釣りの旅4日目 ボトムゲームメインで癒しの釣り

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はボトムゲームをメインに探索してみることにしました。

朝マズメが終わってからの時間なので、メインターゲットとしてはチヌや根魚を想定。

ボトムゲーム関係の情報が皆無の地域ですが、果たしてどんな釣行になったのか?

河川絡みのポイントで五目釣り!

とりあえずどんな場所なのか全く分からないので、地図を見て良さそうな所を何か所かピックアップ。

まずは河川の流れ込みの周辺を狙ってみることにしました。

ポイントに到着して様子を見てみると、フグが盛りだくさん(笑)

何となく予想はしていましたが、地形的には岩礁帯メインの悪くない雰囲気。

沖合は砂泥底かな?

シャローエリアの様子を見ていくと、なんと3kgクラスのデカい尾長メジナの群れを発見!

相変わらずポテンシャルがヤバいですな(-_-;)

静岡中部では絶対に見られない光景にテンションも上がります。

とりあえずボトルシュリンプをチョイスし、駆け上がりの斜面から向こう側を丁寧に探る。

斜面から手前側はフグとベラが湧いているので、ワームがいくらあっても足りなくなります。

すぐにアタリが出ましたが、重たい感じの引き。

カサゴ

良いサイズのカサゴをキャッチ。

静岡ではあまり釣れなくなったサイズですが、こちらではボコボコ釣れました。

カサゴは数投に1匹くらいのペースで釣れてきますが、そろそろ違う魚も釣りたいなぁ・・・・。

河川の払い出しが効く場所に歩いて行ってみると、ボトムに白っぽい魚が群れてスタンバイしている。

一瞬ボラかと思ったんですが、肉食魚の居着き方をしている。

ボトルシュリンプは完全無視されたので、ここでライトワインドにチェンジ。

5gのジグヘッドでボトムをトントン叩いてみると、さっきまでジッとしていた群れが突然捕食スイッチオン。

ワームの奪い合いになってすぐにヒット。

結構良い引きを見せて上がってきたのは・・・

ヒラセイゴ

これまた静岡では釣れないパターンで釣れたヒラセイゴ。

日中の見えている個体が簡単に釣れるなんて・・・・。

サイズは30cm台前半~40cmクラスまでで、ライトゲームタックルだと楽しすぎます。

セイゴを連続で数匹釣るとスレてしまい、全く反応が無くなったので再びボトムゲームへ。

時々フグとベラにワームを破壊されつつ、ボトルシュリンプとクレイジーフラッパーでランガン。

カサゴを追加しつつ探っていると、沖合でモゾモゾ系のアタリ。

合わせを入れると結構な重量感で、これはカサゴではない★

ゆっくり寄せてくると・・・

マゴチ

そこそこな型のマゴチをキャッチ。

どうやらフラットフィッシュゲームもこの地で楽しめそうです★

これはかなり良い収穫ですな。

その後、チヌを数匹発見したもののかなりプレッシャーが掛かっており、全く食わせられず・・・。

チニングは少し難しい土地なのかな?

チニング開拓へ!

このポイントに見切りをつけ、次のスポットに行ってみました。

この地でどの程度チニングが成立するのか知りたかったので、チヌが釣れそうな地形の場所を選びました。

底質は砂泥底がメインで、所々に海藻と根が点在する良さそうなポイント。

釣れそうな気配を感じつつ探っていきますが、ここもやはりフグが多い(-_-;)

適当にワームを投げるとフグにやられてしまうので、無駄打ちはできません。

しばらく歩いてポイントの様子を見て回ると、海藻のパッチの影に黒い塊。

「これはもしや!」と思い、少し奥にワームを落とし、ネチネチ探ると・・・

黒い塊がすっ飛んできてバイト!

クロダイ

良いサイズのクロダイをキャッチ。

どうやらチニングも楽しめるようですね★

チヌの餌釣りを楽しむ方がある程度いるのは知っていたので、クロダイの魚影があることは事前から把握していました。

しかし、キビレの釣果をほとんど聞かない場所なので、キビレは居ないのか?

キビレが居てくれた方が数釣りチニングがやりやすいですし。

しかし、そんな不安もすぐに払拭され・・・

海藻のパッチ狙いでバイトあり。

キビレ

幻?のキビレをキャッチ成功(笑)

どうやらキビレも居るには居るようです。

この後で25cm位の小さいキビレも釣れたので、まぐれではなさそう。

このポイントでクロダイとキビレを釣り上げましたが、次のポイントは全然ダメダメで外道ばかり・・・。

更に移動してみると

かわいらしいマダイが釣れました。

このポイントでは良型クロダイを2匹掛けましたが、取り込み直前で2匹ともバラシ。

その後もう1度ポイント移動し

クロダイ

非常に良く肥えたクロダイを追加。

どうやらクロダイ狙いのチニングはかなり成立しそうで、静岡中部よりも普通に良く釣れそうですね(笑)

今回は新天地に近いポイントを見て回ったんですが、チニング・フラットフィッシュゲームともに遊べそうなことが判明したので良かったです。

アジは無限に釣れるし、青物もしっかり釣れる場所なので、引っ越ししたら天国のような環境で釣りができそうです(*^_^*)

静岡中部のようにスレまくりのチヌを釣る時は動かないワームが好きですが、こういう状況下だとクレイジーフラッパーが頼もしすぎますね。

程よくアピール力が高く、チヌを引っ張ってくるパワーがあり、リアクションバイトも誘いやすいので。

今回の遠征は、地域によるチヌの性格の違いが良くわかる釣行になっています。

クレイジーフラッパー並みのボリューム感が欲しい場面で、波動だけを落としたい時は、ボトルシュリンプが良い仕事をしてくれますな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です