渓流ルアー釣り ライン素材と選び方の基礎基本!

さぁ、今回は渓流でルアー釣りを行う際のラインセレクトについて!

イワナやヤマメ、アマゴなんかを自然の渓流で狙って行く際のライン素材や太さなどの決め方の基本を紹介していく。

これから渓流のトラウトゲームに挑戦したいという方は、一度参考にしてみて欲しい。



渓流ルアー釣りに使うラインセレクトの基本

さてさて、まずは渓流トラウトゲームにおけるラインセレクトについて、選ぶ際の基本となる部分を紹介しておこう。

渓流ルアー釣り用ライン選びの基本!
  • ラインの素材:ナイロン、またはPEラインが一般的。基本はナイロンライン
  • 太さ・号数:ナイロンラインなら4ポンド、PEラインなら0.3号前後を目安に
  • ラインのカラー:視認性がかなり重要。見やすいラインを選ぶと良い

普段私が渓流トラウトフィッシングをする際、ライン選びのチェックポイントはこんなところかな。

ここからはもう少し詳しく見ていくことにしよう!

ナイロンラインの特徴

このような山間部を流れる渓流で釣りをするなら、ナイロンラインを基本に最近ではPEラインが使われることも良くある。

これから渓流釣りを楽しみたいという事であれば、まずはトラブルが少なくて扱いが容易なナイロンラインから挑戦することをおすすめする。海釣りなどではPEラインが主役になってきているけど、渓流釣りではナイロンラインを選ぶメリットも大きく、釣りに慣れている方でも渓流はナイロン派という釣り師も多い。

ナイロンラインを選ぶメリット

まずは渓流のルアー釣りでナイロンラインを使うメリットについて見ていこう。

トラブルが少ない

渓流釣りでは、比較的軽いルアーを使ったり、流れのある場所で釣りをすることが多い。そうなると、リールに掛かるテンションが弱くなりがちだ。ラインテンションを緩くして使い続けると、ラインがドバっと突然出てしまってバックラッシュを起こしたりしやすい。だからしなやかで扱いやすいナイロンラインは初心者でもトラブルが発生しにくいぞ。

また、厄介なのがクモの巣!

特に草の生い茂ったボサ川や小規模な支流に釣行すると発生しやすいんだけど、PEラインを使うとショックリーダーとの結び目にクモの巣が溜まるのだ(-_-;)

これが実に非常に厄介で、クモの巣がラインに付着したまま釣りを続けると

ルアーをキャストした際にガイドへの摩擦が大きくなり、ルアーが全然飛ばなくなる。

ナイロンラインを使うと、ショックリーダーが必要ないからこのようなトラブルの発生は起こらなくなる。

一度フックアップすればバラし難い

渓流魚を釣ってみると、他の魚よりも体をクネクネとよじって抵抗することが多いんだよね。いわゆるローリングってやつだ。

ヒットしたら左右に走り回る魚と比較し、ローリングされるとフックが外れやすい特徴がある。この時、伸びが少ないPEラインを使っていると魚の引きを吸収しきれなくなって針が外れたり・・・。

また、ミノーなんかを使って釣りをする場合はしっかり針を喰う様にバイトしてくるのではなく、じゃれつくようにチェイスしてくることも結構多い。こうなると針が皮一枚で刺さっていることも多く、ラインの伸びが少ないとバラシの原因になりやすいのだ。

ナイロンラインを選ぶデメリット

次に、ナイロンラインを使う際のデメリットを見てみよう。

ロッドアクションが吸収される

渓流のルアー釣りで使われるルアーの種類の1つがミノープラグ。これらはただ巻きで使う事もできるけど、面白いのはロッドアクションを与えてルアーに不規則な動きを与えるトゥイッチング等だ。

こういった釣りをする際、ロッドが柔らかいものにナイロンラインを合わせてしまうとルアーが思ったように動かなくなる。

ラインの伸びとともに、ロッドの曲がりが人間の入力した力を吸収してしまうからだね。ルアーを思い通りに操作して釣りたいという方には、ナイロンラインだと使い難い時があるかもしれない。

