静岡チニング釣行 小型のチヌの中に良型キビレ!

静岡 チニング

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、先日は久しぶりにチニングへ行ってきました。

最近はナマズを釣ったり、サーフで遊ぶことがほとんどでチニングには全く行ってませんでした(-_-;)
春と比べると小さいクロダイやキビレが多い感じになるので、足が遠のいていましたね・・・・。

今回は外洋が波気立つ予報だったので、外が荒れても関係ないチニングに行くことに。

久しぶりなので状況が全く分かりませんが、果たしてどんな展開に?

程よい濁りのコンディション

とりあえずポイントは適当に選んで、ダメなら移動という感じで釣り開始です。
見た感じは前日に降った雨で程よく濁りがあり、悪くはなさそうです。

手のひらサイズのチヌ多し

とりあえず先発は何を使おうか・・・・。

どんな状況なのか分からないので、まずはポケットの1番上に入っていたスイングインパクト3インチをチョイスしました。

沖に向かってフルキャストすると、底潮は若干効いていますね★
釣れそうな感触はありますが、ベストな状態と比べると、少し流れは弱めかな。

1キャストずつ歩いて移動しつつ、ボトムの変化や魚の反応を見ていきます。

開始直後は全くアタリすら無い状況でしたが、フグの魚影が薄そうなので良かったです。
ズル引きメインで、時々1~2回ほどやさしくロッドアクションを入れ、最小限の変化で食わせるイメージで。

30分くらいしたところでようやくアタリがあり、久しぶりのカツカツ系のバイトですね。
しかし感触的に魚はかなり小さい感じです。

しばらくやり取りの後、穂先が入ったので合わせを入れてヒット。
チヌの引きですが非常に軽い感じで、釣れてきたのは25cm位のチビレ。

とりあえずボウズ逃れはしましたが、これはノーカウントなサイズかなぁ。
ノータッチでリリースして次を狙います。

どうやら魚が多めなスポットに入ったらしく、飽きない程度にアタリが頻発するようになりました。
しかし、どれも合わせられるようなアタリ方ではなく、小型のチヌがワームをツンツンつつくだけですね。

結局もう1枚キビレが釣れましたが、これも20cmチョイ位。
このままやっても良いサイズは釣れそうにないので、少しポイントを変えることに。

ポイント移動で良型ヒット

次にやってきたのは、若干水深が深めのエリアですね。
果たしてどうなるか・・・・。

開始直後にソゲ

ワームはそのままスイングインパクト3インチを使います。

水深が深いのでジックリワームを沈め、デッドスローのズル引き&少し長めにステイを入れて探っていきます。

すると、釣り開始数分くらいでモゾモゾ系のバイト。
どう考えてもチヌのアタリではないので、犯人は底物でしょう。

しばらく何事も無いようにアクションを続けると、穂先にゴミが引っ掛かったような重さが掛かる。
ここで合わせを入れるとヒットしましたが、引きはほとんどありません。

釣れたのは30cm弱くらいのソゲでした。
一応魚の気配があることは分かったので、後はサイズアップするだけですね。

ノータッチでリリースして釣りを再開します。

モゾモゾ系のバイトからの駆け引き

その後はまた小さいチヌの群れに当たったらしく、掛けられないアタリは沢山あります。
しかし、どれもアタリ方が小型のチヌですね。

小型のチヌのアタリが多いスポットはあえて外し、少し歩いて場所をズラしてみます。
沖に根があるスポットに入り、根掛からないギリギリの範囲を丁寧に探ることにしました。

ワームがボロボロになってしまったので、ここで抑えのハリーシュリンプにチェンジ。

誘い方は同じく、ズル引きメインで最小限のロッドアクションを足す感じで。

根掛からない場所ギリギリにキャストし、軽くラインを緩めたくらいのテンションで優しくアクション。
その後ステイを入れ、デッドスローでズル引きします。

すると沖合でコツコツというアタリ。

先ほどまでの小型のチヌの当たり方とは違う感じですね。
しかし、チヌっぽくも感じますが、ヒラメ・マゴチのような感触もあります。

食い込む感じではなかったので、そのままズル引き&ステイを入れて誘い続けてみます。

若干長めにステイを入れ、その後ズル引きを入れると追い食い。

穂先がズズズっと入ったので、ここでバシッと合わせて無事ヒット。

良い感じにロッドが曲がり、そこそこ良さそうな重さがあります。
ロッドの曲がりや粘っこさなどをチェックしつつ、楽しい引きを堪能しましたね。

ゆっくり寄せてくると、この時期貴重な良型キビレでした。

キビレ 釣果

サイズは44~45くらいでしょうかね。キビレにしては良いサイズ。
1.2~1.3キロくらいありそうな重量感でした。

この時期の静岡は、なぜか良型のキビレが減ることが多く、小型に占拠される傾向が昔からあります。
クロダイは春から釣れ続けるんですが、何が影響しているのかは不明ですね。

とりあえず久しぶりのチニングは最後にまずまずな魚が釣れたので、これにて終了することにしました。

今回は先日購入した、ジャクソンのオーシャンゲートのライトゲームミックスを投入してみました。
初心者の方向けのライトワインドやチニング対応のオールラウンド系ロッドは、今までラインナップがあまりなかったんですよね。

価格の割には反発力もあり、7~10g前後のルアーを使うオールラウンドロッドとして良い感じです。

チニングやカサゴ・ソイなどのロックフィッシュゲーム、その他、少し重量のあるルアーを使ったメッキやカマスゲームなんかにも使いやすいパワー設定ですな。
また詳しいインプレは近日中にやります★

使用タックル

  • ロッド:ジャクソン オーシャンゲートLGMIX 74L-K ST
  • リール:ダイワ21フリームス LT2500S-XH
  • ライン:よつあみ ボーンラッシュWX8 0.6号、サンライン ブラックストリームプラズマ2.5号
  • ルアー:ボトムアップ ハリーシュリンプ3インチ、ケイテック スイングインパクト3インチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です