ナマズ釣り用ロッドの選び方!長さや硬さの基準は?

今回はナマズのルアー釣りに使うロッドの選び方について。

ナマズ釣りで使い勝手の良いアイテムを選ぶ際のチェックしておきたいポイントや、基準となるスペックなどを紹介していく。

ロッドが変わればルアーをキャストするフィーリングも変わるし、ヒットしたナマズとのやり取りの具合なども結構変わってくる。

適切なものを選び、快適なナマズゲームを楽しむ際の役に立てたら嬉しい。



ナマズ釣りに適したロッド選びのポイント!

まずはナマズ釣りに使うロッドを選ぶ際のチェックポイント紹介。

ナマズロッドを選ぶ際のポイント!
  • ロッドの長さ:6フィート後半程を選ぶと、オールラウンドに使える
  • ロッドの硬さ・パワー:適合ウエイトの上限が20~30g程まで
  • アクション:パキパキの高弾性の先調子なロッドよりも、ある程度曲がり込むレギュラー~レギュラーファストテーパー
  • ロッドの素材:専用ロッドはグラス素材が多いが、ぶっちゃけカーボン素材のバスロッドでも十分使える

ナマズ用ロッドを選ぶなら、基準となるスペックは大体こんな感じになるぞ。ロッドセレクトの際の参考にしてみてね。

ナマズ専用ロッドの必要性

最近はタックルの細分化がどんどん進んでおり、ナマズロッドも発売されている。

ナマズ用のロッドはしなやかで曲がり込むグラス素材が入っているものが多く、バスロッドよりもしなやかでバラし難い設計になっている。

以前はナマズ用ロッドを使っていたこともあるが、正直に言ってしまえば専用ロッドを使ったからと言って釣果が目立って上昇することはなかったかな(笑)

メーカー絡みの釣り人なら専用ロッドを勧めるだろうけど、私の経験としては別にバスロッドでも全く問題なく使えるという印象。

ナマズ専用に1タックル購入したいという事であれば専用のものを使えばいいが、他の釣りでも使うとなると汎用性の高いバスロッドの方が個人的にはおすすめ!

実際に私もバスロッド(バスを中心とした何でもロッド)を使ってナマジングを楽しんでいるからね。

しなやかなグラスロッドか張りのあるカーボンロッドか

鯰専用ロッドにせよバスロッドにせよ、グラスが多く入ったロッドはちょっと重量が重たくなるがしなやかでバラし難い特性がある。

一方でカーボンロッドは狭い場所にキャストしたり、細かくルアーを操作するのが得意だ。この辺りは個人の好みによる部分もあるけど、

使いやすさ全般を考慮したら個人的にはカーボンロッドがおすすめ!

カーボンロッドでバラシが目立つなら使用するライン素材を工夫すれば良いし、フッキング時のパワーロスが少ないのは張りの強いカーボンに分があるからね。

グラスロッドの場合はナマズのバイトがあった際、しっかり合わせていかないとフックが貫通できずに逆にバラす原因になることがあるから気を付けよう。

ナマズロッドの長さ選び

ナマズゲームに使用するロッドの長さの決め方を紹介していこう。

ナマズゲームで使うロッドの長さだけど、実用性を考えると

大体6フィート~7フィート前半の物から選ぶことになる。

オールラウンドに使うなら6.6フィート~6.10フィート位まで。いわゆる6フィート台後半のロッドがバランス的にちょうど良く、色んな釣り場に対応できるぞ。

ショートロッドが向いている場面

6フィート前半のちょっと短めのロッド。

こういうロッドが効果を発揮するのは、規模が小さい水路打ちや近距離のピンスポットをテンポよく打っていく場合!

