赤羽根漁港の釣り場・ポイント徹底解説!

赤羽根漁港

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は渥美半島にある田原市赤羽根漁港の釣り場解説をやっていきましょう。

赤羽根漁港は田原サーフの中にある中規模な漁港で、キスやクロダイ・ヒラメなどが狙えるポイント。

サーフの釣りよりも堤防釣りの方が初心者の方にはなじみやすく、お手軽に釣りが楽しめますね。

  • 釣り場の様子
  • 釣り場の水深・地形
  • 釣れる魚
  • 周辺施設など

これらについて解説していくので、参考にしてもらえたら嬉しく思います。

※釣り場は場合によって立ち入り禁止などになっていることがあります。その際は現地の表示に従って行動してください。
紹介する内容は取材当時のものになります。

赤羽根漁港の釣りポイント

赤羽根漁港 釣りポイント図
  • 西提
  • 西提先端付近(テトラ帯)
  • 東提先端付近
  • 東提東向き
  • 漁港内

上記のポイントに分けて解説していきます。

西提

釣り場・ポイントの様子

赤羽根漁港 西提 釣りポイント

赤羽根漁港の西提の付け根からの眺めです。

向かって右側が外洋になります。

西提はテトラが入っている場所が多くなります。

赤羽根漁港 西提 釣りポイント

堤防を先端側に進むと、外洋側はテトラ帯になっています。

テトラに乗って釣りをすることも可能ですが、難易度はやや高め。

赤羽根港 西提

西提の内側は砂が堆積していてビーチになっています。

水深は浅いですが、投げ釣りでキスやセイゴなどが狙えます。

この日の港内は工事中、船が東提方面で作業していました。

水深・地形

今回は西提の折れ曲がった場所から外洋方面に向かって魚探掛けを行いました。

赤羽根漁港 西提 水深 地形

テトラの際から35mほどの地点で水深は3.5m前後。

遠浅のサーフの間にある漁港なので、水深は浅いですね。

沖合から手前に寄るにつれて細かい起伏がありつつ、なだらかに浅くなっていきます。

手前には沈みテトラが入っているので、根掛かりしないように要注意。

底質は細かい砂底の場所がメインですね。

西提先端付近のテトラ帯

釣り場・ポイントの様子

西提を先端方面に進んでいくと、堤防は非常に細くなってテトラ帯になります。

西提 テトラ帯 釣りポイント

一応歩けるように足場があります。

テトラは丸形で乗って釣りをすることはできますが、安全装備はキッチリ揃えて臨むこと。

赤羽根漁港 西提 テトラ帯

テトラ帯から対岸側、東提の眺めです。

この日は冬の日中ということもあって付近に釣りをしている方はゼロ。

根魚やクロダイ狙いに適した釣り場が広がります。

水深・地形

赤羽根漁港 西提テトラ 水深 地形

テトラから外洋側に向かって魚探掛けを行いました。

35mほど離れた地点で水深は4m前後ですね。

沖側に進んだ分若干深くはなりましたが、それでも地形としては遠浅。
なお、内側の航路に向かって魚探掛けをしても結果は同じような感じで、35mほどの地点で水深は4m弱。

底質は砂泥底の場所が多く、オモリを引いてみると沖合でゴツゴツするような場所はありませんでした。

東提

釣り場・ポイントの様子

東提は西提よりも釣り座が広く、赤羽根漁港のメインポイント。

赤羽根漁港 東提 釣りポイント

東提はT字状になっていていて、2手に分岐します。
まずはまっすぐ沖に進んだ灯台がある方面から見ていきましょう。

赤羽根漁港 東提 先端 釣りポイント

東提の外向き~先端にかけてはテトラが入っています。

内向きはオープンになっていて、時期になると釣り人が並ぶポイントです。

赤羽根漁港 東提 テトラ

この日は根魚狙いらしき釣り人が数名居ました。
ブラクリ仕掛けの餌釣りで狙う方、ワームを使って狙う方の両方が居ました。

私が見ている限り、魚が釣れている気配はありませんでしたね。

テトラは場所によって斜面が結構キツかったり、隙間が空いているので釣りやすい範囲は限られています。

水深・地形

まずは堤防から外洋・東に向かって魚探掛けをしました。

赤羽根漁港 東提 水深 地形

テトラから沖合35mほどの地点で水深は4m~4.5mほど。

そこから手前に寄るにつれ、水深が徐々に深くなっていく地形になっています。

沈みテトラの向こう側で水深は5.5m前後まで落ち込んでいます。

かけ下がっていく地形の場所は魚が足元付近に溜まることも多いので、近場もしっかり狙いたいところ。

なお、魚探画像の右端の反応は沈みテトラによるものです。

次は、堤防の先端付近から内向きの航路に向かって魚探掛けを行いました。

赤羽根漁港 東提 水深 地形

堤防から35m付近で水深は4mほどと、西提側と同じような感じですね。

底質は細かい砂泥底、手前は捨て石・沈みテトラが入っています。

東提東向き

釣り場・ポイントの様子

次はT字状になった東提を左に曲がり、東方面に進んだポイント。

赤羽根漁港 東提 東向き 釣りポイント

向かって左側がサーフになっていて、右側はテトラが入っています。

テトラ帯 釣りポイント

テトラの形は場所によって変わっています。

赤羽根西海岸

海岸はワンド状の地形になっていて、サーファーが多いです。

この日は遠くにヒラメ狙いらしきルアーマンの方が2名ほど居ました。

綺麗な砂浜でロケーションが非常に良いですね!

