12月20日更新分 強風のライトゲームで良型メッキ狙い

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はデイゲームでメッキ狙いに行ってきました。

ちょっと風が吹く予報ですが、良い感じに波が出てくれれば魚の活性も高くなるはずです。

足場が良い堤防をメインに、良型メッキを探してきました!

向かい風のポイントで良型メッキ

とりあえず最初のポイントはシャローとディープが隣接するかけあがりの斜面が急なスポット。

ここはチヌの魚影も結構濃いんですが、水温が下がってきてからはチヌは減ってきてますね・・・。

向かい風が4~5mほどと、ライトゲーム五目釣りには若干強めですが何とかなるレベルかな。

先発はソードビーム+デルタマジックヘビー5gのセッティングで。

良い時はトップにも出る場所ですが、少し活性が落ちると深いレンジを探らないと全く釣れないことも多く、まずはワームを使って状況を見てみましょう。

表層付近にベイトフィッシュの気配はないので、中層~ボトムをメインに、スローなダート&ただ巻きでソードビームをユラユラとスイミングさせてみます。

1キャストずつ狙うスポットをずらしながらかけあがりの斜面を打って行くと、数投目で早速バイト。

上がってきたのは15cm位のアジでした。

抜きあげる時に口切れしたのか、オートリリース。

もう少し大きいアジが釣れるなら狙いたいところですが、ちょっと小さいので深追いはせず。

少しポイントを移動してちょっとした岬状に突き出た場所へ行き、同じようにスローにボトム周辺を狙います。

水深は10m以上ありますが、少し重たいメタルジグやジグヘッドで探れば問題なし。

ここはハタも釣れるポイントですが、移動して1投目でいきなり良いバイト!

少し上のレンジで食ってきたので、これはメッキかな。

結構良い引きでドラグを軽く出しつつ、上がってきたのは良いサイズです。

メッキ ソードビーム

20cm後半の結構良いサイズのメッキでした。
何となく大きいメッキが居そうな気がしていたポイントですが、やはり居ましたね★

良型メッキの群れは小規模だったらしく、次のキャストでも同じサイズがヒットして釣れましたが、2匹釣ったところで全く反応が無くなりました・・・。

釣れると思っていたオオモンハタやキジハタも全く釣れず、ベイトが少なくて状況が良くなかったのかな?
程よく海が荒れていて見た目的には良さそうでしたが。

20cm台中~後半のメッキがポツポツと

いったんこのエリアに見切りをつけ、少し車で移動することにしました。

次は先ほどよりも潮通しは良くないものの、ワンド状の地形で魚が溜まりやすい場所を狙ってみることに。

運が良ければサワラなども居るはずです。

ポイントに着くと海鳥が旋回しており、ベイトの気配がありますね★

ここはやや遠浅な地形をしていて、手前側20mくらいまでは水深数メートルほどのシャロー。
それより沖はガクンと深くなっている岩礁帯。

ここはトップでメッキやチヌが釣れる場所なので、夕凪40Fでサーチしてみます。

若干風が強くて遠投がしにくいですが、まぁ何とかなるか・・・。

適当に投げても釣れる確率が下がってしまうので、海中の岩の入り方を見てピンポイントにキャストしていきます。

メッキはカンパチやヒラマサと似ていて、回遊性がありつつも障害物(根)に着く習性がありますからね。

岩の影などのちょっとしたスポットをテンポよく打って行くと、10分くらいしたところで水面が炸裂!

巻き合わせを入れるとかなり重たい引き。

ドラグを出しつつ上がってきたのは50弱の結構良いサイズのチヌでした。

口先にフックがちょこんと刺さっているだけでかなりヤバそう・・・。

少し慎重にやり取りしつつ、海面付近まで降りられる場所へ誘導。

ゆっくり・丁寧に誘導したんですが、後少しの所で口切れしてバラシ。

結構良いコンディションでカッコいい個体だったので、少し残念。

まぁ、気を取り直して次を狙いましょう。

コンディションの良い回遊型の個体っぽかったので、やはりベイトを追ってシャローに差してきたのかな?

何となく釣れそうな気配を感じつつ釣りを続けると、しばらくしたところで夕凪にスピーディーなバイト!

今度はキュンキュン引くので、チヌではないですね。

夕凪 メッキ

まずまずなサイズの本命を追加。
このスポットでももう1匹連続で釣れましたが、その後は定番の沈黙モード。

メッキの群れが全体的に小さいのか、スレてしまうのか、一瞬で移動してしまうのか分かりませんが、一か所で連発することが無いですね。

その後トッププラグに反応が無くなったので、ソードビームに戻して根掛からないように根回りを探ってランガンすると・・・

メッキ ソードビーム

入れ食いにはなりませんが、ポツポツと釣れるテクニカルな展開。

地味に釣果を伸ばしていると

ソードビーム メッキ

今日一番の型。
おそらくギリギリ尺に届かないくらい、29とかかな。

このサイズになるとヒットしてからの重量感はかなりありますし、まだ水温がそこそこ高いので超引きます★

ソードビームを丸のみでしたね。

結局今回はこんな感じで、入れ食いとはならなかったものの、そこそこの型のメッキが釣れたので楽しかったですね!

使用タックル

  • ロッド:ダイワ 月下美人EX 68L-T・Q
  • リール:シマノ 22ステラC2000SHG
  • ライン:DUEL アーマードF+Pro 0.4号、サンライン ブラックストリームプラズマ 1.75号
  • ルアー:ダイワ 月下美人夕凪40F誘、タックルハウス ショアーズストリーマーなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です