清水港エギング釣行 濁りに苦戦も新子をキャッチ!

さてさて、今回は午後からちょこっと清水港周辺へエギング釣行。

アオリイカのサイズも徐々に大きくなり始めてきたので、待ちに待った秋のエギングシーズンが到来してきましたね!

まだまだこれから本格化していきますから、まだ走りの段階ですが。

今回は前回と少し場所を変えてアオリイカの様子を見ることにします。

釣り場に到着してみると、思ったよりも水の色が悪い・・・・。

若干風は吹いているものの、それほど強い感じではないので問題はなさそう。濁りが気にはなりますが、とりあえずボトム周辺から探って反応を見てみることに。

潮の通りは良好

水深がそれほど深くない場所から釣りを始めるので、まずは3号のダートマスターで様子見。

カウント20程で着底が取れますが、潮は良い感じに流れていて感触としては良好♪良い感じにエギが沖に流されて行く感触だ。

イカが居さえすればアタリくらいは拾えそうですな( ̄ー ̄)

ボトムまでしっかり沈め、ソフトに3~4回ほどジャークを入れて探っていきます。まだ墨跡は見られず、エギンガーも周囲にはいない。

濁りはあるものの1杯くらいは釣れるんじゃないかと思っていたが30分が過ぎ、1時間が過ぎ・・・・。

まさかのアタリすら無い展開。

これはちょっとヤバいかもなぁと思い始めたが、潮の通りは悪くないので大きな移動はせずに釣りを続行。

立っているのが疲れてきたので、しゃがみ込んで殺気を消しながら釣る。

すると、よそ見していた時にグイーンとロッドが引っ張られた!!

ちょっと不意を突かれたが、体制を立て直してアワセ!

が、無念のすっぽ抜けである・・・・・。

エギを回収してチェックすると、背中に小さいながらも噛み跡が着いていた。その後も少し粘ったが反応が無く、ここで移動することにする。



水の澄んだポイントで・・・・

ちょっと水質的によろしくなかったので、次は多少水質が良さそうな場所を選んで釣り再開。

潮はあまり動いてはいないが、小型のベイトフィッシュやクロダイの姿が見える。沖に良い感じの駆け上がりがあり、その向こう側の深い場所をメインに狙う。

すると、開始2投目でアタリ!!

バシッとアワセを入れたが重たいだけ。若干のジェット噴射をはじめに感じたので、イカのはずだが。

重量感はそれなりにあるので、ゆっくり一定速で巻き上げてみる。

今シーズン初物のコウイカをキャッチ!

ちょっと水温が下がり始めたのか、コウイカの接岸も始まってきたようだ。

移動して幸先よくイカの反応が出たので、もしかしたらチャンスタイムなのか?

すぐに釣りを再開すると、またしてもコウイカらしい重たいだけの引きが!!

しかし、巻き上げ途中でフックアウト・・・・・。コウイカの巣なのか、ここは??

その後も少しずつ歩いてキャストする場所を変えつつ釣りを続行。

しばらくすると、ただ巻きでゆっくり中層を巻いていた時にガツンというバイト!!

明らかにイカではないが、とりあえず合わせを入れるとブルブルッという引き。結構重量感はあって小さくはなさそうだか??

ゆっくり一定速で巻いてくると、ヒットしていたのはイトヒキアジ。それも30cm中盤程の良型である。

足元まで寄せたんだけど、最後の抜き上げで首を振られてバラシ。思わぬゲストの登場だったなぁ。

粘ってラストに・・・

その後はしばらくアタリが無い時間が続いたが、徐々にベイトが浮き始めて水面付近で跳ねているのを確認。潮も若干効き始めた感じがあるし、ちょっと集中して釣っていく。

ここで3.5号のダートマスターにチェンジし、沖目を探る。

すると、すぐにかなり沖目のボトムギリギリでムニュっとアタリ!

合わせを入れると先程よりは引きがあるが、重量感はない感じ。

可愛いサイズの新子をキャッチ。前回よりもサイズが落ちてしまったな・・・・。

まだ粘ればチャンスはありそうなんだけど、とりあえず本命のアオリイカも小さいながらキャッチ出来たのでこれにて終了することに。

港の奥まった所はやはりサイズ的にはちょっと落ちる傾向があるかな?

使用タックル

ロッド:ダイワ エメラルダスストイストAGS 88LM-S

リール:ダイワ 18イグジスト LT3000S-CXH

ライン:ユニチカ  キャスラインスーパーエギングPEⅢx8 0.6号 + シーガーグランドマックスFX2号

エギ:デュエル EZ-Qダートマスター3号

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です