ルーディーズ メバチヌポッパーを徹底インプレ!

メバチヌポッパー インプレ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はルーディーズから発売されているライトゲーム用プラグ、メバチヌポッパーの使用感の特徴や使い方を詳しくインプレしていきます。

メバチヌポッパーはその名の通りメバルやチヌ狙いに使い勝手が良いポッパーで、実際に使ってみると分かるのがその絶妙なサイズ感とアピール力。

メバルを含めた一般的なライトゲーム用ポッパーよりも若干強めの存在感があり、チヌ専用ポッパーよりも弱めなんですよね。

この独特な位置付けてあることをしっかり把握して使うことで、効果を発揮するはずです。

逆に言うと、状況によっては中途半端なルアーにもなり得るので、釣行する場所や使い手の好み・状況に合わせたルアーの使い分けも必要。

その辺りにも触れつつ忖度なしにインプレしていくので、ルアー選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

私の経験・実績としては

  • 年間釣行数300以上(現在はほぼ365日釣行しています)
  • 渓流~船釣りまで、ルアー・フライ・餌と、各種の釣りができます
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • 釣具店、メーカーにて私のタックルインプレッションや釣り方の掲載・利用あり

こんな感じで毎日のように釣行を重ねて生活している釣り好きで、実釣実績もそれなりに残しています。

メバチヌポッパーのスペック・ラインナップ

  • 全長:45mm
  • 重量:5g
  • フック:#10

全長45mmと、長さ的にはライトゲーム用ポッパーになりますが、水押しが強めに作られているのでチヌ用としても結構使い勝手が良いですね。

重量もしっかりあるので、少し強めのライトゲームタックルなどで使いやすいです。

メバチヌポッパー カラー

出典:ルーディーズ メバチヌポッパー商品紹介ページ

カラーラインナップは上記の通りです。

メバチヌポッパーを「サクッと」インプレ!

メバチヌポッパー 釣果

メバチヌポッパーの詳しいインプレに入る前に、私なりの使用感や特徴をざっくりとまとめておきます。

  • 飛距離:このサイズのポッパーとしてはかなり優秀!
  • 浮き姿勢:斜め浮き
  • アクション:サイズの割に操作感が大きくて明確。サウンド・飛沫もやや強め
  • 使い方:ワンテンポのポッピングがメイン。その他スローなドッグウォークなど
  • ターゲット:中型以上のメバルやメッキ・セイゴ・チヌなどの五目釣りに

簡単にインプレするとこんな感じですね。

私の場合は防波堤や河川周り・ビーチ・ちょっとした小磯などでの五目ゲームにて使っていますよ!

飛距離

メバチヌポッパーの飛距離ですが、私がこれまで使ってきた各社のライトゲーム対応の小型ポッパーの中でも非常によく飛ぶ印象です。

全長は45mmと、そこまで長さはありませんがウェイトは5g確保。

ライトゲーム用ポッパーは50mmクラスで4.5g前後のものがスタンダードなスペックになっていることが多く、メバチヌポッパーは少し重ため。

実際に私がPEライン0.4号を巻いたライトゲーム五目用タックルでキャストすると、無風時でだいたい30m台中盤~後半ほどの飛び。

釣り場風景

これくらいの飛距離があれば、内湾のビーチや中規模な河川・遠浅なフィールドでもそこそこ対応できる機会が多くなりますね。

投げやすさには十分満足していて良い感じですな!

まるなか

チヌ専用ポッパーの飛距離には敵わないけど、ライトゲーム対応ポッパーとしては非常によく飛ぶね!

浮き姿勢

メバチヌポッパーの浮き姿勢ですが、リア寄りの重心設定になっているので尻下がりの斜めの姿勢。

メバチヌポッパー 浮き姿勢

やや垂直に近いですね。

メバチヌポッパー 浮力

45mmで5gの重量があって重ためですが、ボディがファットで容積があるので、残存浮力もそれなりにしっかりあります。

ですので、多少波気立っていたり、高比重なフロロカーボンラインを使用しても水面直下に入りにくく、操作感の安定性も比較的良好ですね!

カップにはグロー塗料が塗布されており、ナイトゲームで使う場合は蓄光させて使用可能。

メバポッパーチヌ クロダイ 釣果

向かい風が吹く内湾の小磯で良型チヌをキャッチ。

波や風の影響を受けやすい小型ポッパーですが、少し波気立っていても使えますね!

メバチヌポッパーのアクションの質

ワイドなカップで明確な操作感!

メバチヌポッパーの特徴の1つが、小粒ながら穂先に伝わる操作感の分かりやすさ。

メバチヌポッパー ライトゲームポッパー 比較

左がメバチヌポッパー。
右はDUELのライトゲーム五目対応ポッパー、LGポッパー(50mm)です。

メバチヌポッパーの方がワイドなボディ形状をしているので、カップにもボリュームがあるのがわかります。

これにより、アクションを与えた時にポッパーが水を掴む感触がしっかり伝わり、アクションエラーも起こりにくいですね。

波気立っていたり、少し足場が高い場面でも使いやすくなってますよ!

中音+高く上がる飛沫

カップは少し大きめなメバチヌポッパー。

音質としては中音で、「ボコン」というような重低音を発するポッパーではありません。
「コポン」というような高くもなく低くも無い音質で、割とオールラウンドに使いやすいと思います。

一方で飛沫は比較的高く跳ね上がるタイプ。

少し強くアクションを与えると、斜め上に細かい飛沫をしっかり跳ね上げてくれるので、サイズ以上のアピール力がありますね。

まるなか

ショートボディだけど、しっかりとした操作感・アピール力がメバチヌポッパーの良いところ!

