清水港釣り場紹介、狙えるおすすめターゲットを詳しく解説!

私が生まれ育ち、良く釣りに足を運んでいる静岡県静岡市にあります、清水港の釣り場を紹介していきます。清水港は以前から釣りが非常に盛んにおこなわれており、とても人気の釣り場です。

しかし、同時多発テロ後にSOLAS条約が改正されました。これによって港の安全対策が強化されることになり、国際物流の盛んな清水港はポイントの多くが閉鎖されてしまいました。

これによって広大な清水港の中でも、釣りができるポイントはごく1部になってしまいました。

私がホームページを運営する中で、清水港で釣りをしたいけどどこで釣りができるのか?

といった問い合わせを多く頂きます。初めて釣りに挑戦したり、清水で釣りをやったことがない方には清水港のどこで釣りができるのかわからないという方も多いと思います。

そこで、今回は清水港でも良く知られていて足場が良く、初心者の方や女性、子供と一緒に安心して釣りが楽しめる釣り場を大まかではありますが、まとめて紹介させていただくことにしました。

釣り場を公開することは今釣りを楽しんでいる方達のことも考え、詳細にピンポイントで紹介することはできません。これを参考に釣り場へ足を運んでいただき、自分だけの釣りポイントを作り上げていっていただければ幸いです。

もう少し具体的な釣り場紹介はそれぞれ個別の記事を作成してあります。

折戸、富士見埠頭、巴川河口周辺の釣り場案内はコチラ

【写真で分かる!】清水港釣り場紹介① 折戸~巴川周辺

2017.10.01

ドリームプラザ裏~江尻埠頭周辺の釣り場案内はコチラ

【写真で分かる!】清水港釣り場紹介② ドリームプラザ~江尻埠頭

2017.10.02

袖師埠頭~興津埠頭周辺の釣り場案内はコチラ

【写真で分かる!】清水港釣り場紹介③ 袖師埠頭~興津埠頭編

2017.10.04



清水港の釣り場

清水港は三保半島の内側に形成されており、急深な地形の駿河湾に面している大型の港になります。今回は清水港を大きく、折戸、富士見埠頭、日の出埠頭、江尻埠頭、袖師埠頭、興津埠頭に分類しながらポイントの紹介をさせていただきます。なお、より細かな釣り場紹介は個別の記事を作成してありますので、そちらを参考にしていただくとより具体的に釣り場のイメージができると思います。

清水港の最奥に位置する折戸(旧貯木場)

清水港の最も奥まった場所に位置する折戸旧貯木場ですが、その地形から台風や低気圧が接近してきても影響が少ないのが特徴です。ですので、他の場所へ行って波が高いなどの理由で釣りにならなくても、折戸なら釣りになることが多いです。

折戸に存在する運河周辺は水深こそ浅いものの、魚影は濃いです。秋~冬にかけてはのべ竿を使ったミャク釣りでハゼを狙う方が多く見られます。底は基本泥底ですが、たくさんの石や岩が沈んでおり、根掛かりも比較的多い釣り場なので注意しましょう。

また、水質は基本的に濁っていることが多いのでクロダイやスズキなどの濁りを好む魚も多く生息しています。

水深が浅いので基本的には満潮前後に釣行する方が良い釣果につながることが多いと感じます。クロダイはフカセ釣りや落とし込み釣り、ぶっこみ釣りなど様々な釣り方で1年を通して狙うことができるので人気のターゲットです。

スズキは夜のぶっこみ釣りのほかに、ルアーで狙う方もとても多いです。基本的にルアーを既に学習している個体が多く、回遊型の魚よりも付近に居ついている魚が多いです。ですので、低気圧が接近している時や雨が降って濁りの入った時など、何かしら状況に変化が出た時でないと難しいことが多いですね。

折戸に隣接している富士見埠頭ですが、そのほぼ全体が立ち入り禁止となっている為、釣りができるのは排水溝周辺になります。

こちらもクロダイやスズキが狙えますが、キスやアジ、アオリイカ、コウイカ、タチウオ、カサゴなども狙えます。釣れる時期などについては後程紹介していきます。

巴川河口周辺

富士見埠頭と日の出埠頭の間に位置する巴川河口ですが、ハゼやクロダイ、シーバス釣りが盛んにおこなわれています。

川の流れ自体が非常に緩く、高低差もほとんどないので海の魚がかなり上流部まで上っていきます。シーバスなどは川の中流域でも狙うことができ、特に夏の時期は上流にいる魚程餌を求めている個体が多く、釣りやすい傾向があります。

