九州ライトゲーム釣行 チニングでヒラメ連発・メバルゲームも満喫!

ヒラメ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、釣りの旅も後半戦ですね。

今回も昨日とは違うエリアへ出かけ、ポイント探索・街並みを拝見してきました。

朝マズメが過ぎてからの釣行ですが、ボトム狙いのチニングで明るい時間帯を過ごし、暗くなってきたらメバル狙いのライトゲームという定番のプランです。

果たして今日はどんな魚に出会えたのか?

河川絡みのポイントでヒラメ連発!

誰もいない貸し切りの釣り場をランガン

まずは河川絡みのポイントに目星をつけて釣行してみました。

静岡よりものんびりしていて釣り人も少なくて良い感じ!
ここならキビレ・クロダイが狙えそうな感じですが、果たしてどうか・・・。

まずは歩いて地形チェックをしながらあちこち回ってみると、浅い場所にデカいクロダイが多数。

しかしこういう個体を釣るのは非常に困難なので無視します。

しばらく歩いていくと、良さそうなポイントを発見しました。
水が澄んでいてちょっとタフそうな感じがするので、今回の先発はボトムアップのハリーシュリンプ3インチ。

このワームは先日九州の釣具屋さんで発見して購入したアイテム。
クレイジーフラッパーなどと比較すると微波動アクションになると思うので、使い分けに良さそうだと思ったので買ってみました。

これをフリリグシンカー7gを合わせて使ってみます。

まずは見える場所でワームを動かしてみると、狙い通りのナチュラルなアクションでこれは絶対に釣れるやつですね★

アクションチェックが済んだら気になる地形の場所を重点的に探っていきます。
水深・ボトムの質感的に非常に良い感じだと思った矢先、いきなりバイト。

感触的にだいたい犯人は分かりましたが、少し待ってから合わせを入れるとヒットです。

ヒラメ

狙ってないのにまたしても釣れてしまいました(笑)
誰もヒラメを狙っている方は居ませんが、明らかに静岡中部よりも良く釣れますね。

とりあえず2投目でヒラメをキャッチし、今回もあっけなくボウズ逃れに成功しました。

ヒラメをリリースして釣りを再開すると、ヒラメのアタリが多数。

活性が低いらしく全くフッキングしませんが、どう見てもヒラメの感触。
オフセットフックを使っているので、しっかり飲ませないと掛からないんですよね。

歩き回って釣りをしても当たるのはヒラメばかりで、何度かフッキングミスしましたが、ようやくヒットしました。
今度はかなり重たい感じで、ドラグが良い感じに出されました。

手前に寄せてもかなり大暴れする元気な個体でしたが、タモを使ってキャッチ。

ヒラメ

まずまずなサイズのヒラメをキャッチしました★
1キロそこそこ、50ちょいといったところでしょうか。

こいつもすぐにリリースして釣りを再開しましたが、その後もヒラメを2枚追加(笑)
ヒラメを狙ってみるわけではないんですが、どうしてヒラメにこうも好かれるのか。

移動してキビレ・そしてまたヒラメ

しばらくすると流れが変わったためか全くアタリが無くなりました。
ここで目星をつけておいた他のポイントへ行ってみることに。

釣り場に到着すると非常に良い雰囲気で、チニングが十分成立しそうな気配。
ここも釣り人は誰もいませんが、私の勘が正しければ釣れるはずです。

手前の浅い場所はフグが沢山泳いでいるので、沖に遠投して探りを入れます。
するとガツガツ系のアタリがすぐに出ますが、小さいチヌらしくフッキングできない。

何度かフッキングミスを繰り返していると、違うアタリが・・・・・。

そして釣れたのは

ヒラメ

いったいどうなっちゃってるんでしょうね(笑)
また釣れました。

こっちはヒラメマンなんて誰もいないのに・・・・。

その後も掛からないアタリが何度かありましたが、リアクション気味に少し早めの誘いでガツンと良いバイト。

キビレ

狙い通り、キビレをキャッチです★
とりあえず狙っていないヒラメはたくさん釣れたし、キビレも釣れたのでボトムゲームは終了しました。

夕マズメのメバルのサイトフィッシング

その後ライトゲームに適した釣り場の探索に出掛けましたが、イカ狙いの方が多くてヤバいですね・・・・。

分かりやすいポイントはどこもイカ狙いの釣り人が沢山いるので、ちょっとマイナー気味な釣り場を探すことに。

海藻の陰にメバルが沢山

何か所かポイントを回り、やってきたのは小規模な漁港。
釣り人はほとんどいませんが、ところどころにメバルっぽい魚影が★

浮いている感じがしたので、トッププラグを使ってみると・・・

メバル

速攻でチビメバルがヒット。
明るい時間帯でもメバルが普通に釣れるなんて羨ましいぜ。

小さいメバルはいくらでも釣れる感じで、静岡で言うネンブツダイの群れがメバルになった感じが近いかな?

薄暗くなってくると、シンペンのドリフトやリアクション狙いのシャッドのジャークなどでメバルが連発。

メバル

そんなこんなでメバルをポンポン釣り、満足したので今日の釣行を終えました。
なぜかヒラメが沢山釣れるという、良く分からない展開が続いていますね(笑)

3 COMMENTS

けいぱぱ

こんばんは‼️

九州でも、楽しそうに釣りされてますね‼️

質問なんですが、マルナカさんがボトムチニングで使用されてるフックの種類と大きさを教えて頂けますか??

返信する
まるなか

こんにちは、まるなかです。

オープンエリアでの使用やワームのズレが気にならない時はオカッパリフック、ワームがずれやすい時はマルチオフセットX、またはLTオフセットを使っています。
サイズは2番がメインです。

チニング関係の質問が最近かなり多いんで、需要があれば基礎講座をやろうかと思います。

返信する
けいぱぱ

ありがとうございます!

フックは種類が多すぎて、大きさ含めて迷っておりました。

チニング講座、皆待ってますよ笑

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です