メバチヌポッパーの使い方

ワンテンポのポッピング

メバチヌポッパーの基本となる使い方が1回のポッピング+ポーズの組み合わせですね。
広範囲を流しながら、魚の着き場を探したい時におすすめです。

五目釣りに使う時は、大半がこの使い方になります。

アピール力を控えめにする際は、ロッド操作ではなくリーリングの緩急でアクションを与えると、甘いポップサウンド+控えめなスプラッシュを発生。

少し強く存在感を出したい時は、リーリング+細かなロッド操作で動かすのがおすすめ。

ただし、あまり強く動かすとフロントフックがリーダーを拾いやすいのでほどほどに。

ポーズの長さはカウント1~2くらいを目安にしています。

メバチヌポッパー メッキ 釣果

シャローフラットエリアをワンテンポのポッピングで探り、良いサイズのメッキがヒット!
少し強めのアピール力が欲しい場面のライトゲーム五目に最適ですね。

スローなドッグウォーク

2つめは狭いスポットをネチネチ・時間を掛けて誘いたい時の使い方。
障害物周りに着くメバルを狙ったりする時に相性が良いですね。

少しラインスラッグを出しつつ、穂先をチョンチョンとシェイクさせてメバチヌポッパーを操作すると、ヘッドを上下にピョコピョコさせつつ、左右に移動距離を抑えたドッグウォークアクションを発生。

かなり移動距離を抑えてアクションさせ続けることができるのがメリットですね。

素早く動かすより、スローに動かした方が艶めかしくて良い感じにアクションしますよ。

  1. 連続で穂先を2~5回ほど動かしてネチネチ操作
  2. カウント2~5ほどポーズを与える

こんな感じの繰り返しで使うのが基本パターン。

メバチヌポッパーはヘッドが大きくて潮受けが良いので、この使い方との相性も良いですね!

適したシチュエーションなど

メバルやメッキ・セイゴなどのライトゲーム

メバチヌポッパー 釣果

メバチヌポッパーをメバルやメッキ・セイゴなどのライトゲームに使用する場合は、漁港内の小場所でスレた魚を狙うというより

  • ある程度遠投して広範囲を探りたい
  • 波気立っていたり、少し水が濁っている
  • 釣れる魚のサイズが20cm前後以上
  • マズメの時間など、短い時合いでテンポよく魚を抜きたい

このような時におすすめですね。

ライトゲーム用ポッパーとしては若干強めなので、小型を狙う時や、スレた場所ではルアーの存在感・ボリュームが少し強いと感じることがあると思います。

チヌ狙い

一方でクロダイやキビレを狙う場合ですが、このポッパーは上手に使うとかなり強い破壊力を発揮する印象ですね。

  • チヌ以外にもメッキやセイゴなども同時に狙いたい
  • チヌのサイズが若干小さく、30cm台程度までが多い
  • チヌ専用のトッププラグだとチヌが嫌がって逃げたり、あと一歩で食わない
  • 内湾のポイントなど、そこまで遠投する必要が無い
  • 水深がヒザ下くらいの超シャローエリアを狙う

このような状況下でおすすめできるポッパーですね。

メバチヌポッパーは全長45mmと、チヌにとっては一口サイズです。

ですので、チヌ用のトッププラグよりも明らかにミスバイトが減る場面がありますし、警戒しながらチェイスしてくるのではなく、ルアーを見つけた途端に一発で吸い込まれることが多い印象。

これはメバチヌポッパーの絶妙なサイズ感のメリットだと感じます。

一方でアピール力自体は弱くなるので、少し沈んだチヌを引っ張り上げてバイトさせたりするのは少し苦手ですが。

私の場合は、水深が超浅いビーチや小磯の磯際などを狙う時に好んで使ってますね!

まるなか

気難しいチヌを狙う時、メバチヌポッパーがパターンにハマるとかなり強いよ!

気になる点

メバチヌポッパーはそのサイズ感・アピール力をしっかり把握して使うことでパターンにハマると強いパワーを発揮しますが、欠点としてはフックの弱さですね。

どうしてもライトゲームに使うことを意識したフックになっているので、チヌ狙いで使うにはフックが弱め。

少し負荷を掛けてやり取りしたり、掛かりどころによってはチヌの歯・顎の力でフックが折れますね。

メバチヌポッパー 欠点

私のメバチヌポッパーは、7~8枚ほど良型のクロダイを釣ったところでフックがあっさりと折れました。

チヌ用に使うのであれば、フックはワンランク太軸に変えても良いでしょう。

まとめ!

メバチヌポッパー チヌ 釣果

今回はルーディーズのメバチヌポッパーのインプレをしました。

  • 小粒ながら5gのウェイトがあり、優秀な飛距離!
  • ボディ容積がそれなりにあるので、浮力はしっかり確保されている
  • カップが大きく、操作感が分かりやすくてスプラッシュがしっかり出る
  • ライトゲーム用としてはやや大きめ、チヌ用としては小さすぎない絶妙なサイズ感!

要点をまとめるとこんな感じ。

ファットなショートボディながらしっかりとした存在感を放つポッパーで、上手に使えばかなり面白い効果を発揮しますね。

スレたチヌ狙いにもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です