メジャークラフト マキジグスローをインプレ。オールラウンド系ブレード付きメタルジグの使用感とは?

巻きジグスロー インプレ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は最近増えてきているブレード付きのメタルジグを紹介。

「メジャークラフトのマキジグスロー」の使用感やアクションの質を詳しくインプレッション。

マキジグスローはその名の通りただ巻きで使用するのはもちろん、軽めのロッドアクションで使用することもできる。

ブレード付きのメタルジグとしては非常に扱いやすく、変な癖が無いので誰にでも使いやすいアイテムだと感じている。

ここでは私なりの使用感について詳しく紹介していくので、アイテム選びの参考になったらうれしく思う。

▼【おすすめ記事】メジャークラフトのメタルジグインプレ一覧ページ

メジャークラフト ロゴメジャークラフトのメタルジグインプレ一覧ページ

メジャークラフト マキジグスローのスペック・ラインナップ

まずは巻きジグスローのラインナップを簡単にまとめておこう。

  • 重量:20g、30g、40g、60g
  • 重心バランス:リア重心
  • フック:フロントシングル+リアトリプル

ラインナップは20gからになっており、スーパーライトショアジギングライトショアジギングを中心にオールラウンドに使える。

巻きジグスロー カラーラインナップ

出典:メジャークラフト 巻きジグスロー商品紹介ページ

カラーラインナップは上記の通りで、ナチュラル系~アピール系までまんべんなく揃っている。

マキジグスローを「サクッと」インプレ!

巻きジグスロー ヒラメ 釣果

ここからが本題で、マキジグスローのインプレッションを進めていこう。

まずはこのルアーの使用感について、ざっくりとまとめておく。

  • 飛距離:ブレード付きメタルジグの中では良好
  • フォール:水平姿勢でフォール。動きは若干ナチュラル
  • アクション:ブレードの回転+ボディの自然なロール
  • 使い方:スローから中速の誘いにおすすめ。ただ巻き・軽めのリフトフォールなどオールラウンド
  • ターゲット:青物・根魚・フラット等魚種問わずに使える

私なりの簡単なインプレッションはこんな感じで、偏った癖が無くてオーソドックスに使えるブレード付きメタルジグという印象が強い。

魚種問わず使うことができるので、この手のルアーの1つめのアイテムとしても十分おすすめだ。

飛距離

マキジグスローの飛距離についてインプレしていこう。

後方重心設計で飛行姿勢は安定

マキジグスローのボディ形状だが、ボディは厚みを持たせたコンパクトな設計。

巻きジグスロー飛距離

ボディ後方に厚みを持たせてある「後方重心」になっており、キャスト時にボディがバタバタと暴れにくい。

なので飛距離の安定感に関しては非常に良好で、ブレード付きメタルジグの中でも安定してよく飛ぶルアーに分類できる。

多少風が吹いてもグルグル回ったりしにくく、スムーズに飛ばすことができるぞ。

30gで90m+αの飛距離

私が使用したマキジグスローは30gのモデルになる。

私の場合、一般的な30gのメタルジグをキャストすると、飛距離についてはだいたい90m後半~105m前後飛ばすことができるものが多い。

マキジグスローの場合はブレードが空気抵抗になる為、さすがに普通のメタルジグよりは飛距離の面では劣る。

実際に飛距離を測定してみると、無風時にキャストするとだいたい90m~95m前後の飛距離が出せている。

弱い追い風の状況下でキャストすると105mほどまで飛距離は伸びた(ラインのマーキングにて測定)。

この飛距離はブレード付きのメタルジグの中では十分よく飛んでおり、飛距離の面で不満は感じていない。

フォールアクション

次はマキジグスローのフォールアクションについて紹介していこう。

水平姿勢のフォール

マキジグスローはボディ形状としては後方寄りの重心設定だ。

本来後方重心のメタルジグは尻下がりに素早くフォールするのが一般的。

しかしブレード付きのメタルジグの場合は、ブレードが抵抗になるのでボディを多少後方重心寄りに設計しても水平フォールしやすい。

マキジグスローの場合もブレードの抵抗をうまく利用してフォール姿勢を作り出すように作られており、滞空時間のある水平フォールで沈下していく。

巻きジグスロー フォール

マキジグスローの裏面は切り立ったような平面的な形状になっており、フォールを意識した左右非対称の設計。

フォール速度は普通のメタルジグよりも遅くなるので、水深が浅い場所でもフォールアクションを使いやすい。

フォール時の動きは平均よりやや大人しい

水平姿勢で沈下しているマキジグスローだが、フォール中はブレードの回転+ボディアクションが加わる。

アクションとしてはナチュラルなローリングが入り、ヒラヒラとジグ本体が動きながらバイトを誘える。

フォール中アクションの大きさは若干おとなしめな印象だ。

ヒラヒラアクションは入るものの左右にイレギュラーに大きく動くことはなく、自然に落ちていく。

マキジグスローの使い方・アクションの質

巻きジグスロー 使い方

次はマキジグスローの使い方について、代表的なものを紹介していこう。

ただ巻き(スロー中速メイン)

