九州チニング・ライトゲーム釣行 幸先良くキビレ・ヒラメ・メバルをキャッチ!

キビレ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、先日から続く四国・九州の釣りの旅。

今回は四国を離れて九州へ初上陸です!
フェリーに乗ってみましたが、のんびり移動するのも楽しかったです★

とりあえず午後から時間ができたんですが、チニング用のシンカーが無くなってしまったのでピンチ!
四国にはあまり大きい釣具店が無く、私が欲しいシンカーが買えませんでした(-_-;)

なので九州へ上陸したら、まずは釣具店へ行ってみました。

大手のチェーン店を発見したんですが、静岡の量販店よりも更に広く、品ぞろえも非常に多かったですね。
淡水・海水問わずに色んなジャンルのアイテムが綺麗に・豊富なラインナップで並んでいました。

無事欲しかった重さのシンカーも購入することができたので、車を走らせて釣り場へ。

デイゲームでお手軽に遊べるチニングからスタートしました。

九州のチニングは幸先よし!

僅かな地形変化を狙ってキビレをキャッチ

とりあえず良さそうなポイントへ到着したんですが、パッと見た感じでは平坦なシャローフラットですね。

まだ3月ということで、水温が低い状況下ではシャローフラットに魚が上がりきっていない可能性が高い。
なのでちょっとでも地形変化があり、チヌが落ち着きやすいスポットを見つけるために歩き回ってみます。

数百メートル位歩いたところで、見た感じ少し深くなっている場所を発見しました。
ササっと釣りの準備を済ませ、鉄板のクレイジーフラッパー2.8インチに追加で補充したフリリグシンカー7gをセット。

深そうなスポットにワームを送り込んでみますが、それでも水深は2m+αくらいかな?
本当はもう少し深いのがベストですが、他に良さそうな場所も分からないし・・・・。

小刻みなロッド操作とシェイキングを交え、しっかりポーズを入れて動きに変化を出します。
すると、数投目に引っ手繰られるようなバイト。

合わせを入れるとガツガツ系の引き、九州初釣行も幸先が良いです★

キビレ

早速キビレをキャッチし、ボウズ逃れにあっけなく成功しました。
チニングのポイントセレクトは要点を習得できたと思います。

かなり良い感じにキビレが釣れたのでその後も期待したんですが、どういうわけかノーバイト。
深追いはせず、次のポイントへ行ってみることに。

深い場所でヒラメをキャッチ

その後地図を見て水深が深そうな場所をピックアップし、何か所か回ってみると良い感じに掘れたスポットを見つけました。

だいたい水深が5m前後あり、期待できそうな地形です。

ここもクレイジーフラッパーで探りを入れてみると、忘れたことにガツガツ系のバイト!
しかしすっぽ抜けてしまって痛恨のミス。

その後40cm位のヒラメをキャッチしました。
少し出血していたので即リリース。

ライトゲームでメバルの数釣り

その後徐々に夕暮れが近づいてきたので、チニングからライトゲームにシフトしました。

人気ポイントは人だらけ・・・・

車を走らせてあちこちポイントを見て回ったんですが、分かりやすい堤防の常夜灯周りは平日だというのに釣り人が沢山います・・・。

見た感じアオリイカを狙っているようですが、九州のイカ釣り人気を侮っていました。

静岡の数倍以上のイカ釣り師の方がいるように思えましたね。

私の場合は並んで釣りをするのが嫌なので、あまり目立たないような小場所を探ってみることにしました。
最初は中々魚の反応が無かったんですが、ちょっと狙い方を変えるとアタリが。

メバル

小さいながらもメバルが釣れて一安心。
静岡の場合はこのサイズのメバルを釣るのは逆に難しく、25cm以上の個体を単発で拾う釣りになります。

なので私としては小型~中型までの数釣りは新鮮味があり、これこそ定番のメバリングという感じがしますね!
以前は静岡でも可愛いサイズのメバルが群れていましたが、近年は全く見かけなくなりましたから・・・・。

1匹メバルが釣れたことで、自分なりにパターンが何となくわかった気が。

その後同じような感じで釣っていくと、急にアタリが頻発。

メバル

サイズは15cm前後がメインで大きくても20cm弱程度でしたが、超久々の数釣りが出来ました。
魚たちは人的プレッシャーをやや感じてはいるものの、静岡の魚のようにひねくれてはいないので、正しいことをやればすぐに答えが返ってくる感じがします。

粘ればいくらでも釣れそうな感じですが、あまりいじめても可愛そうなのでほどほどで終了。

九州だからといって良型メバルがイージーに釣れるわけではないようですが、この感じだと磯を開拓すれば大きいのもたくさん釣れるでしょうな。

イカ釣りの方を見て思いましたが、皆さん分かりやすいポイントに集まっているので、地形変化などを見てポイントを開拓すればもっと釣れる気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です