桂川渓流トラウトルアー釣行 中・本流撃沈で癒しの釣り

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、先日はトラウトゲームへ行ってきました。

本当は長野の中・本流で大型のブラウン&レインボー狙いのはずだったんですが、完全ノーチェイスノーバイトをやらかしました。

本流筋を諦めてイワナ狙い等もやってみましたが、こちらもダメダメ(-_-;)
水温はそこまで冷たくないし、カゲロウがハッチしていて条件は悪くないはずなんですが。

まさかここまで釣れないとは思っていなかったのでプランを変更し、2日目は手堅く桂川へ行くことに。

本来行く予定ではなかった桂川ですが、果たしてどんな釣行に?

人的プレッシャーで魚の反応少なく

とりあえず前回の釣行で状況は何となくわかっている部分があったので、今回は気楽に。

最初は上流域を狙いましたが、相変わらず平日だというのに人だらけ・・・。

餌釣りの方が思いのほか多く、竿抜けしていそうな場所を打って行きます。

大場所は餌釣りで魚が抜かれている可能性が高いので、分かりやすい淵や落ち込みなどはササっと流すだけ。

先発はイメル50S。

オーソドックスなヘビーシンキングミノーですが、やや水つかみを重視した設計のクイックダートするミノーですね。
程よい後方重心の設計で、水平姿勢を作ってから尻下がりで沈下します。

瀬を中心に打って行くと、ボサの際からイワナがバイト。

至近距離だったので一瞬で抜き上げ、20cm後半のイワナをキャッチ。

しかし、写真を撮ろうと思ったらフックが外れてオートリリース。

とりあえず幸先良くボウズ逃れに成功し、今日は好調かな?

気温もかなり高くなって20度を越えてきているし、水温も温い。

ヤマメ・イワナ・レインボーが連発することを期待したんですが、その後はアタリすら遠い状態に(-_-;)

到着するのが遅れたので、朝一に打たれているんだろうなぁ・・・・。

上流域には見切りをつけ、少し下流へ。

尺ヤマメを抜き上げ失敗・その後は・・・

次にやってきたのは、先日良かった荒瀬が続く場所。

ここは釣りにくいようで、今日も周囲に先行者の気配はなし。

若干水が減ったような気もしますが、ドリフトメインでミノーを流していきます。

イメルからミズキ50にチェンジ。

ミズキは非常に滞空時間が長いミノーで、フワフワと流し込んで使うのが得意。

立ち位置をしっかり決め、荒瀬の中の微妙な流れの変化や沈み石をジックリ誘います。

丁寧に釣り歩いて行くと、ピックアップしようかと思ったタイミングで「ガツッ」とバイト。

結構良い引きでレインボーかと思ったんですが、寄せてくるとヤマメ。

体高がある銀ピカボディで尺以上あります★

かなり足場が悪い場所なので一気に寄せて抜きあげようと思ったんですが、重たくて抜き上げのタイミングがズレてフックが伸びてバラシ(-_-;)

かなり良い魚だったので、これは悔しかった。

その後もどんどん釣り歩いたんですが、1度小型のヤマメがヒットしたものの速攻でフックアウト。

上流に餌釣りの方が見えたので、このポイントにも見切りをつけました。

ポイント移動&水温上昇で魚の反応上向き

ここまでイワナ1匹というかなりショボい釣果で暗雲が立ち込めてきました。

次はこれまでやったことが無かった場所へ。

先行者も居ない感じで、ここも流れが強いのでドリフトメインで探ります。

良い感じに流れがあり、釣れそうな気配を感じつつ釣っていくとすぐにヒット。

桂川 ヤマメ

まずまずなヤマメをキャッチ。

この1匹は完全に狙ってヒットしたので、何となく次につながる予感。

そのまま釣り上がっていくと、またすぐにヒット。

今度は小さなヤマメでしたが、狙いのスポットで食ってきましたね。

その後もポツポツと飽きない程度に反応が続き、

ヤマメ 桂川

ヤマメが釣れてきます。

サイズはそこまで大きくないですが、どれも綺麗な個体で満足。

やはり渓流トラウトは綺麗な個体が釣れると嬉しい。

パターンとしては、流れの芯に変化が絡む場所を流し込んで釣る感じで、シンプルにアップストリームで探っても全く釣れませんでしたね。

やはりある程度はプレッシャーが掛かっていて、丁寧に魚の前にルアーを流し込まないと食わないんでしょうな。

その後「ここは絶対釣れる」という瀬を発見し、流れを読んでルアーを入れると35cm位のアマゴが水面を割ってバイト。

しかし、ミノーが弾かれてしまって掛からず。

もう少し落ち着いて食ってくれれば・・・。

その後何となくパターンの変化を感じ始め、ややリアクション狙いのドリフトにチェンジします。

ミノーは先日購入したグレートハンティングフラットサイド50。

このミノーも水平姿勢をキープしやすいんですが、アクションはキレ重視の設計。

柔らかく動くミズキとは違った味付けです。

ドリフトさせつつ、少しテンポを上げたロッドアクションでミノーを飛ばして操作すると、ゴツンと引っ手繰られます。

ヤマメ グレートハンティング フラットサイド

銀ピカのカッコいいヤマメをキャッチ。

このパターンでヤマメ・イワナを追加することに成功し、十分満足したので撤収することに。
結局10匹くらいは釣れたでしょうか。

これから夕マズメという時間でしたが、とりあえず今回はこれで良いかという事で帰宅しました。

大型のヤマメを釣るチャンスがあったんですが、ことごとくミスばかりでしたね・・・。

まだまだ修行が足りませぬ。

使用タックル

  • ロッド:バリバス モーリスグラファイトワークス TRD-511FS
  • リール:シマノ 22ステラC2000SHG
  • ライン:DUEL アーマードF+Pro 0.4号+サンライン ブラックストリームプラズマ1.75号
  • ルアー:ティムコ イメル50S、ロンジン ミズキ、メガバス グレートハンティングフラットサイドなど

おすすめ関連記事

渓流用おすすめミノー紹介

渓流 ミノー ロッド 硬さ 【実釣比較】渓流ミノーのおすすめ・選び方のコツを徹底解説!

渓流ルアー初心者講座

イワナ 渓流ルアー釣り初心者講座 タックル選び・必要な基礎知識をまるっと解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です