静岡ライトゲーム釣行 久々の尺カサゴをキャッチ!!

 

尺カサゴ

さてさて、先日は港の中へライトゲーム釣行。

かなり水温が上がったのか、港湾部はもちろんの事、外洋も水質が悪くなってきてますね・・・・。

港の奥のポイントを選び、セイゴやカマスなどを狙う予定だったんですが全く魚っ気が無く(-_-;)

このままだとかなり厳しい釣りになりそうなので、ボトムをメインにロックフィッシュなどを狙うことに。

今回の相棒はライトゲーム五目用に良さそうだと感じたソルパラアジングモデル。

元々はアジングモデルなんですが、結構強めにできていてアジング以外にも色んな釣りに対応できそうですね。

このロッドの使用感をチェックしつつの釣行になりました。




低活性の港内はボトムゲームに逃げる

最初のポイントにつきましたが、まずはカマスやセイゴ狙いのプランでした。

しかし、水質が悪化している為か全く魚の気配がない・・・・。

表層にボラッコのようなベイトの姿はあるんですが、全く追われる気配もなくバラけていてダメそうな雰囲気。

これは試練の釣行になりそうな気がしたので、沈み根周辺を狙うボトムゲームをやることに。

ジグヘッドはメバスタ2g、ガルプベビーサーディンを付けてボトムギリギリのレンジをただ巻きで・・・・。

所々に海藻が生えており、チヌなんかが釣れそうな気配アリですね( ̄ー ̄)

すると、すぐにモゾモゾッというアタリが出て1本目。

カサゴ ライトゲーム 釣果

まずはアベレージサイズのカサゴをキャッチ。

ちょっと根がきつめの場所だったんですが、ソルパラはかなり強めのロッドなので全然余裕ですね。

アジングロッドの中ではバットの反発力がかなり強い味付けです。

その後もカサゴはポツポツと釣れ、ジグヘッドの重さを1g以下~3g位まで変えて使用感をチェックしたり、プラグなんかも使ってみる。

しかし、ワームでカサゴが釣れるだけでカマスなどの姿は皆無・・・・。

ここで少しポイントを移動し、状況が変わることに期待。

沈み根周りで・・・・・

次にやってきたのも沈み根が絡むポイント。

ここもカマスなどのライズは全くなく、静かな海である(-_-;)

根がある場所は把握しているので、根の境目をなめるようにベビーサーディンでトレース。

時々根にワームが当たるくらいのレンジをキープしつつ、根掛からないようにコントロール。

すると、ゴツンという強めのバイト!!

バシッとアワセを入れると、ゴンゴンという強めの引き。

結構引きが強く、強めに締めたドラグが少し出た。

引き的にヒラメのような感じもあるが、なんか違うような??

ゆっくり寄せてくると、足元付近で根に張り付かれた。

良いサイズのソイかな~と思ったが、正体がわからないのでこれはバラしたくない。

ロッドを高くあげて根から引きはがし、ライトを付けてみると・・・・

これは良いサイズ♪

結構重量はあるが、強度のあるラインを使っているから抜き上げて大丈夫のはず。

ラインが根に擦れているかもしれないのでちょっとビビりつつ、丁寧に抜き上げてキャッチ成功。

尺カサゴ

おぉ~、この口のサイズはやりましたな!

このサイズのカサゴを釣ったのは10年ぶりくらいか?

カサゴ 30cm

普通にデカいです、これは( ̄ー ̄)

メジャーを持ち歩かないので、ロッドに印を付けておいて家で計ってみると、32cm程ありました。

以前は30cm級のカサゴもたま~に釣れましたが、海のルアーが流行ってからは全然釣れなくなったものです。

私的には、ヒラメやマダイを釣るより嬉しい。港の奥地にこういう魚がひっそりと生き延びているとは・・・。

弱らないうちにリリースし、まだ何か釣れないかと同じ根を狙ってみる。

すると、またすぐにガツガツッとバイト♪

今度は鋭い系のアタリで元気に突っ込む感じ。

ロッドの曲がりなどを見つつ、適当にいなして無事キャッチ。

ライトゲーム キビレ

まずまずなキビレでした。

ソルパラはかなり強いので、この位の魚でもまだ全然余裕です。PEラインを巻いておけば、かなり色んな魚を狙えますね。

1万円以下で買える入門用のロッドとしては十分な性能ですね。

穂先はしなやか系のソリッドなので、軽いジグヘッドの操作感もそれなりにあるし・・・・。

既に満足していますが、ラストにちょっと見たい場所が有ったので寄り道。

ラストにカマス釣り

最後にやってきたのはカマスが狙えるピンスポット。

ライズは無いものの、単独行動の個体が釣れたりするのでどうかな?

ジグヘッドを3gに変え、沖にロングキャストして深いレンジを探る。

すると、すぐに小さなアタリが有って20cm後半程のカマスをゲット(面倒なので写真は無し)。

そのまま2匹程追加したんですが、アタリが全く無くなったところで切り上げ。

流石に5月に入るとカマスももう最終盤でしょうね。これからは10cm位の鉛筆カマスがサビキ釣りなどで釣れるはず。

 

港内は全体的に生命感が少なく、この感じだとかなり厳しい感じかなぁ。

サーフはヒラメが良い感じに釣れており、行けば1~2枚くらいは釣れてます。港の中でライトゲームやるなら、サーフで釣りした方が良いか??

水の色が夏っぽくなってきているので、そろそろキスがまとまって釣れる頃かな。

使用タックル

ロッド:メジャークラフト ソルパラ SPX-682AJI

リール:シマノ 19ヴァンキッシュC2000SHG

ライン:よつあみ ロンフォートリアルデシテックスWX8 0.4号,シーガーグランドマックスFX1.75号

ルアー:ティクト メバスタ + ガルプ ベビーサーディンなど

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です