ライトソルトメバル釣り ワームにスレた良型メバルはプラグで釣る!

今朝は日の出前に、港湾へライトソルトゲームに行ってきました。港湾部の水質が徐々に良くなってきている気がしたので、今回はサーフではなく港へ釣りに行くことにしました。

今年は水中の季節の進行が遅れている傾向があるのでまだまだメバルが釣れ続いているという情報がちらほら入ってきていますね♪

今回はプラグを中心に使ってワームにスレたメバルを攻略してきました。最近はガルプやエコギアアクアなどの生餌タイプのワームを嫌がる個体が増えてきていると感じます。

例えば、ガルプを投げても完全に無視してくるのに匂いのついていないワームを投げると途端に釣れ出すことも多くあります。ですので、ついついがガルプなどに頼りがちになってしまいがちですが、あえてそう言ったワームを封印してみると良い結果が出ることもありますよ!

特にプラグを使えるようになると、ワームに一切反応しない魚を拾っていくことができるので釣りの幅が大きく広がります!プラグにしか出せない波動やフラッシングなどを意識して使ってみると効果絶大です!

ライズを繰り返すスレた魚にはプラグが効く!

今回は前回のライトソルト釣行

ライトソルトメバル釣り 梅雨入り時期は五目釣り!

2017.06.07

では、メバルが釣れたので今回も狙ってみることにしました。ポイントに着くと、岸壁沿いで時々水しぶきが上がっています。出かたからしてメバルのようです♪

アジのライズは小さくスピードが速いのが特徴で、カマスの場合は音もなく捕食するパターンが多いです。

比較的派手にライズするのがセイゴやメバルになり、セイゴの方が派手に捕食するのが特徴ですので、覚えておくと狙いたい魚のライズだけを見分けることができます。

どうやら魚はいるようなので、まずは2gのジグヘッドにワームを付けてキャスト開始。岸沿いに魚がいるので、自分の影が入らないように注意して探っていきます。

数投投げてみましたが一瞬ワームをくわえただけですぐに放してしまい、アワセることのできるようなアタリはありませんでした。

どうやらワームにスレているようです。ここで、すぐにプラグに変えても良いのですが、様子を見る限り同じ場所にずっと魚はいるようで移動する気配がありません。

わざと同じルアーを投げてスレさせて釣る、奥の手!

魚が動く気配がないので、あえて反応の悪いワームを何度か投げ続けます。

これには実は狙いがあって、わざと魚にルアーを認識させます。当然、魚も賢いので自分目がけて投げられるルアーの種類などを学習してきます。

そして、わざと学習させてから全く違うタイプのルアーを投げ込むわけです。

 

すると、

 

スレた魚が一撃で釣れる!

今回はうまくいきましたが、うまくいかないことも時々あるのですが、私はこの釣り方でスレた魚でもキャッチできる確率が大幅にアップしました!

今回使ったのはディープダイビングタイプのミノーを激しくジャークしてストップ。このパターンでガツンといいアタリが出ました。

ワームの釣りとは対照的な動かし方をするのがキモですね!

すぐにリリースしてまた次を狙ってみます。

少し歩きながら魚の反応を探していくと、似たような状況に遭遇しました。先ほどは常夜灯の明かりがギリギリ届くかどうかといった場所でしたが今度は真っ暗な場所でライズを見つけました。

暗い場所の魚の方が食わせるのは比較的簡単なので、今度はルアーは同じですがカラーをアピールの強いシルバー系にチェンジ。これを先ほどと同じようにジャークしてみると、2投目でガツンと良い手ごたえ!

元気よく引いたのでとても楽しめました。サイズはこのサイズがアベレージです。ワームで釣るより1周り大きいサイズが揃う傾向があります。

リアフックに掛かっていただけなのでバラすかどうかが不安でした(-_-;)

ここまでは気持ちよく自分の狙いがハマってきて何となく今日のパターンがつかめてきました。

再び歩きながら魚の反応を探していきます。

少し様子を見ながらポイントを見て回りますが、ライズは見られなくなったのでここからは地形を探ってみることに。

真っ暗ですが、春から良く反応が出る駆け上がりが絡んでくるポイントへ。真っ暗なのでベイトの反応も見えませんが、実績はあるのでミノーをキャストしていきます。

ライズさえあれば絞った狙いができるのですが、目に見える反応はないので少しずつカウントダウンする時間を変えてレンジの調整をしてみたり、駆け上がりを通す角度を変えてみて魚の反応を探していきます。

すると、弱めにアクションを時々加えながら巻いてくるとコツコツと反応が♪

傷一つない綺麗な個体でした。サイズは26~7cm程でしょうか。足元まで良く引いたので非常に楽しめました。

良いサイズのメバルを3匹そろえることができたので、満足して終了することにしました。

今回はダイビングミノーが良かったですが、これでも食わないときはシンキングペンシルを使ったりすることが多いです。使い方は同様で、時々ロッドアクションを入れてスライドアクションをさせたりすることが多いです。また、シンキングペンシルの場合はフォールでもアタリが出やすいので注意してください!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です