2020芦ノ湖ウェーディング(ルアー)釣行 朝マズメのワンチャンスのみの展開

芦ノ湖 ウェーディング トラウト

こんにちは、まるなかです。

さてさて、今回は3月より解禁になった芦ノ湖へトラウトを狙ってウェーディング釣行。

 

毎年春が来るとワクワクするんですが、実は先日も1度芦ノ湖へ出撃。

しかし、爆風+ウェーダーに穴が開いてビショ濡れという事態になって体の震えが止まらず。そして早々に退散(笑)

今回は風も比較的弱そうだったので、ちょっと期待を込めて行ってきました。

 

果たして今回の芦ノ湖釣行はどんな展開に?



3月の芦ノ湖ウェーディング釣行

とりあえず実績のある定番ポイントに入りましたが、周囲にはフライマン・ルアーマンがポツポツと。

釣り開始時間まで少しあったのでゆっくりと準備を行い、開始時刻になったので釣りを始めます。

まずは定番のスプーンから

まずは手堅くアタリが欲しい所なので、定番のスプーンから。

バックスの6.5gをチョイスし、沖に遠投してカウントダウンで表層から順番に探っていく。

 

状況が良ければ朝マズメは数投以内にトラウトの反応が出ることが多いので、ちょっと集中して釣ります。

岸際には若干ワカサギが見えますが、密度は薄め。

 

スローなただ巻きをメインに、時々トゥイッチを入れたりしながらボトムギリギリまでを探っていきますがノーバイト・・・。

徐々に明るくなってきて朝のゴールデンタイムが来そうなので、いったんミノーに変えてみることに。

表層パターンで良型トラウトがヒット

周囲が徐々に明るくなってくると、ミノーがギリギリ届くかどうかの距離でライズ発生。

ライズの数は多くはありませんが、沖の浮いたワカサギを食っているのか?

 

最初はリッジの90Sで入ったんですが全くアタリが無かったので、表層スペシャリストのベントミノーにチェンジ。

ベントミノーは飛距離が出ないのが欠点ですが、浮いたトラウトにはめっぽう強い。

 

沖にキャストしてから高速トゥイッチ&ポーズで表層を狙う。

良い時間になってきて、時々岸際でも小さめのライズが出るようになった。

 

そろそろ1本目が欲しいなぁと思いつつトゥイッチングで探っていると「バコッ」と水面を割るバイト。

無事フッキングも成功し、ドラグがジリジリでる良い引き。

感触的には良型のブラウンっぽいかな?

 

バラさないように寄せに入ったんですが、あと10m位のところで痛恨のフックアウト・・・・。

久々のトラウトだったので、ちょっと悔しい。

小型のレインボーが連発

その後しばらくアタリが無い状況になったので、歩きながらベントミノーを流して広範囲を探る。

沖の遠い場所で時々ライズは有るものの、ルアーに反応するような出かたではない。

周囲のアングラーも朝一に2匹程釣れたのを見ただけで、他は全く釣れていない様子。

 

ちょっと厳しい感じだが、表層パターンを続けていると再び水面を割るバイト!

巻きアワセでフッキングに成功したが、軽い引きだ。

水面で何度もジャンプしたので引きは多少楽しめたが、芦ノ湖サイズではないな。

芦ノ湖 レインボートラウト 釣果

放流物のレインボーをキャッチ。

サイズ的には全然ですが、とりあえずボウズ逃れはできたのでちょっと一安心である。

 

すぐにリリースして釣りを再開したが、どうやら小型のレインボーの小さな群れが岸近くに回って来たらしい。

ベントミノーの表層トゥイッチに好反応を示し、サクサクっと2匹追加。どれも水面を割ってバイトしてきたので超エキサイティングだったね★

 

しかしサイズは30cm~35cm程度で、私の好きなブラウンは釣れず。

ブラウンっぽいライズはほとんど見られなかったので、他の場所に溜まっているのか?

日が昇ると完全ノーバイトタイム

芦ノ湖 トラウト

そのまま日が昇ってきて暖かくなってきたが、そこからはスプーンやミノー、シンペンなどで表層~ボトムまで丁寧に探りつくしたが全く魚の反応が無い。

周囲のウェーディングマンやボート釣りの方もロッドが曲がる姿は一度も見えず、時間が経過・・・・。

1時間半ほどノーバイトの時間が過ぎ、回遊待ちの釣りをずっと続けるのは好みではないので撤収することに。

粘ればまたそのうち釣れるとは思いますが、普段長時間の釣りをやらない私にはちょっと厳しいし、状況は何となくわかったので今回はこれでOK。

 

他の場所も軽く見て回りましたが、皆さんかなり渋いようで。話を聞くと朝からノーバイトという方も結構いましたね(-_-;)

比較的タフな状況に強いフライマンも全然釣れてなかったところを見ると、付近のポイントは全体的にかなり低活性・または魚が居ない状況だったのかな。



ウェーディングシーズンはこれからが本格化

まだ水温が若干低く、ワカサギの接岸もまだ少なめな印象。

例年よりもライズの位置が沖に離れているような感じあり、芦ノ湖のウェーディングシーズンはこれからですね。

 

大体4月前後になると、岸際のワカサギを追って良型トラウトが水面を割る姿も増えてくる。

そのパターンに入ると、ミノーイングや今回使ったような表層系ルアーの水面炸裂ゲームが非常に楽しくなるので、もう少し時期が進んだらまた釣行します。

 

以前の芦ノ湖のシーズン初期は適当にスプーン投げてカウントダウンして探ればポツポツと釣れ続く印象がありましたが、年々厳しくなってきているような。

今回は良型をバラしてしまいましたが、次はキャッチできるように頑張ります。

使用タックル

  • ロッド:エムアイレ 正影ボロン84MHLS
  • リール:18イグジストLT3000S-CXH
  • ライン:サンライン PE EGI ULT HS8 0.6号+シーガー グランドマックス3号
  • ルアー:バックス各サイズ、OSP ベントミノー86など

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です