用宗港・広野海岸公園周辺の釣り場、ポイントを写真で紹介!

さて、今回は静岡県中部の静岡市にあります、用宗港と隣接している広野公園周辺、および用宗海岸の釣り場の紹介と狙える魚種を見ていきたいと思います。

用宗港は規模としては小さめのポイントですが、地元の釣り師を中心に意外と人気?の釣り場となっています。

まず、漁港周辺は漁師をはじめとした漁業関係者の方の仕事場です。

無理な駐車やゴミの放置、仕掛けを船に絡めたりすることは絶対に行わないように気を付けて釣りを楽しんでくださいね。

前置きはこれくらいにしておいて、早速釣り場の案内を始めていきたいと思います(*^^*)

清水港釣り場紹介、狙えるおすすめターゲットを詳しく解説!

2017.10.04

【人気釣りポイント】青物の聖地、三保の釣り場を詳細解説!

2017.10.11

ヒラメ、青物、シーバスなどの好ポイント 静岡サーフを紹介!

2017.07.08

焼津周辺の釣り場紹介、狙えるおすすめターゲットを詳しく解説!

2018.01.07



用宗港・広野公園周辺の釣り場を詳しく紹介!

まず、用宗港周辺の釣り場ですが、大きく分けると

  1. 用宗港
  2. 広野公園
  3. 用宗海岸

こんな感じに分けることができます。

安倍川の河口から西に向かった所に位置するのが広野公園になり、その西側に漁港があります。

そこが用宗港と呼ばれる場所でして、ここを越えて更に西に行くと用宗海岸へと続いていきますね。

更に西へと向かうと大崩海岸、そして焼津へと続いていきます。

※なお、2018年1月現在は広野公園の釣り場は台風による損傷の為、釣りができない状態となっています。

少し前に大きな台風が直撃したんですが、その時の影響で防潮ゲートが故障してしまっているようですね。

修理が完了したらまた釣りができるようになると思いますから、釣りに行かれる際は気を付けてください。

立ち入り禁止の場所に入って釣りをしたりすると、後になって釣り禁止の場所がさらに増えたりすることが良く起こっています。

自分たちの首を自分たちで締めない為にも、ルールを守って楽しく釣りをしましょう!

用宗港の釣り場・ポイント

さて、用宗港の紹介をするために、まずは用宗港で良く聞かれることの多いポイントの名前と位置を見てみましょう。

用宗港に流れ込んでいる河川は港の奥に1本。小坂川という川が流れ込んでいます。

港の形状はシンプルで長方形のような形をしていて地形の変化には少し乏しい。

港の出入り口には東西に1本ずつ、堤防が伸びています。

西側の堤防を白灯台、東側を黄灯台って呼んでいますよ!

時々釣果情報などでも聞かれるポイント名ですから、覚えておくと役に立つかな。

さて、それではちょっと具体的に釣り場の雰囲気や狙える魚などを見ていきましょうかね!

小坂川河口~市場周辺の釣り場

港の一番奥にある小坂川河口の周辺は淡水が流れ込む地形となっているので、いろんな魚が集まってきます。

川の河口に立って市場方面を見た様子です。

小坂川河口周辺は淡水が入ってきている為、ボラやウグイが大量発生していることの多いポイントですね(笑)

ウグイなんかはフライやスプーン、スピナーなどを使ってみると意外と釣れるターゲット。

ルアーやフライの練習には良いかもしれませんが、釣り上げた際に独特なにおいを放つので注意・・・。

この周辺では夏~晩秋にかけてハゼ等が狙える他、クロダイやキビレ、スズキなども釣ることができます。

基本的に濁りの無い平水時は結構難しいことが多くて、大雨が降ったりして濁りの入った時や沖が台風や低気圧で荒れた時などの方が釣りやすいです。

他にもウナギなどをぶっこみ釣りで狙えますし、外道でナマズやライギョも釣れる場所ですね。

海の方へ仕掛けを投げればキスやアジ、ギンダベラ(ヒイラギ)等が狙えます。

岸壁沿いにはカサゴなども生息していますが、オコゼが多いので注意します。

岸壁沿いにオキアミやイソメを落とすとすぐに釣れてくるので、カサゴと間違えて触らないように。

オコゼはヒレなどに毒があるので、触ってしまうととても痛いですよ・・・・。

まぁ、私も昔に被害にあってますけどね(笑)

