5月の静岡チニング釣行 良型クロダイの釣果あり!

クロダイ 静岡 釣果

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、先日はいつものチニングに行ってきました。

今回はちょっと西方面へ行ってみることに。

相変わらずチヌはず~っと釣れ続けていますが、場所やタイミングによっては小型が多くなってきましたね(-_-;)
水温もかなり上がってきているので、水深が浅いシャローエリアの様子を中心に見てみることにしました。

果たしてどんな釣行になったのか?

澄潮+シャローに差したクロダイ狙い

浜名湖へ行こうかとも思ったんですが、今回はもう少し近場でちょっとだけ釣りをしたい気分だったので、ちょっと西方面に行くことにしました。

時間的には下げ潮になるので、潮位が低いタイミングで割と実績があるポイントへ行ってみることに。

ロングステイとズル引きで良型クロダイ

とりあえずポイントに到着しましたが、思ったよりも水位が下がってますね。
水質もかなりクリアな状態で、チヌのプレッシャーが少し高そうです。

キビレよりもクロダイが多い場所なので、ワームはあまり動かさずにズル引きとステイ・小刻みなロッドアクションで探るのが良いかな。

先発は最近一番よく使っていて安定して魚を引っ張ってきてくれるハリーシュリンプの3インチ。
シンカーは7gで様子を見て、根掛かりが多そうなら5gに落とすプランです。

とりあえず周囲の状況を見ながらランガン気味に探っていくと、岸近くの浅い場所にチヌっぽい影が時々見える。
かなり距離を取ってワームを入れ、一旦ロングステイでチヌの違和感を消す・・・。

その後はデッドスローのズル引きをメインに、ステイを入れてワームをフワフワ漂わせたり、超小刻みなロッドアクションで動かしたり。

静岡中部のチヌはもともとルアーに反応が悪い個体が多いので、基本的に見えている個体は釣れないと思った方が良いです。
一目散に逃げていく個体を釣るのはほとんど不可能ですが、うまく距離を取って探りを入れた時に逃げない個体はサイトでも釣れます。

ただし、夏場に発生するようなシャローでボーッとしているチヌは例外ですね。
あの子たちはスレ過ぎて何をやっても逃げなかったりしますが、餌を落としても完全無視のことも多いので。

ワームをキャストしても逃げず、なおかつうまく誘いを入れた時に「ピクッ」と反応する個体が居たら狙ってみると良いです。
今回はそんな感じで浅い場所にいるチヌを見つけたら軽く狙いつつ、沖の深い場所も探っていきます。

しばらくランガンしたもののアタリは無く少し歩いて移動していくと、超シャローに良型チヌの姿を発見★

ちょっと様子を見ていると、海底に潜むカニかエビを探しているのか、顔を下に向けてギラッと反転しました。

これはサイトで釣れる可能性が高いチヌなので、ちょっと慎重に立ち位置を決めてアプローチ・・・。

カキガラが少し多い場所なので根掛かりしないように注意しつつ、時間を掛けてチヌの視界までワームをズル引き。
その後ステイを入れていると、チヌがフラフラ~っとワームの方が泳いでいきました。

しばらくステイを続けていると、チヌが下を向いて静止。

長めにステイを入れてから2回連続で穂先をチョンチョンと動かし、ワームを動かす。

すると、ワームが動いた瞬間にギラッとチヌが反転してから沖に向かって泳ぎました。
同時にラインがスススーッと走ったので、ここでフッキング。

合わせを入れると重量感のある引きで、ドラグも良い感じに出ました。
カキガラや石が多い場所なので、ラインが擦れないようにやり取り。

引きを楽しみつつ寄せてくると、口の横に皮一枚の掛かり方。
口切れしそうな気配があるので、ちょっとドラグを緩めて負荷を掛けないように注意してランディング体制へ。

岸壁沿いまで寄せたら大人しくなったので、ここでタモを伸ばして素早くキャッチ成功です★

クロダイ 静岡 釣果

40後半ほどの良型クロダイをキャッチしました。
キビレのようなスピード感はありませんが、その分重量感がある重たい引きで楽しかったです。

とりあえずこれで今回もボウズ逃れはできたので良かった。

移動して小型のキビレをキャッチして終了

その後しばらくこのポイントをランガンしたものの、沖に投げてもチヌのアタリは2回ほどあっただけでショートバイト過ぎてフッキングできず。
岸近くにいるチヌも全くワームに反応する気配がなかったので、ちょっとポイントを移動してみることにしました。

次にやってきたのは、夏場にかけて中型のチヌがメインに釣れる場所です。
だいぶ水温も上がってきたので、うまくタイミングが合えば楽しい釣りができるはず。

ここは沖合に駆け上がりがあるので、その斜面を基準に釣っていきます。

ワームはそのままハリーシュリンプで探りを入れます。

潮はあまり動いておらず、濁りもあまりないのでちょっと厳しそうな感じ(-_-;)
すぐにプルプルとした嫌な感触があり、フグにワームを盗られました・・・・。

フグが居ると釣りにならないので少し歩いてポイントを移動して探りを入れると、ガツッというチヌのバイト。
感触的に小さいチヌではなさそうでしたが、それっきり追い食いは無し。

やはりかなり活性が低いようです。

誘い方もズル引きとステイをメインに、時々変化を与えるために最小限のロッドアクションを交えて丁寧な釣りを心がけます。
駆け上がりの斜面を越え、かなり手前の浅い場所に差しかかった時にコツコツコツっとバイト。

軽い感じのアタリでしたが、フグっぽくはなかったので少し食わせてから合わせを入れるとヒットです。

キビレ

夏サイズの小キビレでした。

30cm位あればまだ良いですが、20cmちょっとくらいなのでチニングで狙うにはちょっと小さい。
とりあえず小さいキビレが既に入ってきていることが分かったし、1匹まずまずなクロダイも釣れていたのでこれにて撤収することにしました。

使用タックル

  • ロッド:ダイワ 月下美人AIRAGSメバリングモデル 78ML-S
  • リール:ダイワ 19バリスティック LT2500SS-CXH
  • ライン:ゴーセン ROOTS PE X8 0.6号、サンライン ブラックストリームプラズマ2.5号
  • ルアー:ボトムアップ ハリーシュリンプ3インチ+フリーリグシンカー7g

おすすめ関連記事!

▼ハリーシュリンプ3インチを徹底インプレ!

ハリーシュリンプ インプレボトムアップ ハリーシュリンプ3インチを徹底インプレ!【バス・チニング・根魚】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です