトムを擦らないギリギリのレンジを引くイメージで!

ハンドルを2~10回くらいスローに巻いたら、スッと巻くのを止めてフォール・・・

この時、自分の場合はフリーで落とし込むというよりはテンションフォールで優しく落とし込んでいくイメージかな。

すると、着底寸前でコツンとアタリが出たり、ボトム着底からの巻き出しで追い食いしてくるので重みが乗って来ます。

活性が高い時はリーリング中にバイトも出ますが、低活性の時期などは着底に絡めた時に小さなバイトが頻発するので要注意。

デスアダー6インチ ヒラメ

基本は即アワセでOKですが、ショートバイトが多発して掛からない時はアタリが有ってもリールをそのまま巻き、巻きアワセ気味にしても大丈夫。

変に違和感を与えなければ、ヒラメやマゴチはすぐにワームを放したりはしないので。



対ヒラメ用デスアダーのカラーセレクト

私の場合、バス用に買って在庫が残っていたデスアダーを使っているので、微妙な色を使っている状態です(笑)

それでも普通にヒラメは釣れますが、ヒラメ用にデスアダーを購入するならもう少し目立つカラーの方が釣れそうな気になれると思う。

パールグリッター

私が以前ヒラメ用にデスアダーを頻繁に使っていた時のメインカラーですね!

ホワイト系のローライト時や濁りの入った時にも使えるし、日中の澄潮の時なんかにも意外とラメが水に馴染むカラー。

とりあえずこのカラーを中心に組み立てておけば、ヒラメやマゴチは何とかなるかなと。

ホワイト系があまり好きでないという方は、ピンク系でもOK。

澄潮の時はラメが多いパールグリッターの方が何となく好きですが、ピンクも汎用性が高いヒラメ釣りでは定番のカラーですね。

どちらも実績は十分です。

ブラック系

ホワイトやピンクといったヒラメ用定番カラーの反対色。

ブラックは水の中でコントラストが強く、ハッキリ出るのが特徴ですね!

フラットフィッシュ用のカラーとしてはちょっとマイナーですが、実際にブラックやパープルといった強めのカラーのルアーはかなり良く釣れる。

ブラック ルアーカラー

特に他の色でミスバイトがあった時や、日中の潮が動かない厳しい状況下に使ってみると1本拾えたりしますね♪

別に真っ黒でなくてもOKで、スカッパノンなどでも若干ナチュラルになるものの流用は可能です。

とまぁこんな感じで、デスアダーでヒラメを釣りたいのであれば、1~3色ほどカラーを持っておけばもう十分すぎるかと。

以上、ヒラメ釣りにデスアダーを使う際の使い方の基本講座でした。

それでは、今回はこの辺で。また明日会いましょう!

▼ヒラメ用ジグヘッドの選び方・おすすめアイテムを紹介【全て実釣済み!】

ヒラメ ジグヘッド おすすめ

>>ヒラメ用ジグヘッドの選び方・おすすめワームを紹介!【全て実釣済み】

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です