サーフヒラメ・マゴチ バラシを防ぐフッキングとバラシの原理

こんにちは。まるなかです。今回は、ヒラメやマゴチ釣りにおいてどうしても付き物となるバラシについて、特にメタルジグにおけるバラシの原理について詳しく解説をしていきたいと思います。

実はこの写真のマゴチにそのヒントが隠されています。

ヒラメやマゴチを釣っていると、ガツンと気持ちの良いバイトがあったにもかかわらず簡単にフックオフしてしまったり、皮一枚のフッキングになっていることはありませんか?

それはたまたまではなく、しっかりと理由があるんですね。

青物はバラさないのにヒラメやマゴチはバラしてしまう・・・・。私も完全にバラシを無くすことはできませんが、アワセのタイミングなどをちょっと工夫するだけで、良い場所にフッキングできる確率は上がります。

今回はまるなか作成のイラストを交えて出来るだけわかりやすく解説しますので、少しでも皆さんの参考になれば良いなぁと思っています。

サーフヒラメ バラシを防ぐフッキングとは?

ヒラメやマゴチが他の魚と比べてバラシが多くなってしまうのにはいくつかの理由があり、また、バラシを防ぎやすい捕食のパターンと、ある程度は仕方のない食い方のパターンがあります。それでは早速解説をしていきましょう!

青物やシーバスとの違いは捕食方法の違い

青物やシーバスを釣る際、フロントにシングルのアシストフックを取り付けただけでもフッキング率が極端に低下することはあまりないと思います。逆に、ヒラメやマゴチについては必ずリアフックを取り付けた方がフッキング率自体は上昇します。

それはなぜか?

簡単に言えば、捕食のスタイルが違うからですね。

青物やシーバスは水ごと吸い込んで餌を捕食する

青物やシーバスは餌となるイワシなどを捕食する際、周囲の水ごと吸い込んで捕食をするんですね。これがフッキング率を大きく左右します。

例えば、メタルジグを使っていてフォール中にアタリが有ったとします。メタルジグのフロントにアシストフックを使用した場合、メタルジグが先に沈み、後からアシストラインとフックが引っ張られる形でフォールすることが多いです。ちょうどアシストフックが万歳するような形になります。

この時、アシストフックとメタルジグは距離がどうしても離れてしまいます。そのままでは一見するとフッキングしなさそうに見えるかもしれませんが、青物やシーバスは水ごと吸い込んでくれるので、フックも一緒に口の中に吸い込まれてフッキングするんですね!

ですから、アシストフックは軽量のものの方がフッキングが良いとか言われるんです。当然、軽いものの方が弱い力で吸い込まれますからね!

フラットフィッシュは噛みつき系バイト

ヒラメは完全に噛みつき系、マゴチの場合はヒラメほどではないのですが、青物程吸い込む力はありません。

そうなると何が起こるのか?

ヒラメやマゴチを釣る際、フォール時のアタリは非常に多いと思いますが、このフォール時のアタリが非常に厄介なんですね。原理について、イラストを交えて見ていきましょう。

メタルジグがフォールしていく際、フロントのアシストフックは先ほど説明したようにジグと離れた位置にフックポイントが存在していることが多いです。

この図のように、魚がフォールするジグの腹の部分をめがけてバイトして来た時、ここで即アワセをするとどうなるでしょうか?

それは、

100%こうなるとは言えませんが、フロントのアシストフックはヒラメの口をスルーしてしまい、アワセを入れたことによってジグがヒラメの口を滑っていきます。

そのままリアフックが口の中であったり口の周囲に外側からフッキングしてしまうんですね。皆さんも、ルアーのフックが口の外側に掛かって釣れたことはありませんか?その時は、こういった状況になっていることが考えられるんですね。

また、気持ちの良い強いバイトがあったにもかかわらず掛かり方がリアフックが浅く掛かっているだけであったり・・・。

こういったフッキングを防ぐためにはどうしたらいいのか?

答えは意外とシンプルです。

ジグにワンアクション与えて、巻きアワセに近い形でフックアップ!