太いラインが使い難い

PEラインは細くて強度があり、ショックリーダーを使えば耐摩耗性の弱さもある程度カバーできる。

石や木の枝など、渓流には障害物が多い。ナイロンラインを使っていると、太い号数は飛距離が落ちたりするので使い難い。だから引っ張った際の強度の面では若干不利になることがあるぞ。

PEラインの特徴

一方でPEラインを渓流のルアー釣りで使用するとどんな特徴があるのか。

PEラインを選ぶメリット

とにかく強い引張強度

PEラインは硬いものにスレた際に強度が落ちやすいが、渓流釣りで使用する小型のルアー程度のテンションでは根ズレの弱さはあまりににならない。

また、ショックリーダーに少し太いラインを使っても飛距離だ落ちない為、根掛かった時や魚とのやり取りにはかなり安心感がある。

PEライン+ショックリーダーを使った場合、相当なことが無ければ魚の引きでラインブレイクすることは無いぞ!

伸びが少なく、ダイレクトにルアーを操作できる

これはナイロンラインには絶対できないことで、伸びの少ないPEラインを使うとルアーがダイレクトに動く。

重量のあるヘビーシンキングミノーをトゥイッチしたりする際、伸びの少ないPEラインを使うとルアー操作が楽にできる。ナイロンラインを使ってルアーをバシバシ動かそうとすると、テンションを強めに掛けてロッドを激しく動かさないといけない。PEラインの独特な操作感はかなり大きなメリットになるね!

PEラインを選ぶデメリット

次に、PEラインを選んだ際の欠点について見ていこう。

流れや風に流されやすい

PEラインはアイテムによって比重が違うが、軽いPEを選んでしまうと使い難い場合がある。

PEラインはナイロンよりも比重が軽い為、流れが複雑なポイントなどで使用すると糸フケが出やすくなることがある。PEラインはその特性上、少しでも弛んでしまうとアタリが全く分からなくなったり、ルアーを動かしたつもりでもルアーまでロッドアクションが伝わらなくなる。

そうなってしまうとルアーが思ったように思うように泳がず、魚の反応が出にくくなる時があるから注意しよう。

ライントラブル発生のリスク

渓流のルアー釣りでは細いPEラインを使う事になるから、ライントラブルになると厄介。木の枝などにラインが絡んだ際、ラインの張りが無いし伸びが無いから解くのが結構大変だったりする。

また、先程紹介したようにクモの巣がノット部分に溜まってきたりする場合もあるからね(-_-;)

ガイドにラインが絡んだりするとかなり厄介だから扱いには気を付ける事!



渓流ルアー釣りにおけるラインの太さ・号数選び

ラインの素材による特徴については大体こんな感じになる。次に、ラインの太さ選びへと進んでいこう。

ナイロンラインは4ポンドを基準に

渓流ルアー釣りでナイロン製のラインを使うのであれば、まずは4ポンドを基準に選ぶのがおすすめ。

渓流魚は流れの中に潜んでいるから、3ポンド以下のラインだと尺クラスがヒットした際などに不安を感じやすい。魚の重さ+流れの強さで意外と強い負荷が掛かるからね。

また、ルアー釣りの場合は食わせというよりもリアクションバイトが主体の釣りになることが多い。だからフライフィッシングや餌釣りに比べ、太いラインを使ったからと言って釣果が落ちにくいと感じる。

そうなると、強度と扱いやすさのバランスが取れた所が4ポンドクラスになってくるってわけだ。

逆にラインが太くなりすぎるとライントラブルが増えやすくなったり、飛距離の低下や水の流れの抵抗を受けやすくなって扱いづらくなる。

渓流で7g前後まで、全長5cmクラスまでのルアーを使うなら基準は4ポンド!

