アオリイカエギング ただ引き・ただ巻きで釣果は大きく変わる

プレゼント企画への沢山の応募、ありがとうございました!

応募された方を商品ごとに分け、アプリを使ってくじ引きを行って当選者の確定を行いました。

私の当初の予想では、静岡や神奈川などの近隣の地域からの応募で殆ど埋まるのではないかと思っていたのですが、実際は結構違いがありましたね。

東北や九州などからも応募が集まり、予想以上に色々な方が見てくれているんだなぁと感じました。

正直、まだこのサイトを初めて8カ月弱、みなさんに釣りの世界で知ってもらいたいことはほんの少ししか出していないですからね!(笑)

今は時間の都合や金銭的な都合もあり、多くのジャンルの釣りを実質的には封印している状態です。

例えば、まだ載せたことのないブラックバス釣りなんかは

ほぼ無限に記事が書けると思います(笑)

メディアなどでは語られないような釣り方や琵琶湖で50アップ、60アップだけを狙っていくマニアックな釣り方等

超セコい釣りからダイナミック系な釣りまで、色々やってきましたからね。

結構色々なジャンルのネタは隠し持っていますから、お楽しみにしていてください(^^♪

このあたりも今後ちょっとずつ封印を解いていって、皆さんに面白い釣りがあるぞって言うことをお見せできればなぁと思っていますので。

さて、話が脱線しましたが先日は再びアオリイカエギングに釣行してきました。

本当は水温的にもかなり下がってきたのでそろそろ今年の部は終了かと思っていたのですが、

海水温を見たら、ほんのちょっと水温が上がっているのを発見。

さらに、アオリイカの依頼がお料理屋さんから入っていたので、延長してエギング!

結果的に言うと、結構渋くて苦戦の展開だったのですが

偶然試したただ引き、ただ巻きが炸裂するという予想外の展開。

運がよかったでは片付かない釣れ方の差が出たので、とても良い勉強になった釣行でしたね!

今回のこの釣れ方を体感したことで、今後の食い渋った状況下での引き出しが1つ増えた感じです。

まだまだ本格的にエギングを初めて1年目。毎日の日課のごとくエギをシャクリ続けてみましたが、色々新鮮な事が多くて楽しいです♪

だいぶ安定して釣れるようにはなってきましたが、細かい引き出しをもっと増やしていけば、更に一段上の釣果が出せるのかな。



ただ引き・ただ巻きで低活性のタフコンを打開する!

シャクリ、フォール、ステイ。この流れに反応が全くでない

釣り場に到着したまるなか。

まずはいつものように潮の通り方のチェックから始めていきます。

今回は風もほとんどなくて、絶好のエギング日和!

いつものように急深サーフのテトラの上に陣取る。

エギングではマイナーポイントなので、当然周りには誰もエギングをしている人はいません。

エギはこれまたルーティーン化しているEZ-Q ダートマスターをチョイス。

カラーもいつも実績を上げてくれているモンスターマスター。

本当は夕暮れ直前くらいには釣り場に到着したかったのですが、思ったよりも道が混んでいて遅刻。

ささっと準備してキャストしてみると、上潮はほぼ通っていないが底付近は手前に差して来る潮。

エギが手前に入り込んできてしまうので釣りづらいですが、そこまで流れは速くないので何とかなりそうです。

本来であれば良い時間のはずですし、底潮も動いてはいるのですが

全く反応がないです・・・・。

スローにシャクったり、トゥイッチ気味に細かく誘ったり。

ボトムで1分近くステイさせても全くダメです。

前の釣行では少し長めのステイで乗ってきたのですが、今回は全くダメ。

イカがいないのか、それともちょっと水温が上がった位ではダメなのか?

それなりに色々なパターンを試し、扇状に広くキャストを繰り返したのですが反応が返ってこない。

そこで、この際コウイカでもいいからとりあえず反応が欲しいということで、

久々に底付近をただ引きして狙うことに。

とりあえずのただ引き。無反応が一転する

まずは正面に遠投し、しっかりボトムにつける。

とりあえずスローにただ巻きをして、底付近をフワフワと泳ぎながら移動するエビを演出するイメージで探る。

スローにハンドルを3回ほど巻き。いったんボトムまで沈めなおします。

そしてステイは10秒ほど。

そしてまた巻く・・・・。

これを数回繰り返したかな?

ステイ後、リールをクルクルッと巻き始めたら突然

グニュっと違和感!!

まさかと思いましたがとりあえずバシッとアワセると、無事乗った!

コウイカかと思ったのですが、ジェット噴射がそれなりにあるということは・・・?

まずまずの良型ゲット!

