5月30日更新分 苦戦のチニング・良型メバル!

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は新規ポイント開拓へ。

ちょっと気になる地形の場所があったので、車を走らせてプチ遠足です。

活性あがらないチヌ 

まずはシャローエリアのポイントの様子を見て回ると、底質的には良い感じにゴツゴツしてますね。

釣れそうな気配を感じつつ、魚の有無を探しながらランガンしていくと、すぐにワームをフグにやられました・・・。

マジでこのフグの多ささえ何とかならないものですかね・・・。

地元とはフグの数・活性が違いすぎます。

フグとベラは何億匹居るのか分かりませんね(笑)

沖合は砂泥底+海藻が生えていて、手前はちょっとした岩礁帯。

カキガラやフジツボがついている場所が狙い目で、綺麗な石の場所は魚の気配が薄いです。

てくてく歩いて行くと、1kgほどのチヌを発見。

しかし、浮きもせず沈みもせず、中層をのんびり泳いでいるパターン。

こういう個体を釣るのは非常に難しいことが多く、ちょっと嫌な予感。

とりあえず反応を見てみようと、クレイジーフラッパーをキャストしましたが、ラインの影を見て逃走・・・。

これはジックリ狙わないと釣るのが難しそうですが、問題はフグだな。

ステイを長めにとるとフグの餌食になってしまい、ワームを何本か消費(-_-;)

ボトムでカニや貝を食っている個体は全くおらず、大半が中層をゆっくり泳いでいますね。

潮もあまり効いていないし、どうやらお食事タイムではなさそうです。

このままだと撃沈の可能性があるので、なんとしても1匹釣りたいところ。

こういう時は一発狙いでスーパーシャローを狙うのも一つの手段。

狙いを水深50cm程度までの超浅場に絞り、サイトで狙う。

かなり歩き回ったところで、ようやくボトムを向いてギラギラやっているチヌを発見★

このチヌは慎重に狙いたいので、しっかり足場を決め、ラインが視界に入らない角度でキャスト・・・・。

運よくフグやベラは来ず、スローなズル引きとステイでチヌとの間合いを詰めていきます。

チヌはワーム・ラインに気付いておらず、これは良い感じ。

チヌから50cm位の場所までワームを近づけ、一旦長めのステイ。

すると、ニオイの効果か、チヌがフラッとワームの方へ。

ここで軽くシェイクを入れると、チヌが猛反応。

甘噛みで一度離されましたが、ステイからのボトムバンプで追い食い。

ここで合わせを入れると、結構良い引きです。

ドラグを出しつつ、ゆっくり寄せて無事捕獲。

クロダイ 釣果

非常に綺麗なイケメンでしたね。

2kg欠けるくらい、40後半でしょうか。

フッキングもバッチリ、これなら絶対に外れません。

なんとか1匹釣れたものの、その後しばらくランガンしても釣れそうなチヌはゼロ、ワームをフグにやられただけでした(-_-;)

ライトゲームで良型メバル!

次はポイントを変え、アジやメバル・カサゴなどを適当に釣ってみることに。

水深が結構深くて潮もぶつかる場所なので、釣れそうな気配はある。

時々キビナゴが回遊してきますが、追っているのは小サバ。

メタルジグで小サバを釣りましたが、その他はこれといった反応なし。

しかし、しばらく釣りを続けていると潮がガンガン効き始め、目の前にヨレが発生。

キビナゴがヨレに集結しはじめ、動きが忙しくなってきました★

沖合に捕食者の姿はないので、岸壁沿いにバイブレーションをキャスト。

際を軽めのリフトフォールで探ると、1激でヒット。

かなり良い引きでしたが、これは何かな?

ラインが岸壁に擦れないように魚をいなしつつ、巻き上げてくると茶色い魚。

メバル

20後半の良型メバルをキャッチ。
かなりよく引きました。

こんなのがデイゲームで釣れるなんて、最高ですね★

このパターンでメバルが連発するかと思ったんですが、その後はカサゴ・ネンブツダイのスーパーラッシュ(笑)

活性がかなり上がったようで、着水~数秒でアタリが出ます。

カサゴ 釣果

あまりにも釣れるので、海中がどんな状況になっているのか見たかったです。

カサゴは釣れるサイズはかなりバラバラでした。

ルアーはメタルジグ・バイブレーション・ライトワインドなど、キビキビ動くものの方が圧倒的によく釣れました。

その後潮が緩んでくるとカサゴの時合いは終了し、2匹だけアジが釣れました。

ここ最近はアジの気配が全体的に薄く、連発しない状況が続いています。

この地ならアジはいつでも釣れるかと思ったんですが、やはりそう簡単ではないようですね。

チヌも釣れる時はボコボコ釣れますが、釣れない時は静岡と大差ない感じで、かなり難しい。

むしろ、チヌの魚影自体は静岡の方が圧倒的に濃いですね。

毎回あちこちポイント開拓をしていますが、釣れる場所と釣れない場所の差もかなり大きく、宝探しのようで楽しいです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です