7月の静岡チニング釣行 良型クロダイ・小型のキビレの釣果

静岡 クロダイ 釣果

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、先日はクロダイを狙ってチニングへ行ってきました。

前日にまとまった雨が降り、濁りが広がっていることが予想されます。
時期的には小さいキビレがメインになってしまって、中々厳しい時期ですが、雨後のパワーでクロダイが釣れる可能性が高くなるんじゃないかなと。

果てして今回はどんな釣行になったのか?

クロダイの食いが活発

とりあえず濁りが入っていそうなエリアをチョイスし、ランガンで探りを入れてみます。

釣り開始直後に大型ヒット

釣り場に到着すると、そこそこ強い濁りが広がっています。
水深がやや深めな場所なので、シンカーは10gをチョイスします。

ワームはケイテックのスイングインパクトの3インチ。

使うワームはそこまでこだわりは無いですが、表層付近にベイトの姿が見えたことと、濁りが入っていたので、シャッドテールワームで少し波動を出して探ってみます。

とりあえず沖にワームをフルキャストして様子を見ると、底潮はチョロチョロ流れています。
もう少し早く流れていた方が期待は大きいですが、まぁ何とかなりそうです。

ズル引きと1~2回ほどの素早いロッドアクションをコンビネーションさせて探っていきます。

ここは沖に駆け上がりがあり、その斜面にクロダイやキビレが付く場所。
何もないフラットエリアはズル引きメインでステイもあまり入れず、怪しい場所に入ったらスローダウンして丁寧に誘います。

時々良い感じの引っ掛かりを感じつつ、斜面でステイ&細かい跳ね上げで誘っていると、さっそくアタリ。

コツコツッという感触の後、抑え込むような感触。
これは大型のクロダイの可能性が大なパターンですね。

少し食い込ませてから強めに合わせを入れると、重たい感じの引き。

重量感がある引きでドラグを出しつつ、ゆっくりやり取りします。

駆け上がりさえクリアしてしまえば、特に根ズレするような場所ではないので、ゆっくりやれば大丈夫なポイントです。

引きを楽しみつつ寄せてくると、濁りの中上がってきたのは50くらいのクロダイ。
結構コンディションが良くて腹がパンパン、2キロチョイ位ありそうな感じですな★

結構元気に引くので、うまくいなしつつ、タモ入れするタイミングを計ります。

落ち着いたところでタモを伸ばそうかと思ったんですが、その瞬間にテンションが抜けました(-_-;)

見た感じはガッツリ掛かっていそうな感じでしたが、バラシですね・・・・・。

とりあえず狙い通りに食ってきたので、まぁいいか。

やはり濁りがあると、普段なかなか釣れない静岡中部のクロダイはチャンスがUPしますね。

良型クロダイをキャッチ

幸先良く大型のクロダイを掛けたもののバラしてしまいました。

フックをチェックしても特にダメージは受けておらず、すぐに釣りを再開します。

沖の駆け上がりをテンポよく打って行くんですが、アタリはそこそこあります。
しかし、大半が手のひらサイズのチヌらしく、アタリが軽くて掛けられるようなものはほとんどありませんでした。

ランガンしながら釣っていくと、過去に実績のあるスポットに到着。
沖のピンスポットに少し高い根があるんですが、ここはチヌが良くつく場所です。

立ち位置を決めてワームをキャストすると、狙い通りのスポットにワームが入りました。

気を抜くと根掛かりするので注意しつつ、チョコチョコと誘いを掛けると「ゴツン」と明確なアタリ。

そのままひったくられたので合わせを入れると、これもまずまずな重量感。
先ほどのクロダイよりは少し軽いですが、重量感があってよく引きますね★

今度はカンヌキの一番硬い場所をフックが貫通しているのを確認できたので、ゆっくり・確実にキャッチしました。

静岡 クロダイ 釣果

45~46くらいですかね。1kg中盤ほどのクロダイでした。

キビレのクイックな走り回る引きも楽しいですが、クロダイの重たい引きも良いですね★

とりあえずこれで狙い通りクロダイをキャッチしたので、大きくポイントを移動してみることに。

小型のキビレ活発

先ほどよりも少し水深が浅めな場所に移動してきましたが、こちらも濁りはありますね。
雨のためかかなり潮位が高く、岸壁と水面が普段より近いです。

水深はだいたい3mくらいの場所なので、シンカーを7gに変えました。
ワームもハリーシュリンプにチェンジします。

私の予想では、小型のチヌが多い気がしますが、運が良ければ良型も単発で出るはず。
ここはズル引きとステイをメインに、ロッド操作はあまり与えずに探ってみます。

釣りを開始するとすぐにアタリがありますが、やはりチビレかな?

カツカツカツッという細かいアタリはあるものの、なかなか食い込みません。
掛けられないようなアタリは無視し、しばらくランガンしていくと、ようやくヒットしました。

キビレ釣果

やっぱりかわいいサイズのキビレでしたね。
初夏の定番サイズです。

静岡 キビレ 釣果

その後もずっとアタリは続きますが、釣れるのはこのサイズ・・・・。
20cmそこそこのチビレが沢山いるらしく、その後も全くサイズアップはせず。

少し潮の通りが弱かったものの、条件的には悪くないはずなので、やはりまだ良型キビレは少ないんでしょうね。

とりあえず今回はこんな感じ絵、クロダイ1枚と小型のキビレを何枚か釣ったところで終了しました。

使用タックル

  • ロッド:ジャクソン オーシャンゲートLGMIX 74L-K ST
  • リール:ダイワ21フリームス LT2500S-XH
  • ライン:よつあみ ボーンラッシュWX8 0.6号、サンライン ブラックストリームプラズマ2.5号
  • ルアー:ボトムアップ ハリーシュリンプ3インチ、ケイテック スイングインパクト3インチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です