最もシンプルかつ基本となるのがただ巻きだろう。

マキジグスローはかなりゆっくりとアクションさせるとボディは殆ど動かず、テールのブレードアクションのみが立ち上がる。

そこから少し速度を上げると、ボディがナチュラルにロールを始める。

マキジグの形状を見ると、ハヤブサのジャックアイマキマキ(インプレッションはこちら)を意識して作られている印象はあるね。

ジャックアイマキマキ

ただし、ジャックアイマキマキの方がボディアクションを立ち上げるにはリールを少し速く巻く必要がある。

なので「ブレードアクションのみ」と「ボディアクション+ブレードアクション」の切り替えで誘ったりするのはジャックアイマキマキの方が楽にできる感じがする。

マキジグスローの場合はボディを動かさないように使おうとすると、かなりスローに巻かないとボディが動いてしまうからね。

一方で巻き速度を上げても大きく動かないのが巻きジグスローで、この辺りは使い方や好みによってどちらが良いのかは分かれるだろう。

なお、引き抵抗については平均的で軽すぎず重すぎずでちょうど使いやすい印象だ。

マキジグスローのブレード形状はウィロー型なので、ブレードの波動はナチュラル。強くブルブルと動くというより、細かい波動で動く。

基本のただ巻きのやり方としてはスロー中速でリールを巻き続けるのもOKだし、底物を狙う時は

  1. リールのハンドル2回転~5回転くらいで誘いを掛ける
  2. 軽くテンションを掛けてフォールさせて着底

こんな感じでボトム周辺を丁寧に引けば魚は釣れる。

スロー専用のメタルジグというわけではなく、巻き速度を上げて使用することも十分可能だ。

リフトフォール(軽めのワンピッチジャーク)

マキジグスローはただ巻きで使用するのもおすすめだが、軽めのロッド操作で縦方向の動きを加えて使うのも良い感じだ。

ロッドアクションを加える時はビュンビュン動かす必要はなくて、20~30cmくらいロッドをチョンチョンと動かすだけで十分。

このアクションでジグを徐々に持ち上げていき、フォールを混ぜて食わせのタイミングを作るのがリフトフォール。

青物狙いの場合はフォールを入れた後に巻き速度を上げ、ジグの動きに緩急をつけたりするのも効果的。

マキジグスローで狙えるターゲット

マキジグスローは「スロー」という名前が付いているが、スローな誘い専用というわけでもないので色んな魚が狙える。

私の場合は時期的に青物が釣りにくかったので、サーフのヒラメ・マゴチゲームにて使用した。

巻きジグスロー 釣れる魚

結果的にはヒラメ・マゴチ・オオニベ・シーバスなどをキャッチしている。

青物狙いでも十分使えるアイテムなので、特にターゲットは気にせず使えば問題ない。

ジャックアイマキマキとの違い

今回紹介している巻きジグと私が好んで使用してきたジャックアイマキマキは、似たコンセプトのメタルジグだ。

ジャックアイマキマキ 巻きジグ

ジャックアイマキマキも左右非対称の後方重心+ブレード付きのメタルジグになり、系統としては同じ分類。

両者の違いとしては、

  • 飛距離については大差ない
  • ブレードの波動はジャックアイマキマキの方が若干明確に伝わる
  • 動きはジャックアイマキマキの方が若干大きめ、巻きジグスローの方がナチュラル

私の印象としてはこんな感じかな。

ブレード ジャックアイマキマキ

後はブレード周りの構造だが、この点においてはジャックアイマキマキの方が固着しにくく、使用を重ねてもブレードの回転性能が落ちにくい感じがする。

最終的には好みになるが、私としてはジャックアイマキマキの方が使い勝手はわずかに上かな。

ジャックアイマキマキの方が若干操作感に軽快さがあり、「モッサリ感」が小さくてキビキビと動かしやすい。

ただ巻きを重視するならマキジグスロー、ロッドアクションを使った使い方も意識したいならジャックアイマキマキという選び方もおすすめだね!

どちらも使いやすくてオールラウンドに使えるブレード系メタルジグなので、興味があったら使ってみてほしい。

▼【関連記事】ハヤブサ ジャックアイマキマキのインプレッションはこちら

ジャックアイマキマキハヤブサ ジャックアイマキマキをインプレ。多彩な誘いができる!ブレード付きメタルジグ

おすすめ関連記事!

▼ブレード付きメタルジグのおすすめはコレ!

ブレード付きメタルジグ おすすめ ブレード付きメタルジグはどれがおすすめ?実釣比較で使用感・特性別に解説!

▼ライトショアジギング用メタルジグ選び・おすすめアイテム解説!

ライトショアジギング メタルジグ 選び方 おすすめ 【実釣比較】ライトショアジギング用おすすめメタルジグ・選び方の基本を徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です