2020年潤井川キャッチ&リリース区間釣行 ラストにビッグレインボー出ました!

潤井川 レインボー

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、先日は禁漁後でもトラウトゲームが楽しめる静岡県富士宮市の潤井川キャッチ&リリース区間へ行ってきました。

 

今年は例のウィルスによって長野へ渓流・本流トラウトゲームには一度も釣行しないという結果に・・・。

 

毎回海釣りばかりでもマンネリ化してしまうので、この機会に近場で遊べるトラウトゲームに挑戦。

色々潤井川の話は聞いていたもののこれまで釣行したことはなく、初の釣りなので楽しみでしたね!

 

果たして初挑戦の潤井川キャッチ&リリース区間釣行はどんな結果に?

初の潤井川キャッチ&リリース区間へ!

今回は友人との釣行となり、朝に用を済ませてからの出発なので若干遅めの現地着になりました。

とりあえず川の様子を見たいので川沿いを車からチェックしますが、平日なのに人が多めですね・・・・。

 

とりあえず他の釣り人の方と程よく距離が取れそうな場所に入り、探りを入れてみます。

開始直後に同行者に連続ヒット!

魚の着き場や癖が全く分からないので、まずは適当に変化のあるポイントを探ってみることに。

 

私は定番のDコンタクトで様子見を・・・・。

2人で少し距離を置いて川に入ったんですが、私がポイントまで歩いている時に友人にファーストヒット。

「マジか?」と思って様子を見ていると、そこそこな引きで上がってきたのは40cmちょいのレインボー。

 

「こりゃあ入れ食いの展開かな?」とテンションが上がった状態で釣りを開始しますが、私にはチェイスすら無し(笑)

少しずつ歩いて丁寧にミノーを流し込むんですが、全く反応が無くて予想外の展開。

 

そしてポイントを移動しようと思い、友人の場所まで歩いていくと2匹目がヒットしている・・・・。

釣り方を聞いてみても「適当に巻くと釣れる」ということで、これといったポイントは無いらしい(笑)

 

その後もう少し同じ場所を打ったものの2人とも反応はなく、少し歩いて移動します。

ミノーのドリフトにバイトあるも・・・

釣れそうな場所はどこも人が入っており、人が並ぶ場所で釣りをするのが嫌いな私たちにはちょっと釣りにくい状態です(-_-;)

 

歩いてポイントを探していくと、水深が変化する場所があったので2人でミノーを流してみます。

 

ドリフトをメインに魚の前にミノーを流していく感じでちょっとずつコースを変えて探りを入れると、ここにきて私にバイト。

しかし一瞬フックアップしただけでバラシ・・・。

 

既に友人は2匹釣ってボウズ逃れしているので良いですが、私はまだノーフィッシュである。

 

その後も河川の様子を見ながら歩き回るんですが、ポツポツと人が入っていて満足に釣りができません。

それでも空いている場所の美味しそうなところにミノーを流し続け、1度魚がチェイスしてきたんですが、フックアップせず。

 

友人も完全ノーバイトタイムが到来し、予想外の苦戦を強いられます。

場所によって魚影のムラが大きいのか?

その後もランガン気味にポイントを広範囲に探り、魚の反応が出る場所を探すんですが状況は厳しい・・・。

途中でレンジを1枚下げるためにバスデイボトムトゥイッチャー50ESに変えましたが結果は出ず。

 

釣り人が全くいない区間も結構あったんですが、そういう場所は殆ど魚がいない為か丁寧に探りを入れてもチェイスすらありません。

かなり歩き回ったものの2人とも釣果を上げることはできず、私はここまでボウズ・・・・。

 

さすがに放流区間の釣りでボウズは逃れたいところですが、反応があった場所の周辺は相変わらず釣り人が多いです。

 

普段私は人が並ぶ場所で釣りをやらない主義なので、「この釣りはもうそろそろ良いかなぁ」というモードに。

友人も同じような考えの持ち主なので、ぼちぼち帰ろうかという感じに。



ラストのラストにビッグレインボーが!!!

駐車場まであと少しというところで、何となく気になった小場所があるので最後の悪あがきをすることに。

 

友人も美味しそうなスポットを探りつつ、私は少し先のピンスポットへ・・・・。

普段トラウトメインの方は狙わないような場所ですが、ブラックバスやナマズ釣りの経験があると気になってしまうような超ピンスポットです。

 

そ~っと川の様子を覗いてみてみると、なんと至近距離にビッグサイズのレインボー発見(笑)

 

見た感じ体に傷はなく、釣られて弱っている個体ではなさそうです★

「これは釣っちゃっていいやつなのかな~?」と興奮気味になりますが、冷静になって流れを見てボトムトゥイッチャー50ESをキャスト・・・・。

 

ミノーを流れに乗せて魚の前までドリフト・・・・・。

 

そして目の前でワンアクションさせると、魚がビクッと反応!

しかしコースが若干ズレたためか食い切らず。

 

様子を見ていると同じ場所に戻っていったので、再び丁寧にルアーをキャスト・・・・。

そしてラインテンションをコントロールし、うまく魚の目の前にミノーが流れた( ̄ー ̄)

 

そして微妙に「チョン」とロッドアクションを与えると、ビッグトラウトさんがゆっくり口を開いて「パクッ」とバイト。

完全に居食いだったので穂先に反応はなく、ミノーをしっかり食っているのか分かりませんでしたが巻き合わせ気味にフッキング。

 

合わせを入れるとロッドにズズズっと重みが乗り、ビッグさんが暴れだす。

すると近くにあった木の枝にラインが微妙に擦れ、ロッド操作で引きはがす・・・・。

 

無事ラインブレイクは逃れ、友人に「デカいのキタ~!」と声を掛ける。

足場が悪くて1人ではランディングが難しい場所なので、私の湖・本流用の大きいネットを渡して川の中でスタンバイしてもらう。

 

そして暴れなくなったタイミングで上流からトラウトを「どんぶらこ」と流し、無事ネットにインしました。

潤井川 レインボー

キャッチしたレインボーは赤いほっぺたが綺麗な良く肥えた個体でした★

潤井川にサクラマス用のランディングネットは少し大きいかな?と思ったんですが、このサイズのトラウトが出るならむしろちょうど使いやすい大きさかなと。

 

浅瀬に移動して撮影用の場所を探すことも考えましたが、魚が弱ってしまっては可愛そうなので何枚か素早く写真を撮ってリリースしました。

潤井川 レインボー 56cm

大きさは56cmほど。こういったキャッチ&リリース区間だからこそ釣れる魚ですね。

私はネイティブの魚を釣るのが好きなタイプですが、オフシーズンの遊びとしては十分楽しめますね★

 

今回潤井川に釣行した感じとしては、やはり放流魚なのでネイティブの魚とは若干着き場が違う印象はあります。

あとは釣り人が意外と多いので、良いタイミングに入ることができれば何匹か魚は釣れるかと。

ただし沢山魚が釣れる感じはなく、管理釣り場とはやはり違いますね。

 

アベレージサイズは40cm+αくらいある感じなので、お手軽な場所でオフシーズンにトラウトと遊べるのは良いですね!

 

 

今回は本当にラスト1投でボウズ逃れ&大型トラウトが釣れてよかったですが、危うく撃沈するところでした(笑)

 

使用タックル

ロッド:バリバス モーリスグラファイトワークス TRD-511FS

リール:シマノ 19ヴァンキッシュC2000SHG

ライン:よつあみ リアルデシテックスwx8 0.4号 + サンライン ブラックストリーム 1.75号

ルアー:スミス Dコンタクト、バスデイ ボトムトゥイッチャー50ESなど

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です