そして、河口の西側にある市場周辺です。

岸壁はストレートで変化の少ない地形をしていますが、このあたりは回遊次第でアジや良型のイワシなどが回ってくるポイントですね。

大きなマイワシが沢山釣れることもあるポイントですが、釣れない時は粘ってもさっぱり・・・。

そんな印象のある釣り場ですが、底を狙うとキスなども顔を出します。

釣れているという情報があった時に入る方が良いという感じの釣り場ですね。

そして市場を南側へ向かうと、岸壁が折れ曲がる場所があります。

この周辺は夜釣りでカマスやセイゴなどを狙う方が多く、結構人気のあるポイントになっていますね。

夜にこの周辺へ行くと、小型のルアーを使って釣りをしている方を良く見かけます。

なお、船のロープなどに引っ掛けないように注意して釣りを楽しんでくださいね。

用宗港東側のスロープ周辺の釣り場

小さな変化なんですが、侮れないのがこのスロープ周辺

水深も変化するポイントですが、突堤や堤防の角などの潮の流れが変化するポイントでもあります。

なお、漁師の方の縄や網などが置かれている場所がありますので、邪魔をしたりしないように注意してくださいね。

このスロープの浅い場所ではハゼやメッキ、小型のメジナなどを釣ることができます。

常夜灯もいくつか設置されているので、夜釣りでセイゴやカマス釣りを楽しむ方も結構多い人気のポイントになっています。

少し深い船道などの方面ではキスやアジ、小型のメバルなどがサビキ釣りなどで狙えますね!

このあたりは真冬の2~3月くらいに大きく成長したメッキが低水温で弱っている姿をよく見かけます。

弱っていてヨロヨロしているのにルアーにアタックしてくるのを何度か目撃したことがありますね。

まぁ、そんな感じの回遊魚等も狙うことのできるポイントです。

黄灯台の釣り場

用宗港の東側のの出入り口~広野公園に続く場所がこの釣り場。

ヨットハーバーの周辺は立ち入り禁止ですので釣りはできませんが、西側の岸壁は釣りができます。

このあたりは所々に沈み根が点在するような地形ですから、投げ釣りなどをしていると根掛かることがあるので注意します。

狙えるターゲットとしては、キスやアジ、イワシなどの回遊魚の他にもカサゴやメバル、クロダイ等。

回遊次第では太刀魚やカマス、カンパチなども顔を出すポイントですね。

サビキ釣りで釣ったアジやイワシなどを泳がせて大物を狙う釣り方が夏~秋は結構人気です。

場合によってはヒラメやマゴチ、アオリイカなんかも狙えますね(*^^*)

船道側を見てみると、こんな感じ。

黄灯台に向かう堤防の付け根には小突堤があり、夜釣りでタチウオやカマス、アジングなどを楽しむ方が多いですね。

船道に向かって投げ釣りをしたり、泳がせ釣りなどを楽しんでも良いと思いますが、所々根掛かるので注意します。

足元付近には崩れテトラも多く、カサゴなどのロックフィッシュが付いているのでこれを狙っても面白いと思います。

結構打たれているポイントですが、丁寧に探ってみると意外と魚は釣れますよ!

白灯台周辺の釣り場

そして、港の西側に位置している白灯台の周辺。

用宗海岸の東詰め、白灯台の付け根には駐車場が広く設置されているのでアクセスも良好です。

港の外側、西側はサーフになっていて沖にテトラ帯が続いています。

このあたりは早春になると海藻が大量に生えてくるので釣りが困難になりますが、秋から冬の海藻が生えそろうまでは良型のメバルなどが狙える好ポイントです。

ルアーを使ってメバリングで狙ってみたり、イソメなどを使って電気ウキで狙ったりしても面白いですね。

この周辺はゴロタ石が多く、カサゴやベラ等もよく釣れます。

状況次第ではフグが大量に発生していることも多いので注意しましょう(-_-;)

白灯台の方へ行ってみると

少し開けた釣り場になっていて、こちらも黄灯台と同様にキスなどを小型魚からカンパチやヒラメ、マゴチ、アオリイカなどの肉食魚まで色々な魚を狙うことができます。

かご釣りでアジ等を狙う方も多く見かけるポイントですね!