また、川底にはゴミが非常に多く沈んでいるので釣りをする際は注意が必要です。

特に底を探る必要のあるハゼ釣りなどを行う際は、予備の仕掛けを多めに持っていくのが得策です。場所によっては自転車や原付などが沈んでいます・・・。

ハゼを狙う際は河口の駐車スペースに車を止めて上流へ歩いて行って釣り場を探しても良いのですが、巴川に掛かっている橋の上にいくつか有料の駐車場が整備されています。

こういった場所に車を止めれば、橋の上から釣りができるので家族連れなどの方にはお手軽に釣りが楽しめるのでおすすめですね。

そして、巴川の河口西側には鉄道岸壁と呼ばれる釣り場が広がっています。

こちらは足元から深く掘られていて、岸壁沿いにダンゴ餌を落としてクロダイを狙う釣りがとても盛んです。水質は濁っていることが多く、濁りを好むクロダイには格好のポイントになっています。クロダイのほかにも、アジやカワハギ、カサゴなどが狙えます。

ドリームプラザ裏~日の出埠頭

巴川の北側に位置するドリームプラザ裏~日の出埠頭ですが、日の出埠頭は角の部分を残して全域が釣り禁止となっている為、基本的には立ち入ることはできません。

ドリームプラザ周辺はとても綺麗に整備されており、水質も清水港内にしては澄んでいます。常夜灯も多く設置されているので夜釣りも盛んにおこなわれています。

人気なのは夜の常夜灯の明かりに集まってくるアジやメバルなどを狙ったルアー釣りです。小型のワームを中心に、ミノーやメタルジグなどで狙う方が多いですね!

他にも秋のシーズンにはアオリイカやコウイカなども狙えます。岸壁沿いをチェックしていくと、所々に釣り上げられたイカによる墨跡が残っていることがありますよ!

こういった目印を探しながらポイントを見つけるのも大切ですね。

また、ドリームプラザ裏との境目にあるフェリー乗り場の角地ではタチウオなどが狙えます。この場所は水深が有り、潮がぶつかるポイントなので、沖から回遊魚が回ってくる可能性が高いです。

ただし、釣り座は非常にせまいので注意が必要ですね。

この一帯は路上駐車などが非常に厳しく取り締まられているので注意しましょう。ですので、原付や自転車で釣行するかたも多く見られます。

江尻埠頭周辺

清水駅と清水魚河岸に隣接している釣り場が江尻埠頭になります。

江尻埠頭は広く釣りができるポイントが残されている為、清水では最大規模の釣り場になっています。埠頭東側の外向きのテトラ帯と沖に伸びている突堤は立ち入り禁止ですので注意。

規模も大きく、季節によって様々なターゲットが狙えるのが特徴ですね。ちょい投げ釣りでキス、サビキ釣りではアジやイワシ。秋のシーズンにはカワハギやイカ、カマスなどが狙えます。回遊次第ではタチウオなども姿を見せます。タチウオなどの回遊魚を狙う際は船が通る船道や、埠頭の先端付近の潮通しが良いところを狙った方が釣果に繋がりやすいでしょう。

イワシが回遊してくると、朝夕を中心に青物が入って来ることもあります!サビキ釣りで餌となる子アジやイワシを釣って泳がせ釣りで狙ってみると面白いでしょう。

袖師埠頭周辺

袖師周辺になってくると、水質が徐々に良くなってきます。以前埠頭全体で釣りができた時はタチウオ釣りがとても盛んにおこなわれていました。しかし、現在は埠頭内は立ち入り禁止となっているので釣りをすることはできません。

釣りができるのは埠頭の付け根周辺になります。

袖師周辺でメジャーな釣りスポットは庵原川河口と消防署裏になります。

庵原川河口は淡水が流れ込むため餌となる小魚なども多く生息しているポイントになります。ここではキスやカマス、タチウオなどを狙って釣りをする方がとても多いです。日によっては大型船が多く停泊しており、こういった時は釣り場が狭くなるので注意が必要です。

また、庵原川の中でも釣りが楽しめます。庵原川ではハゼ釣りやシーバス、クロダイ、メッキなどが狙えます。

次に袖師第一埠頭の東側の付け根に位置する消防署裏です。

このポイントは小さな漁港になっていて、スロープや突堤、テトラポッドなど非常に多彩な変化が存在する釣り場になっています。

全体としては水深が浅めになっている為、潮位の高い時間に合わせて釣行した方が良いでしょう。

狙える魚はキスやイワシ、アジ等のほかにカマスやメバル釣りが盛んにおこなわれています。テトラポッドの周りではクロダイやメジナを狙って釣りをする方も多いです。

カマスの群れがまとまって入って来ると、多くの釣り人でにぎわう釣り場になります。

興津埠頭周辺

興津埠頭周辺も、以前はタチウオ釣りのメッカとして県外からも多くの釣り人が訪れる人気スポットでした。しかし、こちらも現在は埠頭内全域が立ち入り禁止となっている為、釣りができるのは埠頭の付け根の部分だけになるので注意します。

他の釣り場所と比較して、目立った変化の少ない場所になります。アジやイワシなどをサビキ釣りで狙う方が多いですが、あまり良い釣果は聞かないような気がします。

足元から水深が有り、イワシなどが回遊してくるとシーバスやタチウオも姿を現しますが、魚っ気が無い時も多いポイントです。

テンポよく釣りをしてみて反応が無ければ、他の釣り場へ移動した方がよいかもしれません。

次に、清水港で狙えるおすすめの魚を紹介していきますね!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です