ナマズ釣りはある程度開けた川の中~下流部でも楽しめるが、意外とアツいのが幅1~2m位しかないような小規模な水路や支流。

このような小さなスポットでナマズ釣りをしたり、背後に草木が茂っていてばっすくペースが取れない場合はショートロッドが効果を発揮する。

逆に遠投が必要なポイントや足場が高い場所はちょっと苦手になるぞ。

ロングロッドが向いている場面

7フィート台になってくると、ナマズロッドでは長めのアイテムに分類される。

長いロッドにもメリットはあり、シチュエーションによってはロッドの長さが大きなアドバンテージになることもある。

対岸までの距離がかなりあり、ルアーをフルキャストして広範囲を探りたい時。このような場所では、長さのあるロッドの方が楽に遠投が効くので釣りがストレスなく出来るようになる。

また、釣り場によっては水面まで高さがある場合もある。

足場が高い時、トップウォータープラグなどを操作しようとすると竿先と水面までの距離が離れてしまいがち。短いロッドでは穂先が水面から遠くなってしまい、ルアーがしっかりアクションしない原因になることもあるぞ。

また、足元付近がアシなどの草で覆われている場所で釣りをする際などもロングロッドの方がナマズの取り込みが楽になるメリットがある。

ナマズロッドの長さの使い分けまとめ!
  • 6.6フィート~6.10フィート:1本で色んな場所に対応したい時に
  • 6フィート前半のショートロッド:小規模な水路や足場が低いポイント向き
  • 7フィート以上のロングロッド:大規模なポイントや足場が高い場所などに



ナマズロッドの硬さ・パワー選び

ナマズ釣りで使用されることの多いルアーはトップウォータープラグを中心に、場合によってはスピナーベイトやバイブレーションなどが必要になることがあるかもしれない。

いずれにせよ、ルアーはそこまで軽量で小さいものは使用されず

大体1/2oz(14g)~1oz(28g)位までのウエイトのものが一般的になる。

こうなってくると硬さ選びとしてはM~MHクラスのものがおすすめ!

大きなルアーをキャストしないのであればMクラス(適合ウエイト上限3/4oz~1oz程)で大体カバーすることが出来る。水草などが多いヘビーカバー周りを攻める場合や1ozを超えてくる重量級のルアーを使いたいなら、MHクラス(適合ウエイト上限1oz超)を選ぶと良い。

私の場合はほぼ100%、Mクラスのロッドでナマズ釣りを楽しんでいるぞ。

ナマズロッドの硬さ選びのまとめ!
  • M(上限3/4~1oz程度):ナマズ釣りではベーシックなパワー
  • MH(上限1oz~):大型のクローラーベイトや足場が悪い場所、ヘビーカバー周辺を狙う際に

ナマズロッドのアクション選び

最後にチェックしておきたいのがロッドアクション。簡単に言うと曲がり具合。

ロッドの硬さとは違い、力が掛かった際にロッドがどんな風に曲がり込んでいくのか?

これは意外とナマズ釣りでは重要で、適していないものを選ぶと掛かりが悪くなったりバラしやすくなるから気を付けよう。

ナマズってヒットすると首を激しく振ったり、グリングリン回転したりして思いのほかバラしやすい。

こういう時に先調子の竿、ファストテーパーの曲がりしろが小さいロッドはフックアウトの原因になることがある。

だからおすすめはR(レギュラーテーパー)~RF(レギュラーファストテーパー)で、力が掛かるとしっかり曲がり込むロッド。

しなやかに曲がりすぎると魚のコントロールだったりルアーの細かい操作が難しくなるから、

バランスの取れた色んなルアーが扱えるバスロッドか、専用のナマズロッドが良い。

バスロッドに見られるワームを使ったカバー打ち専用のキンキンの先調子ロッドなどはナマズ釣りにはあまり適さない。先調子のロッドはナマズがバレやすかったりルアーをキャストする際、しっかり曲がり込まないので反発力が使い難い事もあるからね。

ナマズ釣りのロッド選びまとめ!

ナマズのルアー釣りに使用するロッドチョイスのチェックポイントは大体わかったかな?

ど真ん中を選ぶなら、

  • 6フィート後半
  • 1oz前後まで扱えるパワー
  • R(レギュラー)~RF(レギュラーファスト)アクション

こんなスペックのロッドを選べば1本のロッドでナマズ釣りが幅広く楽しめるはず。私の場合はシマノのワールドシャウラ1652R-2というロッドを使っている。

色々改造してしまってあるのでノーマルとはちょっと違っているけど、淡水の釣りではバスからナマズ。海ではジギング用のグリップを改造して作ってマダイやハタ、ヒラマサなどもキャッチしている。

ちょっと価格的にはハイエンドのロッドにはなるが、どんなスペックのロッドを選んだらいいのかという参考にしてみて欲しい。

それでは、今回はこの辺で。

また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です