スーパーライトショアジギングロッドの硬さ・パワー選びの目安とは

スーパーライトショアジギング ロッド 硬さ

さてさて、今回はスーパーライトショアジギングに使用する「ロッドの硬さ・パワー選び」について、私なりの考え方・目安を紹介。

スーパーライトショアジギング専用ロッドはもちろん、エギングロッドやシーバスロッドなどを流用している方が多いのが現状だと思う。

ロッドの種類によって適した硬さというのは違ってくるので、その辺りも踏まえて私の実釣経験に基づき解説していきます。

それじゃあ早速本題へと話を進めていこう!

スーパーライトショアジギングに必要なロッドの硬さ・パワー

スーパーライトショアジギング ロッド 必要な硬さ

まずはスーパーライトショアジギングに使用するロッドを選ぶうえで、「硬さ・パワーの前提」について紹介していく。

20gのメタルジグがフルキャスト出来る事

スーパーライトショアジギング 15g

PEライン0.6号~0.8号前後を使用し、大体15g~20g程のメタルジグを使用することが多いスーパーライトショアジギング。

使用するロッドだが、最低でも20gをフルキャスト出来るくらいの硬さ(反発力)は欲しいと感じる。

私の場合は普段15gのメタルジグを基準に選び、水深が深い場所や潮の流れが速い時などは20gのジグを入れていくスタイル(人によってスタイルは違う)。

逆に15g以下は使用せず、15gと20gで港湾部~サーフまで対応しているのが現状ですね!

スーパーライトショアジギング 重さ

スーパーライトショアジギングに使用するロッドを選ぶ際、「どっこらしょ」で20gを投げる様では反発力が低い。

潮の流れが速い場所や、ロッドやラインに水圧が掛かってくる深場を探る時は、反発力に余裕ある程度あった方がジグの操作が楽にできる。

また、根魚やヒラメ等を狙う時はボトム周辺でキビキビと・短い距離でジグをしっかり動かしたい。

なので柔らかすぎるロッドだと、ジグを細かく操作したい時にロッドが曲がりすぎてしまってジグまで力が伝わらない。

こういうことを踏まえ、「20gのジグをフルキャスト出来るくらいの硬さ」があった方がスーパーライトショアジギングでは扱いやすいと考えている。

▼理解を深めるおすすめ関連記事

ハタ ショアスロー

スーパーライトショアジギング用メタルジグの重さの決め方の基礎基本

2019年9月26日

硬すぎる(必要以上に強すぎる)ロッドも扱いにくい

硬いロッド スーパーライトショアジギング

それじゃあ「反発力が強くて硬いロッドの方がスーパーライトショアジギングに適しているのか?」というと、そういうわけでもない。

硬くてパワーがあるロッドの方が、リーリングやロッドアクションのパワーをジグにダイレクトに伝えやすいメリットはある。

しかし、デメリットもあって

  1. 反発力が強すぎる事でジグのアクションが暴れすぎる(必要以上に大きく動かすのはNG)
  2. ロッドが硬く、ジグの操作感がわかりにくい

 

このような点が挙げられる。

だから硬くて反発力が強ければいいというわけでもなく、「必要な反発力を持つ中で繊細さ」を兼ね備えているロッドが望ましいってわけ。

ロッドの種類ごとの硬さの目安

スーパーライトショアジギング 硬さ パワーの目安

じゃあ実際に「スーパーライトショアジギングに使用するロッドの硬さはどれくらい」を目安にしたらいいのか?

使用されることが多いロッドの種類ごとに、私なりのセレクト方法をまとめておく。

スーパーライトショアジギング専用ロッドの場合

スーパーライトショアジギング専用ロッドを使用する場合は、正直言ってどれを選んでも使い易い反発力になっている(当たり前)。

なので基本的には長さで決めればOKで、港湾部や障害物が少ないポイントなら8フィート中盤~9フィート程度までを。

障害物が多い場所や、駆け上がりがキツイサーフなどまで視野に入れるなら96等のちょっと長めをセレクトすればOK。

エギングロッドを使用する場合

スーパーライトショアジギング エギングロッド 硬さ

スーパーライトショアジギング専用ロッドに近い使用感があり、ロッドの軽さや反発力も十分流用できるのがエギングロッドだ。

エギングロッドを使用するのであれば、おすすめはM(ミディアム)クラスの硬さになってくる。

Mクラスのエギングロッドは15g~20g程のメタルジグは余裕でフルキャストが出来、ちょっとゆっくり振れば30g位のメタルジグまでカバーできるくらいの反発力がある。

MLクラスでも使えないことは無いが、青物がヒットした時のやり取りの快適性を考慮したり・ジグにキレのあるアクションを与えるには「ちょっとロッドが柔らか目かな?」っていう感じ。

