ジャッカル キビキビナーゴ 使い方・実釣インプレッション

さて、今回はアジングやメバリングで出番の多いワーム、ジャッカルキビキビナーゴの使い方や特徴、インプレッションをしていきたいと思います。

キビキビナーゴは結構昔から発売されているような気がしますが、特にアジングをする際に出番が多いワームです。

私の場合はアジアダー、チビキャロスワンプ、アジキャロスワンプ、そして新しく発売されたアミアミ、そしてこのキビキビナーゴをローテーションさせながら釣っていくことが多いです。

場合によっては味の強いエコギアアクア 活アジストレートやガルプ ベビーサーディンなどをここに加えていくような感じかな。

キビキビナーゴはこの中でも比較的コンパクトなシルエットで無駄が無く、とにかく良く飛んで良く沈み、良く動く!

こんな印象がありますね。

さて、前置きはこの位にしておいて早速ワームのインプレッションに入っていきましょう(*^^*)


ジャッカル キビキビナーゴ 特徴と使い方、インプレッション

さて、まずはこのキビキビナーゴを使うシチュエーションを解説していきますね。

キビキビナーゴを使うシチュエーション

①飛距離が欲しい時

キビキビナーゴはアジングやメバリング用のワームの中でも

比較的コンパクトで空気抵抗が少ないボディー形状をしていますね。

また、ボディーが水を受けて水流を生み出すようなものではなく、水を切ることを重視した設計になっています。

ボディーは3角形をしていて、無駄なパーツは何もついていません。

ボディーの長さも短いので、空気抵抗もかなり抑えられます。

実際に他のワームと投げ比べてみるとわかりますが、空気抵抗の大きいワームと比較すると圧倒的に飛距離が伸びていきます。

ライトソルトゲームで使うジグヘッドなどは軽量ですから、取り付けるワームの空気抵抗の大きさの違いによってかなりキャスティング性能が変わってきます。

以前紹介したジャッカルアミアミの場合はこんな風にボディにリブが付いています。

アミアミはボディー形状の割には良く飛ぶように設計されているワームだと思いますが、さすがに空気抵抗の少ないキビキビナーゴよりは飛距離は劣ります。

これは釣り場が制限されている岸からの釣りなどでは特に差が出ることがあって、遠投できることは釣果に繋がってくる場面も多いです。

②ベイトフィッシュが小型のシラスなどの時

アジやメバルが捕食しているベイトフィッシュの種類がプランクトンや表層を漂うようなアミなどの場合は

ジャッカルアミアミなどを使ってスローに漂わせるように巻いてくるのが有効の時も多いです。

一方で、ある程度遊泳力のある小型のイワシやボラッ子などを食っているような状況化下の時。

特に水面に早くて飛沫が立つようなライズが見られるような時は効果的な時が多いですね。

そういった場面に出くわしたら、キビキビナーゴをキャストして少しワームをシェイクしたり、ダートさせたりと変化を与えながら巻いてくるとガツンとロッドが絞り込まれることが多いですね(*^^*)

③若干深いレンジにワームを入れたい時

飛距離が出て抵抗の少ないボディー形状をしているということは、水中でも良く沈んでくれるということです。

ジグヘッドの重さは変えずに、ほんの少し深いレンジを探りたい時などってありますよね?

こういった際にもこのキビキビナーゴは結構使いやすくて、巻くのをやめればスッとレスポンス良くフォールしていってくれます。

④コンパクトなシルエットで高いフッキング率

キビキビナーゴはコンパクトでボリュームも小さめなワーム。

ですので、小さなアジやメバルを相手にする時や活性が低くてショートバイトが多発するような状況下でも効果を発揮します。

魚はいるのにこのワームでバイトが無いような時は、ジャッカルアミアミに変えてみたりすると反応が変わることが何度かありましたね!

キビキビナーゴの使いにくい点

続いてキビキビナーゴを使うにあたって使いにくいと感じる点についてです。

①ワームがもろい・・・

釣れるワームの宿命とでもいうべきでしょうか。キビキビナーゴは確かによく釣れるワームですが、やっぱり少し弱くてボロボロになりやすいですね(-_-;)

ガルプやエコギアアクアなどの餌系のワームよりは弾力があって耐久性もありますが

それでも何匹か釣ったりミスバイトを繰り返していると、そのうちワームがキャスト時の衝撃でズレるようになってしまいます。

良いサイズのアジやメバルを釣ると、時々1発で破壊されますね(笑)

②暗い場所や手がかじかんでいる時など、うまく刺しにくい

キビキビナーゴって一応上下があるんですが、その上下左右の差が触っただけでは結構わかりにくい。

特に風が吹いていたり、手が寒さでかじかんでいる時などはワームを変な方向に差してしまっていることがありますね(笑)

丸い形状のワームであれば真っすぐに刺せていさえすれば問題ないんですが。

このあたりは自分がズボラなだけというのもありますね!

キビキビナーゴの使い方

①軽くシャクってダート、リフトフォール

キビキビナーゴはもともとダートさせて使うように設計されていますから

ダート系のヘッドをセットして軽くロッドアクションを与えて使うのが最も基本的な使い方ですね!

私の場合はティクトメバスタ!や、ゼスタスターヘッドタッチダウンなどと組み合わせてダートさせて使用します。

キビキビナーゴは3角形の形状をしていて、ヘッドの面がフラットになっています。

これによってアクションを与えた時に浮き上がりを抑えて横方向にダートしてくれます。

②ただ巻きメインのシェイク

ダート用のワームと見せかけておいて、普通にただ巻きで使ってもよく釣れるのがこのキビキビナーゴというワーム。

テールはほんの少し水を受けるようになっているので

リールを巻くスピードをほんの少しだけ変化させてみたり、ロッドを軽く1~2回くらいシェイクして使っても良い誘いになります。

必要以上に動かさないことでスレた魚に口を使わせることにもつながりますし、ダートやリフトフォールに食ってこない魚に口を使わせることもできます。

個人的には、リールのハンドルを5回くらい巻いたら少し誘いを入れてみてまたただ巻き・・・。

こんな風に使ってみると、結構魚の反応が良いように感じますね!

キビキビナーゴのおすすめカラー

これは個人個人の好みも大きいと思いますので、あくまで参考程度にしておいてください(笑)

イソメグロークラシュ

オレンジ系の常夜灯の下で使うことの多い、オールマイティーなカラーですね。
アミアミなどを使う時でもこのカラーは良く使用していますしよく釣れます(そんな気がする)

クリアーホロフレーク

コチラは白系の常夜灯周辺で比較的出番の多いカラーですね。イソメグロークラッシュと並んで私が先発で使うことの多いカラーです。

個人的なワームカラーのセレクトですが、

常夜灯周辺であるならばワームをライトの光にある程度なじませてあげること。

これを基本に釣りをしてみると、カラーセレクトで失敗をするということは少ないと思いますよ(*^^*)

グローシルバーフレーク

クリア系のワームに反応がイマイチ良くない時に、グローの入ったカラーが良い仕事をすることがありますね。

また、常夜灯から離れているようなちょっとくらいポイントを狙う際にも若干ワームが光っているので魚にもアピールしますし、回収する際にワームが手元まで来たのを把握しやすいです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はライトソルト用ワームのジャッカル キビキビナーゴのインプレッションをさせていただきました。

コンパクトなサイズで良く飛びよく釣れる、使いやすいワームなのでアジングやメバリングのワームローテーションの一角に入れてみてはいかがでしょうか?

これとは特徴の違うワームと使い分けていくことで、釣果アップにも繋がっていくはずです(*^^*)

それでは、良い釣りを!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です