早春の静岡シーバス釣行 レンジを刻んで連発!

静岡 シーバス 釣果

さてさて、先日は春パターンのシーバス釣りを楽しむために港湾部へお散歩。

既にチアユの接岸が始まっており、バチも少ないながらも抜けてきています♪

ここの所シーバスが数釣り主体ながらも良い感じに釣れており、状況にうまく合わせることが出来るとポコポコっと釣れている状況。

ヒラメやアジを釣るのも良いですが、やっぱり季節感のある釣りも楽しい。

そこで、日が暮れてから短時間釣行へ。

ちょっと流れが緩めで活性は低めの状況・・・・。

当日の釣行を振り返っていきます。




表層から順にヨレを探る

状況的にうまく釣っていけばボウズにはならないと予想していましたが、ポイントに着くと思ったよりも流れが無い・・・・。

付近に先行者はおらず、流れのヨレを打っていけばそのうち釣れるだろうプランです。

まずはベイトフィッシュの有無などを確認していきますが、見えている範囲にベイトの姿無し(-_-;)

良い時はバチの姿や小さな小魚が居るんですが・・・・。

シャロー系のミノーで引っ張ってもちょっと厳しそうかな??

まずはシンペン、トライデント90Sをチョイス。

カラーは定番のレッドヘッド。シルバー系のカラーなので強すぎず弱すぎずといった感じ。

トライデントはめっちゃ飛び、結構浮き上がりが良い系のシンペンなのでスローに漂わせて使う。

目に見えるヨレを順番に打っていき、良い場所に入ったら巻くのをやめてドリフトさせたり・・・・。

もうちょっと流速があると狙いやすいんですが、釣れなくはなさそうなのに反応無し(-_-;)

徐々にレンジを落とすため、長めにカウントダウンしたり良いピンスポットで丁寧にフォールさせたり。

すると、ショートバイトが時々出るもののフックアップせず。

小さいシーバスかウグイか?

それとも小型のチヌ系か?

微妙にアタリはあるものの、テール付近をチョコンと触れるようなバイトの出方なので掛からない。

あまり粘って釣るのもかったるいし、時間もそんなにないのでルアーを変えます。

ワームのボトム転がしで・・・・!!

次に選んだのは伝家の宝刀、ダイワミドルアッパー+SGヘッド3.5gの組み合わせ。

私が良く使うのはこのカラー。バチパターンにも、チアユやボラッコパターンにも両方いけるからね。

ヒラメ等と違い、シーバスの場合は微妙なカラーの違いやアクションで釣果に大きく差が出るので要注意。

釣果を確実にしたいなら、ちょっとシビアにルアーは選んだ方が良いかな。

この時期は基本的にちょっと弱めで、水に馴染むようなカラーがオールマイティ。

ジグヘッドはSGヘッドと静ヘッドをメインに使います。

SGヘッドは3.5gというウェイトがあり、シャローエリアをドリフトメインで使う時にかなり役立つ。

この組み合わせにチェンジし、アタリが出たスポットを中心に釣り歩きます。

中層までのレンジは微妙な感じなので、ここからはボトムギリギリまでワームを沈める。

そして、デッドスローに巻いて時々ワームがボトムに触れる微妙なレンジをキープ・・・・。

すると、狙い通り2投目にガツンとバイト!!

バシッとアワセを入れると、シーバスっぽい元気な引き。

サイズは大きくないですが、とりあえず1本目なのでバラしたくない。

タモを持って来なかったので少し魚を誘導し、足場が低い所でキャッチ。

静岡 シーバス 釣果

やっぱりミドルアッパーは強いな。変えた途端にガツンと来たね。

静岡 春シーバス 釣果

サイズはアベレージクラス、50そこそこってとこかな??

ボディに傷があり、近いうちに釣られたような感じの個体ですね。

とりあえずボウズは逃れたし、狙い通りに釣れたのでサイズ以上に楽しさはある。

すぐにリリースし、釣りを再開します。

ピンから引き出す釣り

何となく今の釣れ方でシーバスのレンジはわかったんですが、去年の春先もボトムパターンが炸裂しているんですよね。

そうなると狙うスポットの条件や、ルアーをキャストする角度、流し方・・・・。

去年のデータがあるので、それと同じような感じでルアーをトレース。

すると・・・・

最大で65位までですが、シーバスが連発。アフターの個体が多く、スレンダーなやつが目立ちますが結構元気に引く。

釣れなくなったら移動し、また釣れそうな条件のスポットを打つと狙ったように釣れる。

キビレ 釣果

シーバスに混じり、ガツガツッという鋭いバイトも何度かある。

正体はキビレとクロダイらしく、低いレンジでシーバスと同じベイトを食っているらしい。

今回はキビレが1匹混じっただけだったけど、アタリはそれなりに有ったので専門に狙ったら面白いか??

しばらく探っていると、シーバスっぽいモジリが見えたのでワンダースリム70をキャスト・・・・。

ワンダースリムで釣れたシーバス

するとドンピシャでバイト、アベレージサイズのシーバスをキャッチです。

ベイトが浮いてくると、シンペンはやっぱり強いっすね。

サイズはそれなりですが、狙い通りに魚が釣れてくれば楽しいもの。

バチパターンやチアユ付きのシーバスは表層に目がいきがちですが、意外とボトムに沈んでいることもあるので要注意!

そういう時はジグヘッド+ワームで根掛かりを抑えつつ、ギリギリのレンジを引っ張ってくると連発することもありますからね。

時間的には1時間くらいでしたが、満足したので終了です。

使用タックル

ロッド:ダイコーアルテサーノエヴォルティア93

リール:シマノ 18ステラ3000MHG

ライン:バリバス アバニシーバスPEマックスパワーX8 0.8号+シーガーグランドマックスFX3号

ルアー:シマノ トライデント、ラッキークラフト ワンダースリム70、ダイワミドルアッパー+デコイ SGヘッド3.5g

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です