当日は小学生くらいの少年がカサゴを釣り上げているところを目撃。沖合にも所々沈み根があり、夜釣りでブッコミ釣りなどをしても面白いですね。

どういうわけか、用宗港は静岡では珍しくドンコ(エゾイソアイナメ)が釣れます。夜釣りでサンマや青イソメを餌にしてぶっこんでおくと意外と釣れる。

見た目はグロいですが、みそ汁や煮付けにして食べると美味しいですよ。

カサゴなどのロックフィッシュを狙う際は、岸壁沿いやその周辺の捨て石を狙うと良いと思います。

港の外側はテトラ帯になっていて、こちらも春先からは海藻に広く覆われる場所です。

ここでもブラクリなどを使ってカサゴを狙ってみたり、メバルを狙うこともできますね。

広野海岸公園周辺の釣り場

続いて、とても綺麗に整備された駐車場やトイレのある釣り場、広野海岸公園周辺ですね。

2018年1月現在は台風の影響により釣り場への立ち入りはできませんので要注意です!

とても広い駐車場が整備されているんですが、24時間開かれているわけではないので気を付けて利用するようにします。

利用可能時間は朝6時から午後9時まで、12月から2月の冬季3か月間は夜8時までになっています。

ですので、夕マズメから夜釣りをする場合に気づかないと締め出しを食らう羽目になりますので(-_-;)

綺麗なトイレも設置されていれば、広場もある。

家族で休日を過ごすのに最適な場所ですね!

更に海賊船もあるのだ。

海賊王にもなれるというスペシャルな釣り場というわけなんですが、2018年1月現在は釣り場が閉鎖中・・・。

 

 

釣り場としては沖にテトラが設置されていて、ある程度のウネリや波は抑えてくれる地形。

海底にもブロックが設置されているようで、かなり根掛かりが多いので投げ釣りなどには向きません。

クロダイやメジナを狙ったフカセ釣りや、カサゴやメバルを狙ったロックフィッシュゲームが人気の釣り場です。(でした?)

それでも広野海岸公園の東側のちょっとしたサーフは今でも釣りが可能になっています。

コチラではキス釣りなどをはじめ、ヒラメやマゴチ、良型のメバルなどを狙うことができます。

メバルを狙う際は、ある程度遠投のできるタックルを使うのが良いかな。

外洋に直結していますから、意外と侮れない場所です。

用宗海岸周辺の釣り場

用宗海岸東詰めの駐車スペースから撮影したんですが、こちらは大崩方面まで続く結構広大なポイントになります。

大崩方面、つまり西側へ向かうと徐々にゴロタ浜になってくるのでちょっと釣りするのが難しくなってきます。

早春からは海藻が非常に多く映えるポイントの為、釣りをするのが困難にはなりますが大型のロックフィッシュの実績がある釣り場です。

メバルやカサゴの他、ゴロタの場所ではムラソイやクロソイが釣れることもある、ソイが少ない静岡中部では少し珍しいポイント。

ただしフグも多いので、ワームを使ったり餌を使う釣りには注意します。

メバルはタイミングさえ合えば尺クラスも狙える場所ですが、重ためのジグヘッドやフロートリグなどを使って沖のテトラ周辺までしっかり遠投するのが良いかな。

 

今回は用宗港周辺の釣り場をざっくりとではありますが紹介させていただきました。

小規模なポイントが多いですが、狙える魚種は意外と豊富で小型魚から大型魚までが回遊する釣り場になっています。

特に台風や低気圧が接近して来た時に港内に多くの大型魚が入って来ることがあり、短時間ではありますが爆発的に釣果が出ることもあるのがこの用宗周辺。

静岡市周辺で釣りにチャレンジしてみようという方の参考になれば幸いです。

また他の静岡周辺の釣り場の紹介も色々と作成してありますから、暇な時にでもご覧になってみてくださいね(*^^*)

清水港釣り場紹介、狙えるおすすめターゲットを詳しく解説!

2017.10.04

【人気釣りポイント】青物の聖地、三保の釣り場を詳細解説!

2017.10.11

ヒラメ、青物、シーバスなどの好ポイント 静岡サーフを紹介!

2017.07.08

焼津周辺の釣り場紹介、狙えるおすすめターゲットを詳しく解説!

2018.01.07

 

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です