7月8日更新分 爆風のチニング五目でフラット・ロックフィッシュ好調!

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は朝に用事を済ませ、昼前からゆっくりとチニング五目釣りへ。

タイミング的に干潮周りなので、シャロー狙いは少し厳しいかも。

潮位的にチヌが厳しければ、少し深い場所を狙ってロックフィッシュや青物を狙うプランですね。

果たして今回はどんな釣行に?

風速10m近い風に苦戦

ここの所、毎日風が強い状態が続いていて、今回も風速8~10mくらいのコンディション・・・。

風向きによっては何をやっているのか分からなくなってしまう始末で、狙えるポイントも少なくなりますね。

風自体はチヌにとってプラスに作用するので良いんですが、釣り自体が困難になってしまうと、どうしようもありません(-_-;)

できるだけ正面、または追い風になる場所に狙いを定めて打って行きます。

干潮周りということで、普段狙っているかけあがりの周りは干上がっている場所も多く、中々良さそうな場所が無い・・・・。

何か所か周り、少し深い場所のかけあがりが狙えそうだったので、さっそく準備をして釣り開始。

先発はアーバンシュリンプをチョイス。

シンカーはいつもの7gのフリーリグ、風を利用したドリフトメインで探ります。

ロッドアクションをつけると糸ふけが発生してしまい、ワームのコントロールが不可能になりますからね。

フグの存在が不安でしたが、潮位が下がって沖に散ったのか、ワームの損傷はあまりない様子。

かけあがりの斜面に沈み石が絡むスポットを打って行くと、数投目で早速バイト。

合わせを入れるとかなり重たい感じですが、引きは大したことないですね。

カサゴ

釣れたのは良いサイズのカサゴ。
良型カサゴの口は迫力が出てきますね★

このスポットは良型カサゴが居着いているようで、20cm台中~後半をサクッと数匹キャッチ。

少し歩いて若干遠浅の場所へ行くと、中々掛からないガツガツ系のバイト。

何度かフッキングミスしつつ何とか掛けることに成功しましたが、結構引きます。

良いサイズのベラか何かだと思ったら・・・

ショゴ

ショゴ(笑)

リリースしてまた投げ返すとショゴが再び釣れましたね。

オフセットフックを使ったボトムドリフトでショゴが釣れるなんて、地元では考えられません(笑)

ちょっとジグに変えて水面直下を流してみると、ワンキャストワンヒットで釣れました。

ショゴは最近良く釣っているので、深追いはせずに少し場所を変えてボトムをドリフトさせると、モゾモゾ系のバイト。

この感触は思い当たるものがあり、10秒以上食い込ませてから合わせると無事ヒット。

ちょっといい引きで上がってきたのは・・・

マゴチ

予想通り、マゴチでした。

この地ではヒラメやマゴチを狙っている方は誰も居ないんですが、ある程度は釣れますね。

他の魚が多すぎるので、ヒラメやコチは静岡の方が狙って釣りやすいと感じます。

その後、これといった反応が無いのでポイント移動。

潮位が低いと、このポイントのチヌは沖に出てしまって居ないのかな?

捨て石の斜面でロックフィッシュ狙い

次のポイントは、水深5m前後から10mほどに落ちる捨て石が入ったかけあがり。

至近距離がポイントになるんですが、追い風になっているので釣りはやりやすいです。

かけあがりの斜面に対して斜めにワームをキャストし、ボトムバンプとスイミングを使い分けて探っていきます。

カサゴやチヌ狙いならボトムバンプだけでOKですが、ハタやクエは結構上のレンジで食ってくることもあるので。

見た感じイワシっぽいベイトが岸壁沿いに泳いでいて、条件的には悪くなさそう。

少し上のレンジをヘコヘコと軽くロッドアクションを与えながらスイミングさせ、斜面の上に着底するようにテンションフォール・・・。

すると、着底寸前でゴツンとバイトがあり、合わせると良い引き。

カサゴではない抵抗感を感じつつ、ワクワクしながら寄せてくると・・・

キジハタ

キジハタをキャッチ★
悪くないサイズです。

ここはキジハタがポツポツ釣れるスポットだったので、狙い通り釣れて良かったです。

その後、小型のキジハタと良型カサゴをポツポツ追加していくと、少し沖でボイル発生。

犯人はだいたい分かっていますが、ペンシルベイトのフェイキードッグCBをキャストし、速めのスケーティングで誘うとルアーの奪い合い発生。

突っ込み系の鋭い引きを味わいつつ、抜きあげてキャッチ。

ショゴ

ボイルの犯人はやっぱりショゴでしたね。

その後、ショゴを2匹、サバを1匹トップゲームで追加し、次はチヌメインのポイントへ移動。

風でチヌの活性は高いものの・・・

次はチヌが多いポイントを見て周りますが、強烈な横風・・・。

見た感じシャローにチヌっぽい影もあるんですが、風でワームが流されるとボトムのカキガラなどに根掛かってしまい、非常に釣りにくい(-_-;)

気分転換もかねて、ワームを鉄板のハリーシュリンプにチェンジしました。

沖の深い場所へワームを落とすとすぐにアタリがあり、オオモンハタをキャッチ。

オオモンハタ

オオモンハタとカサゴはいくらでも釣れる感じですが、今はチヌ狙いなので、深場狙いはほどほどに。

横風の影響を受けにくくするよう、岸と平行に近い角度でキャストしてくと、待望のガツガツ系のバイトあり。

しっかり食い込ませてから合わせを入れると、かなり良い引きでドラグが出ました。

良型クロダイっぽいですが、引きを楽しみつつ寄せてくると、50チョイ位の年無しです。

足場が低い場所へ魚を誘導し、フィッシュグリップを使ってキャッチしようとしたら、まさかのフックアウトでした。

その後すぐにまたアタリがあり、今度はしっかりキャッチ。

クロダイ

少しサイズは小さくなりましたが、1キロ前後、長さは43とかそれくらいでしょうか。

その後、ラストに年無しに少し欠けるくらいのチヌが猛チェイスしてきましたが、フッキングミスで終了。

違う場所へランガンすればチヌはもっと釣れるはずですが、風が強すぎるので、今回はこれにて撤収です。

最初はチニングメインの釣行でしたが、結果的には色々釣れて良かったです。

チヌとハタを狙う水深で釣り分けられるポイントなどもかなり分かってきたので、楽しいですね★

風が弱くなれば、磯でクエ・良型ハタ狙いをしたいところですが・・・。

使用タックル

  • ロッド:ジャクソン オーシャンゲートLGMIX 74L-K ST
  • リール:シマノ 22ステラC3000XG
  • ライン:バリバス マックスパワーPE X8 0.6号、サンライン ブラックストリームプラズマ3号
  • ルアー:ダイワ アーバンシュリンプ、ボトムアップ ハリーシュリンプ3インチ、ジップベイツ ザブラフェイキードッグCBなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。