一方でMHクラスの場合はジグにアクションをしっかり付けて水中で飛ばすことは容易にできるが、ジグを操作した時のしなり具合は小さくなる。

私の場合はMHだとちょっと穂先が硬すぎるような感覚があるので、「スーパーライトショアジギングに流用しやすいのはMクラス」だと考えている。

▼おすすめ関連記事

セイゴ釣り エギングロッド

スーパーライトショアジギングはエギングロッドで対応できるか?実釣経験から解説します

2019年10月26日

シーバスロッドを使用する場合

スーパーライトショアジギング シーバスロッド

スーパーライトショアジギングはシーバスロッドを使うこともできる。

しかし、個人的にはエギングロッドなどと比較すると使い難い感じがするので、最近は実釣で使用することは無いかな。

あえてシーバスロッドを使用するのであれば、L(ライト)クラスの硬さが使い易いと感じる。

基本的に、シーバスロッドは対象魚のサイズがシーバスなのでかなり強めに設計されている。

なので細いPEラインを使って繊細にジグを操作するスーパーライトショアジギングでは、どうしてもロッドが強めになるということを考慮しておきたい。

シーバス

 

シーバスロッドの場合はシンペンやワームなどを繊細に扱うLクラスが扱いやすく、MLでもちょっと強すぎるくらいの印象。

私も過去にシーバスロッドをSLSに流用したことがあるが、「バットを中心に張りが強すぎるし、重量的にもちょっと重くなる」のでジグの操作性で専用ロッドやエギングロッドに劣る感じ。

なので、シーバスロッドの場合は少し柔らかめの方が使い易い。

強いロッドで軽いメタルジグを操作すると、穂先が殆ど曲がらないので何をやっているのか分かりにくい場合がある。

特に初心者の方は、ロッドが程よく曲がる操作感があった方が釣りに集中しやすく、ジグの動きをイメージしやすいからね!

シーバスロッドを使用する時は、「Lクラス程度」を目安に使ってみると良い。

アジングロッドを使用する場合

スーパーライトショアジギング アジングロッド

アジングロッドを使用して小型のメタルジグを使った釣り方もある。

しかし、実際にはスーパーライトショアジギングというよりは、もはやライトゲーム(ウルトラライトショアジギング?)という形に近い。

基本的には、重たくても10g~頑張って15g程度のメタルジグを使う感じになる。

アジングロッドを使用するのであれば、エステルライン用のULロッドではなく「L~MLパワーのプラグやリグ系対応のロッド」の方が適している。

これらのアジングロッドは穂先~ベリーの反発力もそれなりに備わっているもの多いので、ジグウエイトだけ注意すればメタルジグの操作も結構快適に出来る。

基本的には開けた港湾部などでアジやサバ、メッキなどを狙う時におすすめだ。

ちなみにメバリングロッドも流用できるが、全体的に柔らかいロッドが多い。なので、個人的にはアジングロッドの方が楽にジグを操作できる印象がある。

おすすめ関連記事!

スーパーライトショアジギング カツオ

毎日のように実釣に出かける経験を基に、スーパーライトショアジギングに関するおすすめコンテンツを抜粋して紹介しておきます。

実釣に必要な基礎知識固めに役立ててほしい。

▼まずはここから!スーパーライトショアジギング入門・基礎知識まとめ

スーパーライトショアジギング ロッド

【実釣主義】スーパーライトショアジギング入門 タックル選び・基礎知識まとめ

2019年11月9日

▼スーパーライトショアジギング用ロッド選び

スーパーライトショアジギング ロッド

スーパーライトショアジギングに適したロッド選びの基礎基本を解説【ロッドの種類・長さ】

2019年9月28日

▼スーパーライトショアジギング用リール選び

スーパーライトショアジギング リール ハンドルノブ

スーパーライトショアジギング用リールの選び方・私が使うおすすめアイテムを紹介!

2019年9月2日

▼スーパーライトショアジギングのメタルジグ選び

スーパーライトショアジギング メタルジグ おすすめ

【全て実釣セレクト】スーパーライトショアジギング用メタルジグの選び方・おすすめアイテムはコレ!

2019年10月2日

▼スーパーライトショアジギングに適したライン選び

スーパーライトショアジギング ライン選び

【実釣セレクト】スーパーライトショアジギング(SLS)用ラインの選び方・おすすめアイテムを解説!

2019年9月25日

▼スーパーライトショアジギングで釣れる魚・ターゲット

スーパーライトショアジギング ギア比

スーパーライトショアジギングで釣れる魚・狙い分けのコツを解説!【徹底実釣主義】

2019年10月8日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です