10月10日更新分 ビーチ・小磯のライトゲーム五目!

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は内湾のビーチ・小磯のポイント開拓をかねてライトゲーム五目釣行へ行ってきました。

大物狙いにはあまり向いていないポイントですが、手軽にメッキなどを狙うなら釣果が期待できそうな場所が何か所かあるので、それらの調査ですね!

朝マズメが終わるくらいの時間帯からゆっくりと釣りを開始しました。

内湾のビーチは魚の気配薄く・・・

とりあえず最初に選んだのは、夏場は海水浴場として利用されている内湾のビーチですね。

水が超綺麗で釣りをするだけでも気持ちよさそうなポイントですが、果たしてどうかな?

遠浅のビーチなので、使えるルアーは限られます。

磯に隣接しているので、チヌの期待ができそうなのでここはポッパーで。

先発は五目狙いで使い勝手が良いターンポップをチョイス。

ワンテンポのポッピングでどんどん釣り歩いて行きます。

ルアーがキャストできる場所は水深60~70cmくらいしかありませんが、メッキやチヌなら問題なく釣れるはず・・・。

テンポよくランガンして釣り歩いてみたものの、ベイトフィッシュの気配が皆無だし、沖にちょっとした沈み根などの地形変化も乏しい感じ。

綺麗なビーチで魚が釣れたら最高だなぁと思っていたんですが、そう簡単には行かずに反応ゼロで撃沈。

マズメの時間が終わった後ということもあるのかもしれませんが、これは見切った方が良いですね。

深追いはせず、次のポイントへ!

遠浅な小磯狙いでトップウォータープラグにまさかの・・・

次にやってきたのは、堤防の脇にあるちょっとした小磯。

堤防の方は青物が釣れたりするんですが、磯の方はこれまで釣りをやったことはありませんでした。

ここも遠浅気味なポイントですが、最初のポイントと違うのは沖に根が沢山あること。

根周りを中心にターンポップで探りを入れると、しばらくしたところでポッパーの後方に黒っぽい影が★

チヌかと思ったんですが、少しポーズを入れて食わせの間を作ると「スッ」とポッパーが静かに海中に引き込まれました。

巻き合わせ気味にフッキングすると、ジェット噴射!!

まさかのアオリイカが水面に浮くポッパーに反応して乗ったようです。

この時期としては中々良いサイズで、ドラグがジリジリ出ました。

沈み根に擦れないようにロッドを上にあげてやり取りしたんですが、掛かりが甘かったようでフックアウト・・・。

人生初のトップウォーターアオリイカは失敗に終わりました(笑)

その後は魚が釣れそうな気配はあるもののすぐには釣れず、30分くらい釣り歩いた場所で20cm弱のメッキがようやく釣れました。(小型だったのでノータッチでリリース)

このポイントではマイクロサイズのシラスっぽいベイトも結構居て、釣れそうな気配はあるんですけどね。

岬状のポイントを遠投してメッキ・チヌ連発!

そのまま釣り歩いて行くと、岬状に突き出たポイントにたどり着きました。

若干周囲よりも水深は浅めで、磯際から40mくらいの場所まで根が沈んでいます。

いかにも魚が餌を食うためのスポットといった感じですが、ポッパーだと遠投できないのでルアーチェンジ。

選んだのはテトラワークスのイカッコ。

見た目で損をしているルアーといった感じで、性能自体はレスポンスが良いメタルジグとシンペンの中間的な存在。

スローで巻いてもヒラヒラしっかり動き、軽いロッドアクションでイレギュラーな動きを発生させます。

イカッコを沖に遠投し、水面直下を小刻みなロッドアクションを与えながらリトリーブ&フォール。

このパターンで沖目のポイントを狙っていくと、数投目でフォール中に「ゴッ」とバイト。

合わせを入れると結構良い引きですが、遊んでしまうと根にラインが擦れるので一気に寄せます。

イカッコ メッキ

まずまずなサイズのメッキをキャッチ。

狙い通りのスポットで魚が出てくれると嬉しいですね。

ここはまだ魚が居るだろうと、沈み根の周りをピンスポットでキャストしていきます。

根の脇でフォールを入れたりしながら探っていくと、ルアーの後方に黒い影!

今度はアオリイカではなく、良いサイズのチヌです。

チヌはかなり興奮しているようで、イカッコを猛チェイス。

何度かトゥイッチを入れた後にフォールを入れると、引っ手繰るバイト。

すかさず合わせを入れてフッキングしましたが、ラインブレイクしそうな場所なのでヤバい。

立ち位置を変えたりしながら根ズレしないように注意しつつ、何度かドラグを出されましたが無事キャッチ成功。

チヌ イカッコ 釣果

背中盛り上がった体高がヤバいチヌでしたね。

夏の猛暑日が続いた時は、チヌが水面にポッカリとやる気なく浮いていることが多くてルアーにほとんど反応しませんでした。

しかし最近になって水温が程よく下がり始めると、ポッパーなどのトッププラグで毎回釣果が出たりと、反応が上向いてきています★

一番最近で実績が出ているのはポッパーですが、ミノーやメタルバイブなどでも釣れるので結構楽しいです。

逆にワームを使うと外道にやられてしまったり、効率が悪くなるので釣果が落ちるくらいですね。

裏ターゲットであるチヌも無事キャッチすることができ、新たなメッキ・チヌポイント開拓も進んで良かったです。

その後もイカッコで飽きない程度にメッキが釣れ続きました。

メッキ

サイズは20cm台前半~中盤くらいなので、ライトゲームタックルでは超楽しいですね。

潮通しが悪い場所では10cm台のメッキが結構多いんですが、潮通しが良い激流エリアや磯などを狙っていくと、サイズが伸びます。
後は激しい根周りも型の良いメッキが付きやすいですね。

結局そんな感じで、この小磯でメッキとチヌが十分釣れて満足したので車に戻ることに。

車に戻る途中にちょっとした堤防があり、近い場所に沈み根が見えたのでイカッコを落としてトゥイッチングで誘いあげると茶色い影が猛チェイス!

イカッコ キジハタ

キジハタが釣れました★
半分サイトフィッシングで釣れたので、非常にエキサイティングな瞬間でした。

今回はこれにて撤収しました。

イカッコは見た目が微妙なので、使ったことが無い方も多そうなルアーですね。
しかし、実際に使ってみると中々使いやすくて良い感じですよ!

普通のメタルジグよりもスローに巻いてもしっかりとヒラヒラ動き、ライトゲーム五目釣りで活躍します。

使用タックル

  • ロッド:ダイワ 月下美人AIRAGSメバリングモデル 78ML-S
  • リール:シマノ 22ステラC2000SHG
  • ライン:DUEL アーマードF+Pro 0.4号、サンライン ブラックストリームプラズマ 1.75号
  • ルアー:パームス ビットアーツターンポップ、DUO テトラワークスイカッコなど

おすすめ関連記事!

メッキ釣り初心者講座

メッキ釣り 入門 【ここからはじめる】メッキのルアー釣り入門! タックル選び~必要な基礎知識まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です