PEラインの号数は0.3号前後、ショックリーダーは1.5号~1.75号程

一方でPEラインを使用する場合だけど、

私まるなかの場合はPE0.3号+ショックリーダーは1.5~1.75号

これを基準に選んでいるぞ。

PEラインはささくれしやすいから、釣行している最中にどんどんダメージが溜まっていく。だから0.2号以下などの極細のPEラインだと万が一が怖い。0.3号程の太さがあると、多少傷が入っても必要な強度は維持できている場合が多く、そう簡単にはラインブレイクしない。

また、合わせて使用するショックリーダーはフロロカーボン製の1.5~1.75号。これくらいの強度があれば、かなり流れがきつい中であっても尺クラスのトラウトがヒットしても余裕でキャッチすることが出来る。

ショックリーダーに関しては個人によって太さの好みに違いがある場合が多いが、迷った際は1.75前後の若干太目を選んでおけばルアーロストなどを抑えて釣りができるぞ。

太いラインを使うと警戒心の高い渓流魚は釣れなくなると考えてしまうかもしれないが、ルアー釣りの場合は釣果に影響はほとんど無い。PEラインを使用するのであれば、その直線強度を活かしたタックルセッティングをするといい。

おすすめラインを紹介!

最後に、私が実際に使用しているナイロンラインとPEライン、合わせて使用するショックリーダーを紹介しておこう。どんなラインを選んで釣りをしたらいいかわからないのであれば、少し参考にしてほしい。

バリバス スーパートラウトアドバンス トゥイッチマスター

ナイロンラインでミノーを主体に使いたい方におすすめのラインだね!

ナイロンラインの中では若干張りがあり硬めの味付けだけど、トラブルになるほどではないから扱いやすさもまずまず。

それでいて初期伸度がかなり低く、ロッドアクションを付けた釣りをする際にうってつけのアイテムになる。カラーはゴールドなんだけど、これが非常に見やすくて良い感じ♪

どの位置にラインが入っているのかわかりやすく、ラインの糸フケの処理なんかも楽々できる。

サンヨーナイロン GT-R ピンクセレクション

バリバスのトゥイッチマスターよりは柔らかくて更に扱いやすいナイロンライン。耐摩耗性は流石といった所で、多少障害物にスレてもラインブレイクし難くて長持ち。多少伸びのあるナイロンラインなので、

スプーンやスピナーなどを使ったただ巻き主体で釣りをしたい方、ランディング時のバラシが気になる方等におすすめ!

このラインも非常に見やすく出来ているぞ。

DUEL アーマードF+Pro

普段使用しているPEラインがコレ。私はピンク色のアジ・・メバル用を使っているけどオレンジ色のトラウト用もある。性能は全く同じだから、色の好みで選べば問題なし!

このPEラインはPEラインの中でも伸びが少なく、比重が若干の重めで流れの中でも使いやすい。ミノーなどを積極的にトゥイッチさせて釣っていきたい方におすすめ。

多少根ズレにしても簡単には切れず、粘りがあるので信頼して使っている。ただし1釣行したら必ずラインチェックは行い、ノットは組みなおす事。

クレハ シーガーグランドマックスFX

PEラインと合わせて使うショックリーダーはコレ。毎度おなじみ、グランドマックスFX。

渓流のトラウトからメバリング、ショアジギング、タイラバに餌釣り・・・・。ありとあらゆる釣りで使える、強くてしなやかなライン。

結束強度、根ズレに対する耐久性、若干の伸びとしなやかさ。非常にバランスが良く、渓流ルアー釣りでも扱いやすくて信頼できる。もともとは磯用のハリスだけど、かなり使いやすいから選んでおいて間違いはない。

ざっとだけど、渓流ルアー用のライン選びについてはこんな感じかな。

まずはナイロンラインで挑戦してみて、もっとダイレクトな操作感が欲しいならPEラインにチャレンジしてみて欲しい。後は好みの問題になるから、どちらが優れているとは一概に言えない部分がある。

個人的にはメインはPEラインを使用し、ボサが多くてクモ巣が厄介なポイントではナイロンラインを使う事が多いかな。あとはロッドが硬いものならあえてナイロンラインを使ってマイルドな使い心地にしたり・・・。

そんな感じでライン選びをしているかな!

それでは、今回はこの辺で。

また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です