水深・地形

堤防の先端から魚探掛けを行いました。

赤羽根漁港 東提 東向き 水深 地形

こちら側もかけ下がる地形をしているのが特徴的ですね。

堤防から35mほどの地点で水深は6m前後。

手前に寄ると徐々に深く掘れていて、沈みテトラ・捨て石の向こう側で7.5mほどまで落ち込んでいます。

更に手前に寄ると斜面が形成されていて、一気に浅くなっていきます。

手前側はかなりゴツゴツしていて硬い反応になっているので、根掛からないように注意が必要ですね。

漁港内

赤羽根漁港 漁港内 釣りポイント

赤羽根漁港の港内ですが、防波堤によって外洋の影響を受けにくく、穏やかです。

潮通しはあまり良くなく、全体的に浅いので釣りを楽しむ方は少なめ。

小さな流れ込みがあったりして、セイゴやハゼなどが狙えます。

釣り場としては、潮通しが良い防波堤方面の方が圧倒的に人気。

赤羽根漁港で釣れる魚

  • キス
  • イシモチ・ニベ
  • アジ・イワシなどの小型回遊魚
  • クロダイ
  • ヘダイ
  • メジナ
  • シーバス
  • ヒラメ
  • マゴチ
  • カサゴ
  • メバル
  • アイナメ

  • キス
  • イシモチ・ニベ
  • アジ・イワシなどの小型回遊魚
  • クロダイ
  • ヘダイ
  • メジナ
  • ブリ
  • カンパチ
  • シーバス
  • マゴチ
  • カサゴ
  • アイナメ

  • キス
  • ハゼ
  • イシモチ・ニベ
  • アジ・イワシなどの小型回遊魚
  • クロダイ
  • ヘダイ
  • メジナ
  • シーバス
  • ヒラメ
  • マゴチ
  • カサゴ
  • メッキ
  • アイナメ

  • キス
  • イシモチ・ニベ
  • アジ・イワシなどの小型回遊魚
  • クロダイ
  • ヘダイ
  • メジナ
  • シーバス
  • ヒラメ
  • マゴチ
  • カサゴ
  • メバル
  • アイナメ

おすすめターゲット・釣り方

キスの投げ釣り

サーフに隣接している赤羽根漁港は堤防からの投げ釣りでキスやイシモチ・セイゴ・小型のクロダイなどが狙えます。

春~夏がキスの接岸が活発になるので、初心者の方は暖かい時期に釣行するのがおすすめ。

釣れた小魚を泳がせておくと、マゴチやヒラメ・クロダイなが釣れることもあります。

サビキ釣り

赤羽根港の沖に伸びた防波堤は回遊魚狙いの好ポイント。

アジやイワシ・サバなどが狙えます。

夏~秋にかけては、小型回遊魚を追ってブリやカンパチの幼魚が接岸することもあります。

根魚釣り

防波堤のテトラ帯は根魚釣りの方をよく見かけますね。

メインターゲットとしてはカサゴですが、アイナメが釣れることもあります。

餌釣り・ワームを使ったルアー釣り共に釣果が望めますが、足場が悪い場所もあるので要注意。

駐車場・トイレ

  • 駐車場:あり
  • トイレ:あり
赤羽根港 駐車場
赤羽根港 駐車場

駐車場はあかばねロコステーション方面の海岸線沿い、西側の漁港内などにあります。

赤羽根 路上駐車

周辺は路上駐車厳禁。
サーファー含め、ルール・マナーを守ること。

赤羽根港 トイレ

なお、どちらの駐車場にもトイレが併設されています。

アクセス

国道42号線から道の駅あかばねロコステーション「〒441-3502 愛知県田原市赤羽根町大西32−4」を目指す

釣具店

フィッシングみしま

  • 住所:〒441-3502 愛知県田原市赤羽根町東瀬古62−1
  • 電話番号:0531-45-2617
  • 営業時間:9:00~19:00

渥美釣具センター

コンビニなど

道の駅 あかばねロコステーション

ローソン 田原赤羽根中学校前店

  • 住所:〒441-3502 愛知県田原市赤羽根町出口122−1
  • 電話番号:0531-45-3633
  • 営業時間:24時間

近隣の釣り場

赤羽根海岸・太平洋ロングビーチ

赤羽根西海岸 釣りポイント

赤羽根漁港の東側にあるサーフが赤羽根海岸・太平洋ロングビーチ。

西側は赤羽根西海岸・東側は大石海岸・弥八と呼ばれます。

サーフィンポイントとしてかなり有名ですが、キスやヒラメなどが狙えます。

堀切海岸

堀切海岸 釣りポイント風景

堀切海岸は田原サーフを代表するポイント。

キスやヒラメ・マゴチ・青物などが狙える人気ポイント。

一年を通じて釣り人を見かける釣り場ですね。

▼詳しい解説は【堀切海岸の釣り場・ポイント徹底解説】を参考にどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です