静岡船キス釣行 良型交じりの数釣りを楽しむ!

さてさて、今回はキス釣りにでも行こうかと思っていたのですが

堤防からやろうか、それとも船を出して沖からやってみようか?

友人と2人で釣行できそうになったので、せっかくなので船からキス釣りをやろうということに。

今シーズンのキス情報はあまり入ってきていなくて、ちょっと厳しいのかな~?というような感じ。遊漁船の釣果情報もほとんど出ていないのでちょっと不安(-_-;)

それでももう6月間近の季節ですから、いくら渋くても何匹かは釣れるだろうということで準備をして出船!

久々の船キスゲームになりましたが、結果やいかに??



小型のキスが多い展開

今回は魚探も無しで、完全に今までの経験と勘で適当に釣っていこうというプランですね。魚探を使って釣りをするのも楽しいんですが、あえてそういったものに頼らずに釣る釣りも違った面白さが有りますからね!

ササっと準備して、まずは水深6~8m前後の浅い場所に船を立てて様子を見てみることに。餌は赤イソメを使い、仕掛けは自作のテンビン式ちょい投げ兼船キス仕掛けを使用します。

状況が全く分からないので、とりあえず針はちょっと小さめの吸い込み重視のセッティング。友人は少し大き目の針を選んだようですが、この違いがどう出るかな?

この時期にしてはキス釣りを楽しむ船がちょっと少ないのが気になりますが、まずは適当に仕掛けを遠投して広範囲を探っていきます。その中でアタリの出る水深やボトムの感触などを見つけ出して、ポイントを絞り込んでいく感じ。

私は中層で誘いを掛けて仕掛けをフォールさせ、その後の仕掛けのなじみで食わせていくパターン。同行者はボトムズル引きで探ってみます。

すると、釣り開始1分ほどで友人にHit!キスにしては下品な感じの引きに思えるが・・・・。

上がってきたのは予想通りベラ。小型なのでササっとリリースして次を狙います。

友人は沖の深い側を中心に探っていて、私は浅い側を探ります。すると、私にはアタリが無くて友人にはすぐアタる。しかしアタリが小さい事と、当て潮で船の方に仕掛けが入り込んでくるようで釣り難いらしい。

こういった時はテンビン仕掛けではなく胴付き仕掛けが良いんですが、今日は持ち合わせていない(-_-;)

友人の方がアタリが出ており、私もちょっと水深の深い側へ仕掛けを遠投して探っていく。すると中層でハンドル2~4回転程誘いを掛け、ボトムに仕掛けを落とし込んでちょっと待つパターンでアタリが頻発♪

しかし、釣れてくるキスは10cmを少し超えるくらいの小型がメイン。その小型のキスを何匹か釣ると、まずまずの15cm~20cmクラスが混じってくる感じだ。

久々のキスの誘いとアタリ、合わせはやっぱり面白いですね(*^^*)

キスは大きさの割に引きが強いし、独特な餌を吸い込むアタリを取っていくのが病みつきになります。

誘いと食わせのパターンが何となくわかってきたところで私はキスを連発。アタリはちょっと小さめなんですが、針が吸い込み重視の小針を使っているのも良かったかな。友人はアタリはあるものの針掛かりさせるのに苦戦している。

針はシマノの攻めキス6号を使いましたね。本来であれば船からのキス釣りでは7号以上を使うことが多いんですが、吸い込み重視の小さめの針が効果的でした。釣果は2倍以上の差が出ていたと思います。この針は吸い込みが良いタイプのキス針ですが、意外と粘り強くて変形しても折れにくいし、フッ素コートで餌やキスの刺さりも良いのでお気に入りの針の1つですね。

なお、船キス仕掛けの詳しい作り方については「キス釣り仕掛けの作り方を徹底解説」をご覧ください。ちょい投げ釣り用と船キスの仕掛けは基本的に流用が可能です。

そんなこんなでちょっと水深が深いエリアの方が反応が良いようなので、水深を50cm~1mくらいずつ深い場所へと移動しつつ数を重ねていきます。

沈み根+急な駆け上がりのポイントがアタリ!

