秋の焼津チニング釣行 クロダイ狙いで良型連発!

クロダイ 釣果

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、先日は焼津方面へチニングへ行ってきました。

条件的にかなり良い感じで、私の予想が正しければクロダイが良く釣れるはず・・・。

静岡中部の場合、基本的にはキビレの方が釣れやすいことが多いんですが、条件によってはクロダイばかり釣れるパターンがあるんですよね。
何となくその傾向を掴んでいたので、今回はそれが正しいかどうかを検証しに行ってきました。

果たして今回はどんな釣行に?

水質・流れ共に好条件

とりあえず私が目星をつけていたポイントに入りました。
見た感じの水質は釣れそうな気配があります。

ササっと準備をして釣りを開始しました。

ボトムを転がして良型クロダイをキャッチ!

良い感じに濁りが入っていて釣れそうですが、ここのクロダイは割とシビアな印象があります。

先発は、ややナチュラルなリトルスパイダー3インチをチョイス。

シンカーはいつもの7gで、ボトムをコロコロ転がして誘ってみます。
ロッドアクションは全く与えず、あくまでもチヌの前にワームを流し込む感じですね。

探った感じは底付近の流れはかなり良い感じで、これはチヌが釣れるコンディションですね★
1投目は反応がありませんでしたが、2投目でさっそくバイトあり。

かなり渋い感じの食い方で、長い駆け引きの末無事ヒット。
結構良い感じの重量感で、ゆっくり寄せてくると40そこそこなクロダイ。

ちょっと掛かり方が怪しかったんですが、取り込みしようと思った矢先に口切れでバラシ。
キャッチできませんでしたが、狙い通りに食ってきたので狙いはあっているようです。

チヌとのやりとりで少し場荒れしてしまったので、少し歩いてポイントを移動。
沖にクロダイがつくピンがあるので、流れを計算してルアーをキャスト・・・。

ボトムを転がすと1投目でさっそくアタリがあり、モゾモゾ系の小さな感触。
この感じは良型クロダイのアタリなので、ちょっと丁寧に食わせに入ります。

中々ワームをしっかり食ってくれませんでしたが、ステイと軽めのテンション掛けで穂先が入ったので合わせ。

すると、良い感じの重量感が伝わり、ドラグも出ます。
これは完全にクロダイの引きですね。

何度か突っ込まれましたが、しっかりカンヌキにフッキングしているようなので、バラすことは無いでしょう。
重量感のある引きを堪能してキャッチ成功。

クロダイ 釣果

40後半、真っ黒なクロダイですね★
完全に狙い通り、狙いのスポットで1投で仕留めました。

ピンスポットをランガンで狙ってクロダイ連発!

その後も何か所か有望なピンスポットがあるので、順番にランガンしていくことにしました。

相変わらず条件はずっといい感じで、釣れそうな気配がムンムンです。

しっかり狙いを定めて探りを入れると、狙いのスポットでアタリが出ます。
条件の割にはアタリが小さく、なかなか食い込まない状況でしたが、早合わせしないように注意して丁寧に駆け引きをして合わせを入れます。

焼津 チニング クロダイ

レギュラーサイズをキャッチしました。
リトルスパイダーの絶妙に弱い波動は良い仕事をしてくれます。

そんな感じでクロダイを釣っていくと、小さなアタリの後に穂先が「ズズズッ」と入る感触。
アワセを入れるとこれまた良い引き、大暴れしたのは良型クロダイ。

クロダイ

年無しクロダイをキャッチしました。
長さは50ジャスト~51とかそれくらい、2キロチョイありそうな良い魚体でしたね。

焼津 クロダイ

その後もクロダイは釣れ続けます。
完全に狙いのスポットで狙ったとおりに釣れますが、これは琵琶湖のバス釣りと同じですな。

琵琶湖のバス釣りもやり込んでいくとかなり魚を追い込むことが可能で、狙いすました1投で3キロ・4キロ・5キロなどの大型のブラックバス(50後半~ロクマル)が釣れるようになります。
以前は静岡から毎週2回、日帰りで琵琶湖に通っていましたが、そのパターンの精度を高めていくのに夢中でしたね。

静岡のチニングの場合は琵琶湖のバスほど高い確率で追い込むことはできませんが、今回のような条件がある程度揃った時なら可能ですな。

ただし、狙って釣る釣りを探す最中は楽しいんですが、逆に狙って釣れすぎると飽きるんですよね(笑)
私の場合は別に沢山魚を釣って自慢したりしたいわけではないので、最近はあまりやり込み過ぎないようにセーブしています。

その反動でバス釣りはほとんどやらなくなりましたし、タチウオ釣りなども全くやる気にならなくなってしまいました(タチウオは学生時代にほぼ毎日、港で釣り続けていました)。

何事もほどほどに、ある程度うまくいかない・分からないくらいの方が楽しいです。

ポイント移動でキビレ

とりあえずクロダイは十分釣れたので、少し別のポイントの様子見を・・・・。

ここも一応クロダイが釣れるだろうと目星をつけていたんですが、軽快なアタリとギュンギュン引く感触。

キビレ

予想が外れ、キビレをキャッチしました。

その後、ベイトフィッシュがチョロチョロ逃げる姿が見えたので、ワームをスイングインパクト3インチにチェンジ。

後は同じようにワームをコロコロ転がすと・・・・

クロダイ

今度はしっかりクロダイをキャッチしました。

なんだかんだでクロダイは8・9枚くらい釣れたでしょうか。
十分満足したので、今回はこれにて撤収しました。

使用タックル

  • ロッド:ジャクソン オーシャンゲートLGMIX 74L-K ST
  • リール:ダイワ21フリームス LT2500S-XH
  • ライン:よつあみ ボーンラッシュWX8 0.6号、サンライン ブラックストリームプラズマ2.5号
  • ルアー:ケイテック リトルスパイダー3インチ、スイングインパクト3インチなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です