まさか、シャクるのをやめてただ引きに変えて1投目で釣れた。

たまたま運が良かったのか、それともパターンなのか・・・。

まだ判断材料が少なすぎて良くわからないので、そのままズル引きで探り続けたのですがアタリ無し。

そこで、我慢できなくなってシャクリ出したものの案の定ダメ。

と、そこで

某知恵袋に書いてあった記事を思い出すまるなか。

たしか、エギを激しくシャクって寄せておき、イカを目の前に集める。

その後、ロングステイを使って食わせていく釣り方。

こんな釣り方を紹介している方がいたのが片隅に浮かんだんですね。

そこで、もしかしたら・・・・。

ちょっと大きめにスローにシャクってサーチ。

これを扇状にまんべんなくやる。

これで回遊してきている活性の低いイカが目の前に寄ってきているイメージができた。

そして、そこにただ引きでエギを通してみる。

これで乗ってきたら最高だよなぁと思いつつ探ってみるがダメ。

そんなにうまくはいかないか・・・・・。

とりあえず、後数回底付近をただ巻きしてやってみよう。

そして2投目

グイーン!

リールを巻き始め、そろそろフォールさせようとした矢先にヒット!!

おいおい、これはもはやまぐれじゃないぞ!

ゆっくり寄せてくると、これまたコウイカではなくアオリイカ。

掛かり所は良さそうだったので浜にはズリ上げず、抜き上げてキャッチ。

ガッチリ掛かって2杯目もゲット♪

エギングはまだやり込んで間もないので良くわからないのですが、

他の釣りではまぐれで釣れることって、実際はかなり少ない。

偶然に見えた1匹からパターンを作り上げていった事は今まで結構あるものです。

ということは、これもまぐれじゃなくて効果的なパターンなのか?

ただ巻きに開眼したまるなか。大きくシャクってイカを集めるパターンにハマる

とりあえず2杯のアオリをゲットしたことで料理屋さんの分は最低限クリアした。

精神的にももう余裕はある。

正直満足はしているものの、ここでパターンであるならば確立させておきたい所。

その後もただ巻きでアタリが無くなったら、

10~15分くらい大きくシャクる釣り方を広範囲にする。

そして食わせのただ引きモードにチェンジ。

結果的にどうなったかというと、

更に1杯追加して3杯の釣果でした(*^^*)

時間的には1時間半ほどの間ですから、この12月の下旬ということを考えればまずまずといった所でしょう。

やばい、今日も出木杉だ(笑)

シャクっても今日は全く乗って来ず、シャクリの強さや間合い、ステイなどの時間を変えてもダメ。

唯一釣れるのがただ引きした時のみ。

こうなってくると、シャクリで食わないイカがただ引くだけのアクションに強烈に反応しているということができると思います。

また、私が使用しているダートマスターパタパタのフィンも、このただ引きの際には生物的な微波動を生み出し、かなり効果的に働いているんじゃないかな。

今回は半分偶然ですが、ただ引きの破壊力を目の当たりにすることができましたね。

これは今後のエギングの際に、特に活性が低くてイカがシャクリの動きに乗ってこない時に大きなヒントになりそうですね。

また、大きくシャクっておいてしっかり自分の前にイカを集めておくという考え方も面白いですし、それが確かに効果があると感じています(*^^*)

最後に、今回効果的だったただ巻きの方法をおさらい。

ただ引きで食わせる為の流れ

①まずはシャクリのアクションを広範囲に行う

まずはイカを目の前に集める作業を行います。

一般的なシャクリとフォール、ステイを組み合わせてエギを操作します。

今回は10~20分くらいはこのシャクリを行いました。

おそらく、活性が高い時や水温が比較的高い状況ではこの段階で十分イカが乗ってくるのでしょう。

今回のような12月下旬の冬のエギングのような低活性下では、イカは寄っては来るものの口を使わないのかもしれません。

②ただ引き・ただ巻きで食わせの作業

十分にイカにエギを見せ、動くアクションに慣れさせたら食わせに入ります。

使うのは足にフィンが付いているEZ-Q ダートマスター。

他のエギでももちろん釣れるとは思いますが、私の好みがこのフィンが付いているエギ。

更にフィンがただ引きでも動くので、この釣り方と相性がいいような気がします。

リールを巻くスピードですが、今回反応が良かったのは3秒でハンドル2回転程。

巻く距離はハンドル2~3回を目安に、その後は一度ボトムまでエギを沈めます。

そしてステイ時間はそこまで長くする必要は無いようで、カウント10~20程待ったらまたただ巻きします・・・。

また、アタリの出方ですが

シャクったりしないので糸フケが出にくく、違和感がとても出やすいので初心者の方でもイカの感触がわかりやすいと思います。

リールを巻いている時に段々重くなっていってロッドが引っ張られて行くようなアタリが出ます。

そしたらしっかりとアワセを入れてあげればOKですね(*^^*)

 

 

今回はただ巻きのパターンでイカを連発することができました!

今後も低活性の状況下ではこのテクニックをどんどん活用していきたいですね(*^^*)

そろそろ水温的にはイカが終わりそうなんですが・・・・。

今年はいつまでアオリが釣れるのかな?

 

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です