静岡SLS釣行 お手軽スーパーライトショアジギングで癒しの釣り

スーパーライトショアジギング 釣果

さてさて、今回はお手軽なスーパーライトショアジギングへ。

風・波の条件が悪い日が多く、何を釣りに行こうか考えていたところ

「ゆる~くメタルジグで遊ぼう」

という友人の誘いが。

いわゆるメタルジグを使った底物狙いの釣りなんですが、以前結構ポイント開拓などもしていました。

メインターゲットとしてはオオモンハタとエソ・ショウサイフグ・コモンフグ辺りなんですが、そこにマゴチやヒラメ、マハタなども釣れるので結構楽しかったり。

年によって釣れる時と釣れない時があり、ここ何年かは外れっぽいのでやっていなかった。

「果たして今年はどうなのか?」ということで、超久しぶりに1時間くらいの短時間調査へ。

タックルは友人からレンタルしたバスロッド&15gのメタルジグ。

完全他力本願の釣りですが、果たして結果は??



泥濁りのスーパーライトショアジギング

釣り場に付くと、ここの所の雨の影響からか酷い濁りが(-_-;)

ゴミも大量に浮いており、キャストする場所が限られるなぁ。

どうせ濁っているだろうし、私は乗り気じゃなかったんですが友人がどうしても行きたいとうるさいから来たものの、このありさまである(笑)

透明度は殆ど無いに等しいが、状況調査ということで釣りを始めてみる。

メタルジグは友人が買った15gのドラッグメタルキャスト(ロストしたら弁償・・・)。

とりあえず使ったことが無いジグなので、まずはフォール姿勢や巻き感などをチェック。

しかし、濁りすぎていてフォール姿勢は殆ど見えない(笑)

とりあえずいい具合でスライドしつつ落ちていく感じなので、フォールもそれなりに使えそうである。

早速沖にフルキャストしつつ、地形の変化やボトムマテリアルなどを見ていく。

潮の流れは殆ど無いが、表層のゴミは少しずつ流れている。

もう少し底潮が通ってくれるとありがたいが、ボトムをトントン叩きつつ、食わせのスイミングを入れたり。

ロッドが短くて違和感しかないが、リールの巻きでアクションを付ければ大丈夫だろう。

以前はハタやエソ、フグなどが結構釣れたから多少期待はできそうだが。

10分くらい釣りをしたけどノーバイト、少し歩いて小移動。

待望のバイトが出始める

次は若干水深が浅いが、濁りが少しだけ薄い場所を狙ってみる。

気を付けないと根掛かるんだけど、そういう障害物の周りに魚が居るのでどこまで攻めるか・・・・。

しっかりボトムまでジグを沈め、ハンドル2~5回転のスローピッチでジグを踊らせる。

すると、着底寸前でプルッとバイト。

合わせを入れると1瞬引きがあったが、すぐに軽くなったのでバレたのかな?

スルスルーっといリールを巻いてくると、何やら魚が付いていた。

スーパーライトショアジギング エソ

おやおや、君はエソ君だね~。

嫌われる外道ですが、この釣りでは避けて通れない魚。

イメージとしては、エソを10匹釣るとマゴチやヒラメなどの嬉しい魚が釣れる感じか?

しかし、エソの釣れ方はヒラメやマゴチなどをジグで狙う場合と共通する点が多く、実はジグの使い方を勉強するのに非常に役立つんだよね♪

私の場合はヒラメやマゴチもリリースしてしまうので、エソでも釣れればOKです。

40cm位の良型になると、結構引きも強くて楽しい。ただし、歯でラインブレイクすると最悪だけど・・・・。

とりあえずボウズ逃れはできたし、この位の濁りでも魚は釣れるっぽい。

友人にも掛けられないバイトが有ったり、思ったよりも魚影はあるのか?

可愛いサイズのハタの反応あり!

その後も丁寧にボトムを探り続けると、フォールでゴツッと鋭いバイトが出た。

合わせを入れると若干引くが、大きくはない。

エソにしては子気味良く引くなぁと思いつつ、巻き上げてくると・・・

オオモンハタ

可愛いサイズのオオモンハタをキャッチ♪

いちおうメインターゲットはオオモンハタなのでちょっと嬉しい。

アシストフックをガッツリ食ってきていた。小さくてもハタはハタ、良いバイトをするね。

友人はワームで探っていたが、掛からないバイトが頻発するのでワームのサイズをダウンした。

すると、同じく可愛いサイズのオオモンハタを2投連続でキャッチ!

私にも時々アタリが出るが、ショートバイトで掛けられない(-_-;)

その後もちょこちょこ歩きながらポイントを探り、最後にボトムからちょっと上のレンジでアタリがあり、一瞬魚が掛かったけどバラしてしまった。

おそらくアジやムツっ子だと思うが、1時間足らずの釣りでもアタリがそれなりに有ったので楽しめた。

超久しぶりにこの釣りをやったが、今年のハタのサイズは若干小さめかな。

以前は1号前後のPEラインでは太刀打ちできない良型のハタ、クエと思われる魚も何度か掛かっているので、意外と油断できない釣りだったりする。

もう少し潮が澄んでいればもっと楽しめそうだし、またタイミングを見て釣行します。

タックルバランスさえ選べば、20cm位までの小型のターゲットでも普通に楽しめるのでおすすめですな!

メタルジグの使い方や、魚のバイトチャンスについて学びたい方にも最適ですぞ。

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です