最初はゆるい駆け上がりの砂~泥底地帯をメインに探っていきました。キスのアタリは多いものの、サイズが例年に比べてちょっとイマイチかな~。

そこで、ちょっと狙う場所を変えてみて様子を見ることに。

次に狙って行くのは水深が5m前後から12~13m程に一気に落ち込む駆け上がりと、岩礁帯が交じり合うエリア。根掛かりやフグなどが多いことが有るものの、釣れてくるキスのサイズが揃いやすいことも多いポイントですね。

ちょうど良さそうな所に船を立て、まずは浅い所から順に探っていきます・・・・・。

しかし、釣れてくるのは最初よりも小型の10cm前後のキスばかり(-_-;)

相変わらずアタリはすぐに出るんですが、ちょっと小さすぎる。

そこで、駆け上がりの向こう側の深い場所を打ってみることにします。かなり急な駆け上がりになっているんですが、その向こう側の深い場所に仕掛けを落とし込むと・・・・

「ブルッブルッ!!」

先程までとは違う、強烈なアタリが頻発( ̄ー ̄)

しかし、食いが浅いのかフッキングが決まらない。若干アワセを遅らせてみて、しっかり飲み込ませてからバシッとアワセていくと良い感じの引き込み♪

釣れてきたのは20cm強のまずまずな良型キス。ここで友人もアタリが頻発、2人で20cm強のキスが連発でしたね!!

友人もここにきて乗ってきたのが、釣果が伸びてきた♪

しかし、群れの移動が早い為か、すぐにアタリが途絶えてしまう・・・・・。若干ポイントを移動して探ってみると、今度はこいつ。

小さいですが、メゴチをゲット。ちょっと小さいのでこれはリリースサイズですが、大きいのは美味しいんだよな~などと思っていると・・・・

超強烈な激臭が(笑)

カルキを何倍にも濃縮したような、アンモニアのような強烈なニオイが手に付着・・・・。

そうなんですよね~、たまにいるんですよ、めっちゃ臭いメゴチが((+_+))

海水で手を洗ってもニオイは消えず、最悪な展開。

そして友人にも良型のメゴチがヒット!!念のため臭いをチェックすると、これまた激臭パターン・・・・。

今までこのポイントでは激臭メゴチは釣れなかったんですが、今日は?当たりの日か?



丁寧にポイントへ入れなおしてキスを追加

その後は良型のキスはポツポツ釣れる程度で小型のキスがメインに。おまけに潮がカッ飛んできてしまっていてアタリが取り難くて大変。

周囲の船はあまり釣れている様子もなく、全体的にはちょっと低調な感じなのかな。

こういう時は出来るだけ丁寧に、めんどくさがらずに船を細かく入れなおすのが正解。

2人でのんびり船キスを堪能し、ポツポツとお持ち帰りサイズも追加していきました。結局3時間半くらいやったのかな?

数的には私が30本弱位、友人も15位釣ったのかな?

20cmを超えてくるサイズは数える程度にしか釣れませんでしたが、やっぱりキス釣りは面白い(*^^*)

キス釣りって簡単なように思えますが、実は地形の把握や餌の誘いやなじみ、食わせの間・・・・。いろんなことを考えないと、他の釣り人より安定して多くの釣果を上げるのは難しい釣りです。

今回は地形をうまく判断して釣っていきましたが、こういうのは琵琶湖でバスを釣ったり、エギングやシーバス釣りなんかにも広く共通することが有りますからね!

また時間を見て、堤防からのちょい投げ釣りや船キス釣りにも繰り出していきますからね!!

つい先ほど、フライにして食べましたが相変わらずのうまさですね( ̄ー ̄)

今回はこの辺で。

それではまた明日会いましょう!

使用タックル

ロッド:シマノ ワールドシャウラ2702R-2(まるなかカスタム)

リール:ダイワ フリームスLT 2500S-XH

ライン:よつあみ X8アップグレード0.6号200m

テンビン:ヤマシタ キステンビンK型Lサイズ18cm+オモリ8号

仕掛け:自作ちょい投げ兼船キス仕掛け2本針

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です