静岡メバルシーズン開幕 ライトソルトゲームがアツい!

最近は魚漬け生活も本格化してきました(*^^*)

毎日朝から晩まで魚に触れている毎日で、大好きなものに囲まれている日々。

今日は大量のサンマを捌いてやりました!

今年は小振りで細いものが目立ちましたが、今日のサンマは脂が乗っていて美味しそうでした(*^^*)

わたくしまるなかの、魚まみれのどうでも良い日常はインスタグラムの方にUPしています。

お気軽にフォローしてくださいね!

楽しく交流しましょう

https://www.instagram.com/fishmarunaka/

さてさて、昨日は台風明けの釣行だったのですが予想以上に生命感があったので今日は少しポイントを変えて釣りに行ってきました。

水もかなり冷たくなってきており、メバルが気になったのでカマスとメバルが狙えそうなポイントへ釣行です。

若干潮位が低いのが気になりましたが、水面を埋め尽くしていたゴミも多少減ってきていて釣りやすさもアップしていました。



秋も深まりメバルシーズン開幕? ライトソルト本格化!

私の住む静岡県では、大体11月頃になるとメバルがポツリポツリと釣れ始めます。

年によっては水温が高く12月を過ぎてからのこともあるのですが、大体11月が1つの目安です。

また、大きな台風が過ぎると季節が進行するので、そろそろメバルシーズンかと昨日の釣行で考えていました。

今回はメバルの気配があるのかチェックするのが最大の目的です。

メバルを求めストラクチャー狙い

まだ大型のメバルを狙って釣るには厳しいと思われるので、まずはシーズンになると小型が良く出る常夜灯+ストラクチャーが絡むポイントへ。

多少の浮きゴミが相変わらず残ってはいますが釣りはできそうです。

しばらく様子を見ますが、ライズやベイトフィッシュの回遊は見られないので活性は高くはないと判断。

そうなると、ストラクチャーギリギリの若干下のレンジを攻めるのが効果的になってきます。

ジグヘッドはオールマイティーな2gを選択し、明暗の境目に丁寧にキャストしてしっかり沈めてからサーチ。

すると、1投目でいきなりアタリが有りました(*^^*)

セイゴかと思いましたが、直線的な鋭い引き。

30cmを少し超えるサイズのカマスでした!

1投目から釣れるとは、景気が良いです。釣り開始10秒ほどでヒットしました。

1投目で魚が釣れたので期待も高まりましたが、その後も同じようなサイズのカマスポツポツと釣れてきます。

カマスであればもう少し大きい30cm後半が欲しいので、少し場所を移動してメバルを真面目に狙います。

今度は明暗と沈み根が絡むポイントです。

根っこにジグヘッドがスタックしないように注意しながら、かつ根の上ギリギリを通してきます。

辺りが無ければ通す角度を少しずつ変えていく。

すると、数投目でコツコツという吸い込むようなアタリ。

少し送ってからアワセを入れると、重量感は多少あるもののカマスやセイゴとは違う引き!

これはもしや?

と、期待して巻いてくると・・・

20cm弱程ですが、本命の今シーズン初メバル♪

狙って釣れたのでこのサイズでも初物はうれしいです(*^^*)

お目目のかわいい個体でした!

すぐにリリースして釣りを再開すると、似たような場所でまたすぐにアタリが来ました!

アワセを入れると、先程よりも重量感のある引きが伝わってきます。

少し根に擦れている感覚があったので一気に寄せ、姿を確認するとまたメバル!

しかし、抜き上げようかと思った時にフックアウト。

バラしてはしまいましたが、とりあえず魚の姿は確認できたので良しです!

その後も丁寧に根周りをジグヘッドで探っていくもののカサゴが釣れたのみ。

まだ大型のメバルが釣れる気配はなさそうなのでまた移動してみます。

暗闇で大型カマス狙い!

メバルの接岸が始まっているのがある程度わかったところで、最後に大型のカマスが出る暗闇へ。

ポイントに到着すると、ゴミが多くて釣りが困難です(-_-;)

それでも釣りが不可能というほどのゴミの量ではないので、ゴミの浮いている間へキャスト開始。

ジグヘッドを3gに交換して少し深い場所にいるであろう、でっかますを狙って行きます。

すると、足元ギリギリの場所でバイト!

が、合わせる間もなくスッパリとラインブレイク・・・・。

大型のカマス狙いですと、どうしてもラインブレイクはつきものですがこれは悔しい。

魚は入っていそうなのですぐに結びなおし、釣りを再開するとまたすぐにアタリが出ます。

しかし、低活性の為か一瞬ワームを突くだけでフッキングできません。

更にレンジを落とし、根掛からないギリギリの場所をただ引きでゆっくり丁寧に誘うとようやくヒット!

ガツガツという引きとともに、多少ドラグが出るのでサイズは悪くなさそう。

引きを楽しみながらゆっくり寄せ、一気に抜き上げてキャッチ成功。

35cmを少し超えるくらいのまずまずなサイズの本命でした。

この場所にしては若干小さめですが脂は乗っていそうなのでキープ!

どうやら魚はいるものの、群れの密度が薄い為かその後も連発で釣れては来ません。

少し粘って釣りをしてみたところ、もう1匹同サイズのカマスが釣れましたがその後に再び一瞬でラインブレイクされる始末。

手持ちの3gのジグヘッドも無くなってしまったし、メバルとカマスを釣り上げることができたので今回の釣りはこれにて終了としました。

釣れたカマスは、近くにいた餌釣りのおじさんにプレゼント。

今回は気になっていたメバルも釣れましたし、今後の真冬~春が楽しみになってきました。

もう少ししてメバルの数も増えてくると、ポイントをしっかり把握して丁寧に攻めていけば30cm級の尺クラスも港内で十分狙えるようになってきます。

静岡の場合は大型のメバルが釣りやすいのは3月前後の印象があります。

この時期は大型のカマスも狙えますし、脂の乗ったアジやタチウオも楽しい季節なので、気温は低くて寒いですがとてもアツいシーズンになってきます。

来年はまた琵琶湖などでロクマルのバスも釣りたいですし、いろんな釣りに忙しくなってきそうです(*^^*)

今後はもっともっと、魚まみれの生活になってきますのでよろしくお願いします!

 

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です