私も以前良いバイトがあってもバラし続けることがあり、どうしてバラしてしまうのか非常に悩みました。

ヒラメ・マゴチ釣りを始めたばかりの頃はバラさなかったのに、ある程度数を釣るようになってからバラシが目立つようになってきていました。

簡単に言ってしまえば、アワセが素早くできるようになってしまった弊害。

といったところでしょうか。

ヒラメやマゴチを狙う際、フォール時にバイトがあった時は即フッキングをするのではなく、余裕をもってジグにアクションを軽く加えてやります。そうすればアシストフックのフックポイントの位置をジグに接近させることができます。

その状態になってから合わせてあげれば、フロントフックがしっかりと魚にフッキングしてくれるので、バラシを減らすことが可能です。

そんなことをしたら魚がルアーを放してしまうと思うかもしれませんが、色々試してみた結果、そんなにすぐルアーを放してしまう状況は少なく、仮にずっとアワセを入れないことで一度ルアーを放してしまっても、また追い食いしてくることが非常に多かったです。

 

どうにもできないパターンも確かに存在する

前回サーフに釣行した時が分かりやすかったのですが、特に潮が動いていなかったり水温が低下した状況で多発する、ルアーのテール部分をついばむだけのバイト。

記事はコチラです

サーフヒラメ・マゴチ釣り 潮が動かない静岡サーフにバラシ多発

2017.08.17

これはこのアワセ方を実践してもうまくいかないことがどうしても増えてしまいます。このパターンにおけるアタリ方には特徴があって、ガツンと言うわかりやすいアタリが来ることは殆どありません。

フォール中に微妙にテンションが抜けたり重たくなったり。アクションを与えている最中にもぞもぞという違和感があったり。

こういった時はルアーの腹の部分を食いあげてくるのではなく、ルアーのテール部分をつつく様にな、いばむバイトの事が多いです。

こういった時は

このように、口先にリアフックがちょこんとフッキングしているだけのことが非常に多いです。

前回のサーフ釣行では3回バイトがあり、全てこのパターンでフッキングしており2匹はバラしてしまうという痛恨の展開でした。この時のアタリはガツンと手ごたえの来るようなものは全くなく、多少違和感が伝わってくる程度のアタリの強さでしたね。

こういった時はそもそもルアーの後方にバイトしてきているので、フロントフックを良い位置に持ってきてフッキングしたとしても、どうしてもリアフックが皮一枚になってしまうことが多いですね(-_-;)

分かりやすく言えば、バイト自体が弱く口先にちょこんとフッキングしているようなパターンはそもそもの食いが浅いので、この場合はどうしてもバラシが増えてしまうということです。

この場合はやり取りを慎重に行ったり、うまく魚を操作してフロントフックにも掛かることを期待したり、キャッチのタイミングを波の状態などを見計らって行うなどが、釣り人にできる対策になりますね。

逆に、ガツンとアタリが有るにもかかわらずバラしてしまったり、口の側面の外側からリアフックがフッキングしているような場合は、フッキングのタイミングを工夫することでバラしを抑え、良い位置のフックアップできることが可能だということですね!

ヒラメ・マゴチ釣りは即アワセが全てではない

良く雑誌やメディアではヒラメやマゴチをルアーで釣る際は即アワセが基本だとされていますが、しっかり捕食の性質などを考えてみるとそればかりが全てではないということが重要なポイントですね。

心に余裕がある方は、特にメタルジグを使っている時にアワセをすぐに反射的にするのではなく、ワンテンポ遅らせてみてください。予想以上に魚はジグを放しませんし、良い位置にフッキングできる確率が上がりますよ!

ただし、アクションを止めたり、魚に違和感を与えてしまうのはNGなので気を付けてください。ジグにワンアクション入れてから巻きアワセでアワセを入れ、魚の重みが掛かったらそこで追いアワセを入れればばっちりですよ!

もし、特にメタルジグを使ってフラットフィッシュのバラシが気になっている方は今回の事を参考に、色々と試していただければと思います。

ジグのフックセッティング、おすすめアシストフックの作り方などはコチラを参考にしてみてください

メタルジグ用アシストフックの自作方法を基礎から徹底解説!

2017.07.14

アシストフックの作り方を徹底解説! リアフック編

2017.07.26

 

 

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です