12月大みそかの清水港アジング釣行 ラストに・・・!!!

さてさて、2019年もスタートしましたね!

年末年始と釣り収め&釣り初めをしてまいりました、まるなかです。

1年経つのは非常に早いもので、このサイトを立ち上げてから早1年半以上が過ぎたわけで。

今年も変わらず、マイペースでボチボチやっていきますのでよろしくお付き合いくださいね!

というわけで、今回は大みそかのアジング釣行を振り返っていきたいと思います。

料理屋さんからの希望があり、まとまった数の魚が欲しいという事で本当は少し沖に出てアジやらを釣ろうと思っていたんですが、当日はかなりの強風・・・・。

結局おかっぱりのランガンスタイルでアジやメバルを狙ってみることに。

ここの所ポツポツアジの回遊は有るので、まぁ何匹かは釣れるだろうと見立てて行きました。

最近は自分に有ったエステルラインを探す旅をしているんですが、「鯵の糸が良い感じ」というアドバイスをもらったので早速試してみることに。

本来はサブ機であるはずの18カルディアですが、もはや最近のメインになっています。このクラスのリールでもステラやイグジストに釣り負けることは無いんじゃないかな。

強風の清水港アジング

まずは夕マズメに釣り場へ到着。大みそかというのに釣り人はポツポツといますね。

しかし餌釣りの人が殆どのようで、既に帰り支度をする方達ばかり。さすがに大みそかの風が強い夜に釣りをする人なんてほとんどいないか(笑)

ポイントはガラガラなので、テンポよく探ってランガンしていくのが良さげ。

まずは1.2gのスナイプヘッドにテトラワークス バーニーをチョイス。

風は強いものの、風向き的に追い風寄りなのでそこまで釣り難いわけではない。

まずは明暗の境の暗い側を表層から探る。

良い時はたまにライズしたりしているんですが、今日はそのような気配が全くなし・・・・。

カウントを10~15程刻み、チョンチョンと小刻みなリフトフォールをメインにサーチ。

すると、幸先よくコツコツっとアジのアタリ♪

バシッと合わせると元気な引きが。

バラさないようにやり取りし、ササっと抜き上げて血抜きをする。とりあえずボウズ逃れは成功、22cm位のアジですね。

今年はメバルがかなり遅れ気味なので、アジが回って来てくれているのが救いである。

ちょっと深い場所に群れが固まっているのか、いつもよりもスローに。フォール時間を長めに取るとコツっというアタリが出る。

食い自体は悪くないらしく、アタリさえ出れば殆ど掛かってくる感じだ。

ワームをローテーションしたりして探るんだけど、初めだけアタリが集中してすぐに反応が途絶えた。

粘っても仕方がないので見切りをつけ、次の場所へ移動!



流れがぶつかる場所で・・・

次にやってきたのは、アジとメバルが狙えるポイント。例年であれば良いサイズのメバルがポロッと釣れたりする場所。

しかし、今年は全く気配もないのでアジに期待するしかない。

流石に大みそか、先行者の姿はない。

意外と岸壁沿いがポイントになるので、岸近くから丁寧に探りを入れていく・・・・。

潮が意外と動いていて、ヨレが発生しているっぽい( ̄ー ̄)

その周辺が美味しそうなので、ちょっとカウントを長めに入れてドリフト気味に探りを入れるとモゾっとアタリ!

ここでも幸先よくアジをキャッチ出来たが、相変わらずサイズは同じような感じ。

流れ的にももっと大きいのが居そうな雰囲気があるので、もう少しレンジを入れてボトムスレスレを探ってみることに。

流れが変化している沖側にキャストし、テンションフォールでカウントダウン・・・・。

そこからスローに深いレンジを探る。

すると、モゾ~っという重さが穂先に乗る。巻きアワセ気味に合わせを入れると、重たいだけで引かない感触。

良型メバルかカサゴのような感じもするが、この引き方はヤツかもしれない。

一定速度で巻いてくるが、1度も引き込みを見せずに寄ってくる。しかし、ここからがヤツの本領発揮パターンだ。

足元付近まで寄せてくると、予想通り一気に引き込んでドラグが出る出る♪

おそらくしっかりフッキングはできているはずなので、一定のテンションを掛けていなす。しばらくすると大人しくなったので、ゆっくり巻いて捕獲体制に。

エステルラインなのでラインブレイクが心配だけど、0.3号あるからまぁ何となるだろう。

暴れないようにタイミングを見計らい、ヒョイっと抜き上げ。

丸々と肥えた根付き系の尺アジ!大きさは31cmってとこかな。

この系統のアジって、どういうわけかヒットしてしばらくは全く引かないんですよ。

カサゴのように重たい感じなんだけど、近くまで寄せてくると突然全力ダッシュするんだよね(笑)

今年はこういうアジが全然釣れませんでしたが、大みそかになって釣れたので良い締めくくりが出来たかなと。

尺アジもキャッチし、良い感じの釣りができたのでこれにて撤収です!

教えてもらった鰺の糸もかなり使いやすく、私好みな感触ですね~♪

最近のエステルラインはすごいなぁ。私が知っている時代の物とは大きく進化してますね。もう少し使い込んでみて、どんな特徴のラインなのかを見極めたいと思う。

それにしても、2018年のラストの締めは良く出来すぎたな。

使用タックル

ロッド:ダイワ 月下美人MXアジング510ULS-S

リール:ダイワ 18カルディアLT2000S-XH

ライン:サンライン 鯵の糸0.3号 + シーガー グランドマックスFX0.8号

ルアー:デュオ テトラワークス スナイプヘッド1.2g(M)、デュオ テトラワークス バーニー、ピピン

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です